2010 楽曲編

ポイントは投票者の1位〜5位までに、6ポイント〜2ポイント
6位以下、次点等含め、記載していただいた残りの作品は全て1ポイント
さらに同率ポイントの場合は実際の投票者数が多い方を上にしています。
ポイントも人数も同じ場合は同順位、順不同で並べています。
2009年とルールは全く同じです。

順位 曲名/歌手名 ポイント 人数
1位 Precious/GLAY 59 19
2位 ありがとう/いきものがかり 53 15
3位 ヘビーローテーション/AKB48 50 18
4位 GO! GO! MANIAC/放課後ティータイム 50 17
5位 Utauyo!!MIRACLE/放課後ティータイム 49 14
6位 NO,Thank You!/放課後ティータイム 46 17
7位 天使にふれたよ!/放課後ティータイム 35 11
8位 宇宙飛行士への手紙/BUMP OF CHICKEN 33 12
9位 アルクアラウンド/サカナクション 32 10
10位 ポニーテールとシュシュ/AKB48 30 14
11位 Beginner/AKB48 28 10
12位 HAPPY/BUMP OF CHICKEN 27 10
13位 Okay/稲葉浩志 26 9
14位 PHANTOM MINDS/水樹奈々 25 8
15位 Listen!!/放課後ティータイム 23 13
16位 UI/放課後ティータイム 22 10
17位 365/Mr.Children 22 7
18位 fanfare/Mr.Children 19 9
19位 果てない空/ 18 6
20位 タマシイレボリューション/Superfly 18 5
21位 ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION 17 7
22位 Little Braver/Girls Dead Monster 14 7
23位 シロクマ/スピッツ 13 7
24位 Troublemaker/ 13 6
25位 この手をとって走り出して/稲葉浩志 13 4
26位 アイデンティティ/サカナクション
ビギナー
/スピッツ
12 7
28位 擬態/Mr.Children 12 6
29位 Over Drive/GARNET CROW 12 5
30位 2030/松本素生
ノスタルジア
/いきものがかり
12 3
33位 BLESS/L'ArcenCiel 11 8
34位 魔法の料理〜君から君へ〜/BUMP OF CHICKEN 11 6
35位 LEVEL 5-judgelight- /fripside 11 5
36位 迷子犬と雨のビート/ASIAN KUNG-FU GENERATION
夜明けのBEAT/フジファブリック
君は
100%/ポルノグラフィティ
ロックンロールは鳴り止まないっ
/神聖かまってちゃん
11 4
40位 future nova/school food punishment
Gee/
少女時代
11 3
42位 ぴゅあぴゅあはーと/放課後ティータイム 10 8
43位 やさしさに包まれたなら/坂本真綾
ずっと好きだった
/斉藤和義
10 4
45位 Cagayake!GIRLS/桜高軽音部 10 2
46位 ごはんはおかず/放課後ティータイム 9 8
47位 DOWN TOWN/坂本真綾 9 6
48位 Monster/
Alchemy/Girls Dead Monster
携帯電話/RADWIMPS
9 5
51位 本当は怖い愛とロマンス/桑田佳祐
モーターサイクル/BUMP OF CHICKEN
バクチ・ダンサー/DOES
9 4
54位 桜会/ゆず 9 3
55位 575/Perfume 9 2
56位 colora song for the wonderful year/福山雅治 8 4
57位 Apologize/GLAY
うれしくって抱きあうよ/YUKI
2
人のストーリー/YUKI
8 3
60位 VOICE/Perfume 7 5
61位 希望という名の光/山下達郎
アイ/秦基博
ハジマリノウタ〜遠い空澄んで〜/いきものがかり
GOLD/UVERworld
7 3
65 LONG WAY TO GO/GOING UNDER GROUND
恋する凡人/スピッツ
LOVE RAIN〜恋の雨〜/久保田利伸
夏の雨/DEEN
only my railgun/fripSide
てのひらの音/いきものがかり
Sunshine Girl/moumoon
トイレの神様/植村花菜
coconuts feat.kokomo/DEEN
7 2
74位 /福山雅治 6 5
75位 This is love/SMAP
Crow Song/Girls Dead Monster
花鳥風月/レミオロメン
裏切りの夕焼け/THEATER BROOK
6 4
79位 今走り出せば/いきものがかり
Bule Daisy / the brilliant green
Going!/KAT-TUN
Dear Snow/嵐
この夜を止めてよ/JUJU
6 3
84位 only dreaming/V6
夏恋模様/水樹奈々
道標2010/福山雅治
Re:birth / Acid Black Cherry
Wildflower/Superfly
Sign / FLOW
ストロボシネマ/水樹奈々
新しいYES/Salyu
初恋/奥華子
ルーズリーフ/ヒルクライム
Lie/ノースリーブス
Anything Goes!/大黒摩季
風と未来/いきものがかり
蒼いバラ/安全地帯
6 2
98位 アジアの海賊/坂本冬美
明日への階段/中島卓偉
放課後1H/SCANDAL
白昼夢/WEAVER
dreamer/Spangle call Lilli line
宵闇の唄/Sound Horizon
Go Do/Jonsi
レール/HY
OVER THE BORDER/ステレオポニー
6 1
107位 My Soul, Your Beats!/Lia 5 5
108位 太陽と君が描くSTORY/SCANDAL 5 4
109位 瞬間センチメンタル/SCANDAL
もぐらは鳥になる/のあのわ
クオリア/UVERworld
5 3
112位 オレンジ/安全地帯
Girls in Wonderland/放課後ティータイム
My wish My love / 田村ゆかり
また君に恋してる/坂本冬美
流星/コブクロ
若者のすべて/フジファブリック
5 2
118位 僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜/WEAVER
SOS/たむらぱん
オトシモノ/miwa
NAMInoYUKUSAKI/THE RICECOOKERS
Hello,Again〜昔からある場所〜/JUJU
ニライカナイ/Cocco
旧市街/People In The Box
逆様ブリッジ/スネオヘアー
