LOVE JAM

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
スーパーマン 愛×Ikoman  
Happy Days 愛×Ikoman 4thシングル 最高3位 売上15.5万枚
Strawberry Jam 愛×Ikoman  
大好きだよ。 愛×Ikoman 6thシングル 最高3位 売上15.3万枚
扇子 愛×Ikoman  
妄想チョップ 愛×Ikoman  
ポンポン 鈴木秋則  
ふたつ星記念日 愛×Ikoman  
金魚花火 愛×Ikoman 5thシングル 最高3位 売上14.4万枚
10 黒毛和牛上塩タン焼735円 愛×Ikoman 7thシングル(カット) 最高3位 売上14.5万枚
『黒毛和牛上塩タン焼680円』としてリアレンジ
11 フレンズ 愛×Ikoman  

リリースデータ

2004年11月17日 初登場1位 売上61.6万枚 Produced by ai otsuka エイベックス

大塚愛2ndアルバム。前作から8ヶ月の速さでのリリースとなった。何とも奇抜なジャムを顔中にふりかけられた大塚愛のジャケットも話題になった。最近のエイベックスの主流となったCDのみとCD+DVD3800円の2パターンでの発売。初回盤にはいつも通り本人の書き下ろし絵本がついたらしい。また04年9月の社内内紛により、トップ交代となり、CCCDが弾力化されると発表され販売用はCDで発売されたが、レンタルではCCCDとなっている。

アップテンポはひたすらテンションの高いギターナンバーや救いようのないほど意味不明にハイテンションの7など一撃飛び道具みたいなのばかりでまともなのがない。ツボにはまる人ははまるかもしれないけど(実際2辺りはそんなに嫌いじゃない)。バラードでは一転して聞かせるもののシングルの2曲以外はあまり印象に残らずどうにもこうにも前作より劣っているという印象を持った。3や8などさらっとした曲なんかはそこそこいいもののアルバム全体に漂うのは急いで作った感と飽きやすい感(表面上「いい」感じはするのだがなんかすぐ飽きる)。前作以降、『さくらんぼ』が売れてあちこち引っ張りまわされた挙句にシングルの連続リリースで制作とプロモーションに追われまくり、さらにはエイベックス歌手のa-nationライブなどもあったはずなので相当多忙だったと思われる。作りこむ時間など到底あったとは思えない。10はリアレンジされロック調になったシングルVer.ではかなり印象的だったのにここではあっさりしすぎててほとんど印象に残らない。何もこんな短い期間で無理して出さなくても良かったのに。最近になって浜崎あゆみが過去のアルバムについて制作時間の都合で「なんとか形になった」とかあまり納得がいっていないような旨の発言をしていたがエイベックスにはもう少しじっくりした制作活動をさせるだけの長期的戦略でアーティストを扱ってほしい

LOVE JAM (DVD付) DVD付    LOVE JAM (通常盤) 通常盤

印象度★★★☆☆

戻る