wishes

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
理由(Album Version) 326 筒見京平 久保田光太郎 1stシングル 最高13位 売上5.2万枚
捨てるのは拾うため 泣くのは笑うために 326 筒見京平 久保田光太郎  
水たまりの中の月 326 筒見京平 井上ヨシマサ  
きみをつれていく 326 筒見京平 井上ヨシマサ 3rdシングル 最高8位 売上2.6万枚
Rolling Stone 安倍麻美 筒見京平 中西亮輔  
Our Song 326 筒見京平 井上ヨシマサ 2ndシングル 最高4位 売上3.5万枚
夢見 安倍麻美 筒見京平 山路敦斗詩  
Answer Me 安倍麻美 筒見京平 井上ヨシマサ  
赤い花 326 筒見京平 井上ヨシマサ  
10 守ってあげるよ 安倍麻美 筒見京平 井上ヨシマサ  
11 Wish for Loving〜愛せたらいいのに 安倍麻美 筒見京平 中西亮輔  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2003年11月5日 初登場14位 売上2.0万枚(300位集計) Musical Producer:田村充義 ユニバーサル

安倍麻美1stアルバム。モーニング娘。の安倍なつみの妹だがハロプロとは全く関係なく別事務所でのデビュー。なっちの妹だからあっちという微妙なあだ名になりそうだったが、本人はあさみんを希望し、無事あさみんが定着した。CDデビュー当時は18歳だった。初回盤は制作ドキュメント&インタビューを収録したDVD付。

主に80年代に大活躍した筒見京平を全面起用。作詞や編曲にも有名どころの作家を取り揃えており、中身はけっこうマジである。アイドルとしてではなくアーティスト志向が強かったようで(初回DVDのドキュメント&インタビューでよりその大マジぶりが分かる)、明るいアイドルポップ皆無。打ち込み中心だがかなりシリアスでかっこよさ重視のトラックになっている。急にラップをやったり、ボサノヴァをやったりする辺りのバラエティ感もあるものの、特にシングルは全てそうだったが、前半は10代の心の葛藤を打ち出したシリアスな作風が続き、後半ではラブソングもあるもののあまり笑顔や青空が見えないような作品である。歌の下手さといい、上原あずみに近いものがあるような気がしなくもない(上原の方が圧倒的にダークで世界観も確立していたけど)。一生懸命な歌唱は、完全なロボットボイス加工をしていないので一生懸命さは伝わるけどところどころ音程が苦しい。もう少し補正しても良かったのではないかとも思うが、微妙なところ含めてパッケージしたのは技術より気持ちということだろう。そんな中でも地上最大の怪作「Our Song」のサビとサビの間で突如出しきれてない裏声で奇声を発するところは怪曲史に残る圧倒的破壊力を誇るので怪曲フリークのリスナーにはおススメである(なんか違)。アレンジはそんなに古いわけではないが、筒見大先生の全面起用や歌唱の微妙さなどそこはかとなく80年代が見える1作。

Wishes (初回限定DVD付) 初回盤DVD付   Wishes 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る