kimino-me (+ ICHIRO YAMAGUCHI from SAKANACTION)/Base Ball Bear
Calling/flumpool
アイラブユー/川本真琴
閃光少女/東京事変
ベストウイッシュ!/松本梨香
ライオン/遊助
会いたくて会いたくて/西野カナ
God Palace -Method of Inheritance-/Versailles
HANABI/愛内里菜
Sinking Friendships/Jonsi
SAMURAI SOULS/JAM Project
Highest Life/Girls Dead Monster
5 1
138位 To be free/嵐
つぐみ/スピッツ
冬の日/放課後ティータイム
いちごパフェが止まらない/放課後ティータイム
君に届け/flumpool
Silent Bible/水樹奈々
4 4
144位 future gazer/fripSide
あとひとつ/FUNKY MONKEY BABYS
行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバー
4 3
147位 虹色の戦争/世界の終わり
Ring a Ding Dong/木村カエラ
立つんだジョー/レミオロメン
桜の栞/AKB48
fortissimo-the ultimate crisis-/fripSide
4 2
152位 As the Dew/GARNET CROW
Break It / 安室奈美恵
メランコリック/Junky feat.らむだーじゃん
さようなら君の街/humbert humbert
幻の命/世界の終わり
揺らせ、今を/嵐
FOLLOW ME/andymori
CHANGE/SURFACE
マジックディスク/ASIAN KUNG-FU GENERATION
いかれたneet/神聖かまってちゃん
Vodka'n'Roll/Mago de Oz
未完成品-スケッチ-/植田真梨恵
空に花火/GARNET CROW
STAND WAVE/CHERRYBLOSSOM
絆-kizunairo-色/Lia
4 1
167位 少年/福山雅治
マニフェスト/RADWIMPS
ヒマワリ-Growing Sunflower-/SPEED
NaNaNa(太陽なんていらねぇ)/TOKIO
My Song/Girls Dead Monster
一番の宝物〜Yui final ver.〜/Girls Dead Monster STARRING LiSA
透明だった世界 / 秦基博
66号線/BUMP OF CHICKEN
不自然なガール/Perfume
ヤーヤーヤー/ORANGE RANGE
Best Friend/西野カナ
GLORIA/YUI
君しか/ノースリーブス
レイン/シド
LIFE〜目の前の向こうへ〜/関ジャニ∞
3 3
182位 分別奮闘記/BUMP OF CHICKEN
MONSTER/ポルノグラフィティ
Love yourself〜君の嫌いな君が好き〜/KAT-TUN
さよならメモリーズ/supercell
えにし/スピッツ
Prelude/Mr.Children
CAGE FIGHT/稲葉浩志
会いたかった/AKB48
3 2
190位 さよなら(2009 ZEPP FUKUOKA)/DEEN
Get Myself Back/安室奈美恵
goodbye Happiness/宇多田ヒカル
斜め45度/中嶋ユキノwith 向谷倶楽部
Dreamin'/JASMINE
「好き」という言葉 / 菅原紗由理
1984/andymori
Transfer Girl/Base Ball Bear
Dill/豊崎愛生
Tomorrow Song〜あしたのうた〜/工藤真由
19歳の唄/阿部真央
花火/山崎まさよし
タカラモノ〜この声がなくなるまで〜/ナオト・インティライミ
学校に行きたくない/神聖かまってちゃん
DIVE INTO THE MIRROR/defspiral
I Wish For You/EXILE
激情/BREAKERZ
Tomorrow is the last time/倉木麻衣
FAKE/AI feat.安室奈美恵
DRAGONIA/水樹奈々
...IN HEAVEN.../BUCK-TICK
3 1
211位 ほんとのきもち/高橋優
幸せよ、この指にとまれ/エレファントカシマシ
inory / ClariS
ロックンロールは生きている/Mr.Children
Genius…?/放課後ティータイム
くちづけ -SERIAL THRILL KISSER-/BUCK-TICK
逢いたい理由 / AAA
一番の宝物〜Original Version〜 / Karuta
Last Song / Girls Dead Monster STARRING marina
Brave Song / 多田葵
絶対(的) / 稲葉浩志
シキナ/GLAY
Period/CHEMISTRY
瞳の奥をのぞかせて/ポルノグラフィティ
Fast Forward/MONKEY MAGIK
Love Rainbow/嵐
Rain/YUI
Now loading...SKY!! / スフィア
Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜/WEAVER
キミがいる/いきものがかり
君のままで / azusa
幻のドラゴン/スピッツ
ミスター/KARA
コンプリケイション/ROOKiEZ is PUNK'D
Hysteric Barbie/平野綾
ALWAYS/中島美嘉
Forever/Mr.Children
to Mother/YUI
ときめきシュガー/放課後ティータイム
Honey sweet tea time/放課後ティータイム
五月雨20ラブ/放課後ティータイム
放課後ティータイム/放課後ティータイム
ALMA/ACIDMAN
イドへ至る森へ至るイド(光と闇の童話)/Sound Horizon
2 2
245位 一番綺麗な私を/中島美嘉
比翼の羽根/eufonius
君と見てた空/山崎まさよし
NUMANS-ROXETTE/XA-VAT
アイシテルの言葉/中嶋ユキノwith 向谷倶楽部
スピリッツ/いきものがかり
ふたつのハート/サニーデイ サービス
From Dusk Till Dawn/abingdon boys school
街物語/山下達郎
コイノシルシ/神のみぞ知り隊
FUTURE KISS/倉木麻衣
伝言/藍坊主
LAST SCENE/愛内里菜
夏空/Galileo Galilei
Baby Baby Love/戸松遥
愛のカタチ/WEAVER
キャラバン/BUMP OF CHICKEN
memory of snow/fripSide
天装戦隊ゴセイジャー/NoB(Project.R)
火の鳥/JAM Project
STILL LOVE/MCU Feat. TERU
2 1
266位 長すぎて見にくくなったのでこちら    

