4 colors

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Everyday シライシ紗トリ シライシ紗トリ 田辺恵二 6thシングル 最高24位 売上0.9万枚
Milk シライシ紗トリ シライシ紗トリ シライシ紗トリ  
かすかな わずかな 安倍麻美 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
モミジ 安倍麻美 周水 杉山洋介(parith match)  
情熱セツナ 安倍麻美・渡辺なつみ 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 5thシングル 最高22位 売上1.4万枚
沈黙のテレパシー 安倍麻美・渡辺なつみ 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
愛の水下さい 安倍麻美 安倍麻美 中西亮輔  
冗談じゃない恋の歌 安倍麻美 安倍麻美 中西亮輔  
卒業 安倍麻美 筒見京平 中西亮輔 4thシングル 最高18位 売上1.6万枚
10 卒業してから僕達は 安倍麻美 周水 山路敦斗詩  
11 SWEET HEAVEN 安倍麻美・シライシ紗トリ シライシ紗トリ シライシ紗トリ  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2004年12月1日 初登場50位 売上0.6万枚 Musical Producer:田村充義 ユニバーサル

安倍麻美2ndアルバム。結果的に最終作品。前作以降の3シングルを収録。シングルでも初回盤DVD付が続いていたものの、今作には初回盤は無い。代わりに同時発売でDVD『SWEET HEAVEN』が発売されており、PVや本人曲解説が収録されている模様。今作を持って歌手活動が自然消滅。年明けにライブを行って以降は小説を書いたり、バラエティに出たり、舞台に挑戦したりとマルチに活動していた。07年に辻希美がいきなりできちゃった結婚した穴を埋める形で「ギャルル」に緊急加入し、歌手復帰を果たしたもののシングルを1枚リリースしたっきり終了。2011年11月11日に結婚を発表し芸能界を引退した

今回もアーティスト路線で、あまり明るいアイドルポップは無い。筒見京平で統一されていた前作と異なり、色々な作家が担当したもののそこまで大きくは変わっていない。今作では作曲にもチャレンジし2曲を自身で手掛けているがそのうちの1曲「冗談じゃない恋の歌」が1番はじけていてアイドルっぽい曲になっているのは驚いた(この2曲では多種効果音を本人が担当)。歌はかなり良くはなったものの、やはり声質自体があまり良くないのでブレている感じがしてあまり上手には聞こえない。タイトルは一応10代最後の年だったので(19歳)その10代最後の年の四季を表現したという事らしく、確かに春夏秋冬は一通り歌われている。とはいえ特に夏と冬に関してはバリバリに分かりやすいサマーソングとウィンターソングが無いのでそこまで強く季節の移ろいは感じない。前作の10代の葛藤的な部分は326の影響が大きかったようで今回はそこまでダークでもないし。総じて安倍麻美本人が好きだという補正が無いとフツー以下の作品ではあるが、下手であると同時に一生懸命さを感じさせる歌唱はその一生懸命さこそが魅力的でもあると思う。個人的に誕生日が2日違い(年は同じ)な割に、そこまで共感することは無かったものの、10代最後の2年間で展開した歌手活動、本人としてはかなり本気だったことは十分に伝わる作品である。

4 colors  

印象度★★★☆☆

戻る