Ring Ring +3

No タイトル
邦題(カタカナ表記以外)
作詞作曲 備考、日本でのシングル
1 Ring Ring B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus/N.Sedaka/P.Cody
ビヨルン&ベニー名義 5thシングルB面
2 Another Town, Another Train
見知らぬ街の少女
B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 4thシングル
3 Disillusion A.Faltskog/B.Ulvaeus  
4 People Need Love B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 4thシングルB面
5 I Saw It In The Mirror B.Andersson/B.Ulvaeus  
6 Nina, Pretty Ballerina
ニーナはかわいいバレリーナ
B.Andersson/B.Ulvaeus  
7 Love Isn't Easy(But It Sure Is Hard Enough) B.Andersson/B.Ulvaeus  
8 Me And Bobby And Bobby's Brother B.Andersson/B.Ulvaeus  
9 He Is Your Brother B.Andersson/B.Ulvaeus  
10 She's My Kind Of Girl
木枯らしの少女
B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 1stシングル
11 I Am Just A Girl B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
ビヨルン&ベニー名義 5thシングル
12 Rock'n Roll Band B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 3rdシングルB面
+3(01年リマスター盤追加収録)
13 Merry-Go-Round B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 2ndシングル『En Karusell』改題
14 Santa Rosa B.Andersson/B.Ulvaeus  
15 Ring Ring (In Swedish) B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
スウェーデン語バージョン

リリースデータ

1973年3月26日(オリジナルLP)
2001年9月12日(+3)
2007年3月21日(2ndとの2枚組セット)
2009年1月21日(紙ジャケSHM-CD)
2012年9月19日(SHM-CD)
2014年4月9日(<デラックス・エディション>+13)
2016年11月23日(紙ジャケSHM-CD)
ポリドール→ユニバーサル

メンバー

Agnetha Faltskog
Bjorn Ulvaeus
Benny Andersson
Anni-Frid Lyngstad

ABBA1stアルバム。現在はABBAの1stアルバムとして扱われジャケットにもABBAと表記しているが当時は正式なABBA結成前でまだグループ名が無く、それぞれスウェーデンで人気ミュージシャンだった4人の連名で「Bjorn Berry Agnetha Frida」と表記されていた。スウェーデンにおけるオリジナル盤は「Ring Ring」のスウェーデン語バージョンが1曲目で、以降2〜9、12、11という曲順。CD化以降は小刻みに品番を変えて再発されていたようだが01年にボーナストラック3曲を加えた『+3』としてリマスター発売され、以降これが現行盤となる。05年のアルバムBOX『The Complete Studio Recordings』リリース時にはボーナストラックが増加した『+7』に進化、2014年にDVDも付属したデラックス・エディションとして発売された際は『+13』にまで進化したが、いずれも限定盤であり、2016年の紙ジャケSHM-CDでの復刻の際は01年音源の『+3』で発売され、現在も01年リマスター『+3』が標準になっている模様。今回入手したのは01年盤。

日本においてはビヨルン&ベニー名義でリリースされた「木枯らしの少女(She's My Kind Of Girl)」が大ヒットしたとされているが、この頃の事は良く分からない。ABBAに関しては01年のドラマ『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』主題歌に起用されてベスト盤がヒットしたのがきっかけで知り、ベスト盤で有名曲を抑えた事はあったが、曲数が多くてなかなか有名曲以外が入ってこなかったのと、最も有名なベスト盤『ABBA GOLD』と『MORE ABBA GOLD』のエディション変更による大量再発連発やら新たなベスト盤『40/40』が出たりベスト盤ばかりが目に付くがオリジナルアルバムをあまり知らないという事で試しに8作全部聞いてみることにした。

この1stは元々ABBA結成前で当時はABBA名義では無かったということでグループとして本格的にやっていく事はもちろん方向性も定まっていなかったようで後に比べると…というところはあるにしても1曲目「Ring Ring」から70年代という古さを感じさせないポップミュージックが並んでいて実に聞きやすい。ベスト盤に入るような曲だと概ね男性メンバー2人は曲作り担当であまり歌っていなかったが、今作では割とボーカルに参加している曲もある。洋楽は何となく非キャッチ―というイメージが強いんだけど、とてもキャッチ―で洋楽に苦手意識があっても難なく聞けてしまう。ポップミュージックって何もかも越えていく事を改めて感じる。これはオリジナルアルバム単位でも行けそう。

リング・リング〜木枯らしの少女+301年盤   リング・リング~木枯しの少女+3(紙ジャケット仕様)16年紙ジャケSHM-CD盤(音源は01年)  リング・リング<デラックス・エディション>+13(DVD付)14年デラックス・エディション(DVD付『+13』)

印象度★★★★☆

2016.12.11更新

戻る