1位のポイント数は09年を大きく下回り、1曲集中は無かったものの、2009年より20通以上増えた影響でトップ10ボーダーが20ポイントから30ポイントまで上昇、二桁が40位台まで続く…という第1回2007年を考えるととんでもないレベルアップとなっている。

なお序盤とか中盤とか終盤っていうのはほぼリアルタイムで集計していったので投票時期を指す。序盤はだいたい開始直後、中盤は年末年始付近、終盤は年明け以降である。

1位Precious/GLAY
今年は前2年のようなぶっちぎり1位ではなく、混戦となったが最後に制したのはGLAYだった。当初はトップ5くらいに落ち着くかと思ったが、中盤以降伸びてきて最終的に1位となった。実際の売上は決して高くは無く、年間チャートでは89位。過去3年はいずれも年間トップ20クラスの曲がなんだかんだ1位を取っていたので今回は異例ともいえる。確かに評判自体は非常にいい曲だったのでそのまま反映されたのだろう。なおGLAYは昨年は10位に入っているので2年連続トップ10入りとなった。07年から毎回何かしら票は入っていて、一定の支持はあったようだが、売上はむしろ下がってきていても昨年辺りから評判は復調しているのだろうか、シングルがこの1曲のみしか出ていないがアルバムからは56位『Apologize』(8ポイント3人)、210位『シキナ』(2ポイント2人)、さらに1ポイントでも入っている。

