愛 am BEST

CD
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
桃ノ花ビラ 愛×Ikoman 1stシングル(9月10日盤) 最高24位 売上3.1万枚
DVD付10月1日盤 最高86位 売上1.4万枚
さくらんぼ 愛×Ikoman 2ndシングル 最高5位 売上52.8万枚
アンコールプレス盤(限定再発) 最高4位 売上6.1万枚
甘えんぼ 愛×Ikoman 3rdシングル 最高6位 売上10.6万枚
Happy Days 愛×Ikoman 4thシングル 最高3位 売上16.3万枚
金魚花火 愛×Ikoman 5thシングル 最高3位 売上14.8万枚
大好きだよ。 愛×Ikoman 6thシングル 最高3位 売上15.7万枚
黒毛和牛上塩タン焼680円 愛×Ikoman 7thシングル(カット) 最高3位 売上14.9万枚
2ndアルバム『LOVE JAM』収録曲『黒毛和牛上塩タン焼735円』リアレンジバージョン
Cherish 愛×Ikoman トリビュート盤『LOVE for NANA〜Only 1 Tribute〜』収録曲
3rdアルバム『LOVE COOK』収録曲
SMILY 愛×Ikoman 8thシングル 最高1位 売上31.0万枚
10 ビー玉 愛×Ikoman 8thシングル両A面曲
11 ネコに風船 愛×Ikoman 9thシングル 最高3位 売上11.1万枚
12 プラネタリウム 愛×Ikoman 10thシングル 最高1位 売上34.2万枚
13 LOVE MUSiC 愛×Ikoman 3rdアルバム『LOVE COOK』収録曲
14〜98       5秒ずつ全て無音
99 BABASHIのテーマ       デビュー3周年時にFC限定で着うた、動画CM配信 初CD化

※全て200位以内データ(たぶん)

DVD(07/03/28発売盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
桃ノ花ビラ 愛×Ikoman PV
さくらんぼ 愛×Ikoman PV
甘えんぼ 愛×Ikoman PV
Happy Days 愛×Ikoman PV
金魚花火 愛×Ikoman PV
大好きだよ。 愛×Ikoman PV
黒毛和牛上塩タン焼680円 愛×Ikoman PV
Cherish 愛×Ikoman PV
SMILY 愛×Ikoman PV
10 ビー玉 愛×Ikoman PV
11 ネコに風船 愛×Ikoman PV
12 プラネタリウム 愛×Ikoman PV
13 LOVE MUSiC 愛×Ikoman PV 今作用撮り下ろし
  BABASHIのテーマ       隠し映像

リリースデータ

2007年3月28日 初登場1位 売上72.6万枚 Produced by 大塚愛 エイベックス

大塚愛、初のベスト盤。エイベックスからベスト盤が乱発された07年決算期のラストを飾った。CD+DVD、3990円のみの発売でCDのみの形態は発売しなかった(同時期の倖田のバラードベストも同様)。ちなみにレンタル屋によってはDVDごと貸してくれる。基本的にはレンタル禁止を律儀に守ってDVDは抜いてあるはず。PVはCDと同じ内容で、スペースシャワーTVやM-ONなどPV放映系のチャンネルでこれまで使用されていたPVは全て2番をカットして間奏からラストサビに飛ぶショートバージョンだったが、今回は全てフルで収録されている。07年発売だというのに05年3rdアルバムまでの音源であり、06年以降発売されていたオリジナルアルバム未収録の4シングルは全て未収録で4thアルバムへ持ち越しとなった。4thアルバムの発売と同時にCDオンリー盤が発売され07年10月いっぱいは2490円、11月出荷分から3059円となる。

過去に浜崎あゆみ(『A BEST』)、Do As Infinity(『DO THE BEST』)のベスト盤のときなどに本人から発売に納得するのに時間がかかった旨が、「CD HITS!」などの雑誌でも公に語られていたが、今回は特に否定的な発言はなかった。ただ、これまで顔面ドアップが基本だったジャケ写が文字だけになっているため、発売前はやはり乗り気じゃないのかと思われた。ただブックレットは当時のではあるが、曲ごとに1ページずつ写真で埋め尽くされており、さらにファンへの感謝のメッセージが手書きで掲載されており、隠しトラックも収録してファンへの配慮を第1に考えて発売が決まった以上は、最大限のサービスをしてきっちりとさせたような印象を持った。

3rdアルバムは聞いていなかったので、個人的にはちょうど良かった。聞いたことない人が4thアルバムを前に旧作もチェックしておきたい場合にはおいしい。3rdアルバムまで持ってる場合はCCCDじゃなくなったとか隠しトラックとかDVDとかくらいしか得がない。シングル特典DVDではPVが毎回収録されていたとはいえ、PV集は出ていなかったのでPV集がメインでCDがおまけと考えれば少しは得な気分になれるかも。ほとんどの曲がデビュー前からあった曲ということで初期総決算的な意味合いもあるそうだが、基本的にはおふざけと真面目バラードの両極端をバランス良く配置している。結果的にノリが寒すぎたり、わりかし普通のバラードでも、それらを連発された場合に比べてよく聞こえてくるような気がする。明るい曲のノリはかなり好き嫌いが別れるところなのだろうか、やはり。確かに『SMILY』くらいまで行くと寒すぎて微妙だが、わりと似たような曲が多いバラード連発よりはいいアクセントになっててマンネリを防いでいる気がする。

PV集のほうは、大塚愛のルックスを最大限に生かす作り。アップ多し。まあ単純にこの人、かわいい。そのかわいさを堪能せよ。

愛 am BEST (DVD付) DVD付      愛 am BEST CDのみ廉価盤

印象度★★★★☆

戻る