Waterloo +3

No タイトル 作詞作曲 備考、日本でのシングル
1 Waterloo
恋のウォータールー
B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
ビヨルン&ベニー名義 6thシングル
2 Sitting In The Palmtree
シュロの木のそばで
B.Andersson/B.Ulvaeus  
3 King Kong Song
キング・コングの歌
B.Andersson/B.Ulvaeus  
4 Hasta Manana
落葉のメロディ
B.Andersson/B.Ulvaeus 1stシングル
5 My Mama Said
ママのことづけ
B.Andersson/B.Ulvaeus  
6 Dance(While The Music Still Goes On)
皆なで踊ろう
B.Andersson/B.Ulvaeus  
7 Honey,Honey B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
1stシングルB面
8 Watch Out B.Andersson/B.Ulvaeus ビヨルン&ベニー名義 6thシングルB面
9 What About Livingstone B.Andersson/B.Ulvaeus  
10 Gonna Sing You My Lovesong
私の愛の歌
B.Andersson/B.Ulvaeus  
11 Suzy-Hang-Around B.Andersson/B.Ulvaeus  
+3(01年リマスター盤追加収録)
12 Ring,Ring(U.S.Remix 1974) B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus/N.Sedaka/P.Cody
1stアルバム『Ring Ring』収録曲 リミックスバージョン
13 Waterloo(In Swedish) B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
スウェーデン語バージョン
14 Honey,Honey(In Swedish) B.Andersson/S.Anderson/
B.Ulvaeus
スウェーデン語バージョン

リリースデータ

1974年3月4日(オリジナルLP)
2001年9月12日(+3)
2007年3月21日(1stとの2枚組セット)
2009年1月21日(紙ジャケSHM-CD)
2012年9月19日(SHM-CD)
2014年4月9日(<デラックス・エディション>+8)
2016年11月23日(紙ジャケSHM-CD)
ポリドール→ユニバーサル

メンバー

Agnetha Faltskog
Bjorn Ulvaeus
Benny Andersson
Anni-Frid Lyngstad

ABBA2ndアルバム。当時はABBAというグループ名が決定して最初のアルバムだった。邦題は『恋のウォータールー』。オリジナルLP盤は1曲目に「Waterloo」のスウェーデン語バージョン、12曲目に英語バージョンが収録された12曲(実質11曲)仕様。CD化以降は小刻みに品番を変えて再発されていたようだが01年にボーナストラック3曲を加えた『+3』としてリマスター発売され、以降これが現行盤となる。05年のアルバムBOX『The Complete Studio Recordings』リリース時にはボーナストラックが増加した『+7』に進化、2014年にDVDも付属したデラックス・エディションとして発売された際は『+8』にまで進化したが、いずれも限定盤であり、2016年の紙ジャケSHM-CDでの復刻の際は01年音源の『+3』で発売され、現在も01年リマスター『+3』が標準になっている模様。今回入手したのは01年盤。

サイドプロジェクトに近い形でのスタートからグループとして本格的にやっていく事になった最初の1作となるが、幅広く受け入れられるポップミュージックを作ろうという野心にブレが無かったようで、今作も良質なポップミュージックが展開。前作以上に幅を広げ、様々な曲調を盛り込んでいて、後にイメージされる確固たるABBAサウンドにはまだ到達していないものの、何でも貪欲に取り入れようという勢いが漲っていて根底はポップであり聞きやすい。しかし邦題にする時に勝手に「恋の」とかつけちゃうのはこの時代特有の現象なんだろうか。

恋のウォータールー+301年盤  恋のウォータールー<デラックス・エディション>+8(DVD付)2014年デラックスエディション+8  恋のウォータールー+3(紙ジャケット仕様) 2016年紙ジャケSHM-CD盤 

印象度★★★★☆

2017.1.16更新

戻る