2位ありがとう/いきものがかり
朝ドラの影響で幅広い層に支持されたためアイドル嫌いな人は断固「2010年最大のヒット曲はこれだ!」と言い張り、そうでない人の間でも評判が良かっただけに当然の結果ともいえるかもしれない。ほぼリアルタイムで集計していたが、開始直後にドカドカ票を獲得してずっと1位だったんだけど、終盤には投票がほとんど入らなくなり、GLAYに抜かれた。いきものがかりも07年から毎年そこそこの位置には入ってきているが、ブレイクしてきたと言われていた昨年の『YELL』でも12位だったので、今年こそ一気にブレイクしたようだ。なおほかのシングル『ノスタルジア』は30位(12ポイント3人)、『キミがいる』は211位(2ポイント2人)とわりと差がついた。『キミがいる』に比べるとアルバム曲やベストに収録された新曲の方が好調で、数曲がランクインしている。

3位ヘビーローテーション/AKB48
ネット上でのAKB嫌いは未だに根強い印象で「全く流行ってない」とか断言する人が多いので、昨年までの嵐みたいに何とか1曲トップ10入りすればいい方かな?とも思っていたのだが、そんなことはなく大爆発。投票人数18人はいきものがかりを上回りGLAYに続く2位である。AKB48は昨年のマイブレイク1位を獲得しながら楽曲では47位と時間差状態だったが(どうもマイブレイクに入れても曲やアルバムには入れないという傾向は今年もある)、今年は楽曲面でも明確にこの曲が好きだと投票する人がメチャクチャ増えたようだ。08年に「大声ダイヤモンド」1ポイントだけだったことを考えると凄い飛躍である。

4位GO! GO! MANIAC/放課後ティータイム
アニメ「けいおん!!」から連続ランクイン。昨年は16位が最高だったが(その昨年の2曲は今年もランクインしている)今年は
投票者数だけで倍になった。この曲は前期OP楽曲。昨年はボーカルが異なるEDの方が1位になっていた。昨年も今年も1番売れたシングルが1番支持される結果となっている。

5位Utauyo!!MIRACLE/放課後ティータイム
こちらは後期OP。OPは2曲とも超絶なインパクトを誇ったが、そのテクニカルな演奏やクオリティの高さを支持する声が多かった。「けいおん!!」関連作だけで埋まっている人もむろん多かったが、以前のアニメ集中と違って
サカナクションとかBUMPとか、イメージ的にアニメとかアイドル否定派が「本物」と称して好んでいそうな硬派なバンドと混ざっての投票もかなり多くなっていた印象がある。そういう意味でフリーダム化が以前よりも進行していることを感じた。

6位NO,Thank You!/放課後ティータイム
後期ED。楽曲的には最もJ-ROCK的なこの曲が1番支持されるかと思ったが、意外な結果となった。この曲は今回
6ポイント付与(1位)が無かったが、これは今年のトップ10入り楽曲の中で唯一である。ていうか07年はともかく、08,09年に1位投票なしでトップ10ってのは無かったような…。基本的に「けいおん!!」関連で上位が埋まっている人が多い中でそうでない人からの支持もチラホラあったかな?という印象。

7位天使にふれたよ!/放課後ティータイム
アルバム楽曲。今年のアルバム曲としては最高位となった。最終回で劇中披露された楽曲だけに思い入れが深いファンが多かったようだ。また同じく主題歌や劇中バンドがヒットした『Angel Beats!』と比較しても売上面での大差が無いのに、Girls Dead Monsterは22位が最高、と投票で大きな差がついている。このことからも普段アニメをあまり見ないアニメファン以外からもけっこう支持を集めていたのかもしれない。入ってくるなら『Angel Beats!』も匹敵するくらいになってくると予測していたが、予想外であった。また放課後ティータイムは今年発表されたシングルA面どころかアルバム曲までほぼ全曲が数人以上の票でランクインしているという凄い結果になっている。

8位宇宙飛行士への手紙/BUMP OF CHICKEN
第1回から唯一の4年連続トップ10入りを達成。安定した人気を誇るBUMPだが、今年は1番最後にリリースしたシングル曲が最多だった。11人投票は昨年2位だった『R.I.P.』と同じでわずかに2ポイント下回る程度。順位だけ見ると昨年ほどの勢いが無いようにも見えてしまうが投票人数が増えたものの、伸びが無かったのが影響した。そういう意味ではこれまで以上の広がりは特に無かったようだ。12位には『HAPPY』が27ポイント12人でランクインするなど高い人気を示したが、1週間後の発売だった『魔法の料理〜君から君へ〜』は34位11ポイント6人とやや差がついた。両A面の『モーターサイクル』51位の他、投票開始直前に発売されたアルバム曲からもランクインしている。

9位アルクアラウンド/サカナクション
今年一気に躍進したようで初のトップ10入り。09年は133位(2ポイント)に入っていただけだった。なお続くシングル『アイデンティティ』も26位に入っているが、チャート3位を記録したこっちの曲の方が支持が集中した。今年1番意外だったのがこの曲のトップ10入りだった。というか個人的にはトップ20くらいまで全部耳にはしていたのだが、唯一知らないのがこの曲だったりする。2011年にも更なる躍進が期待される。

10位ポニーテールとシュシュ/AKB48
大ブレイクした楽曲もトップ10入り。他のAKBには投票してない人が唯一この曲だけ支持!というパターンがけっこうあった印象がある。なので『ヘビーローテーション』と並べて投票した人は『ヘビーローテーション』の方が好きって人が多いんだけど、他の曲はそうでもないがこの曲だけはいい!って人が別枠でいるということになる。また売上ではダントツで年間1位だった『Beginner』が11位に入っている。2曲には及ばなかったとはいえ、それなりのポイント、人数となっている。忘れられがちな2010年最初のシングル『桜の栞』は合唱曲というのが響いたのか146位(4ポイント2人)と振るわず。この曲よりもよくTVでも歌われていたメジャーデビュー曲『会いたかった』が181位(3ポイント2人)に入っている。

13位Okay/稲葉浩志
今年はB'zリリースが無く、稲葉ソロのシングルは1作のみだったが根強い人気を見せた。アルバムからも『この手をとって走り出して』が25位とアルバム曲にしてはかなりの高位置にランクインしている。

14位PHANTOM MINDS/水樹奈々
昨年は8位に入ったが今年はトップ10には届かなかった。昨年に比べると4ポイントと1人増えてはいるのだが、全体が底上げされてしまった影響が出たようだ。

17位365日/Mr.Children
12月にアルバムが出ただけだったが強い人気を見せてアルバム曲が多数ランクイン。その中で最多だったのがこの曲で続いて
18位に『fanfale』と並んでいる。人数では『fanfale』の方が2人多かったが、『365日』の方が高ポイント付与者が多かった。なお09年には着うたリリースはされていたため、実は09年にも『fanfale』に1ポイント入っていたりする。

19位果てない空/嵐
男性投票が多いので、ジャニーズがどうしても弱めになってしまう傾向があるとはいえ、昨年はそれでも7位には入っており、BUMPと並んでの3年連続トップ10入りを達成していたので4回目にしてついに初のトップ10落ち。王道ジャニーズポップを連発しすぎてこれという集中するような曲の印象を残せず分散してしまったのが響いたか。AKB48の勢いと比べるとかなり弱い。この曲が1番上になったのはドラマの影響が大きかったものと思われる。一応今年リリースの6シングルは2人以上の票は集めて全てランクインしている。

20位タマシイレボリューション/Superfly
5人で18ポイントなのでなかなか高く、順位では最高ではないが過去3年間と比べると最もポイントも人数も入っている。

 

というわけで今年は放課後ティータイムが凄いことになっていたが、そこにとどまらずサカナクションの躍進、ついに唯一となった4年連続トップ10のBUMPなど決して一方向には偏らない結果となったのが印象的だった。男性投票が多いので女性人気が強いと思われるアーティストの楽曲がかなり低くなるという現象は変わっていない。それにしても…AKB48ちゃんと聞かれてるじゃないか。それともチャートに続いてこの結果までもAKBとアニメばっかで終わったとか言われてしまうのだろうか?さすがにそうなってくるともう知ったことではないが、好きな曲は好きに楽しめばいいのは大前提として他の人が好きな曲を別に好きにならなくてもいいけど、決して否定しないようなリスナーが増えることを願いたい。

 

戻る