LOVE LETTER

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
LOVE LETTER    
ロケットスニーカー 愛×Ikoman 17thシングル 最高4位 売上4.4万枚
バイバイ 愛×Ikoman 19thシングル(カット) 最高8位 売上2.1万枚
クラゲ、流れ星 愛×Ikoman 18thシングル 最高4位 売上4.8万枚
人形    
君フェチ 愛×Ikoman、
原田アツシ
 
Creamy&Spicy 愛×Ikoman  
ド☆ポジティヴ 久保田光太郎  
360° 愛×Ikoman  
10 シャチハタ 笹路正徳  
11 One×Time 愛×Ikoman 17thシングル両A面曲
12 ポケット 愛×Ikoman 16thシングル 最高5位 売上6.1万枚
13 愛×Ikoman  

Strings Arrangement:弦一徹(5,11)、岡村美央(12,13)
※シングル200位以内データ(『バイバイ』は100位以内)

リリースデータ

2008年12月17日 初登場3位 売上17.4万枚 Produced by 大塚愛 エイベックス

大塚愛5thアルバム。本人出演・歌唱のCMで以前から使われていたため、今作収録のシングルよりも知名度が高そうな『愛』(紅白でもこの曲が歌われた)を収録。また同じく別の本人出演のCMソングとなった『バイバイ』が2月にシングルカットされた。これまでリアレンジでカット(『黒毛和牛〜』)されたものはあったが、そのままのシングルカットは初。DVD付にはシングルと『愛』のPVなどを収録。

今作で大塚愛紹介の第5章にして最終章ということで、1つのサイクルが終わったことが語られている。ただし、ベストを出した時は「インディーズ時代の曲ばかりなのでそのまとめ」みたいなことを言っていたし、前作のときも「4枚目までの流れは計算どおり」みたいな事を言っているので3作連続で毎回何かしらの「総まとめ」的な事を言っているような印象はある。デビュー当初からインパクトの強い楽曲が多かったが、それはインパクトに欠けると印象に残らないのではないかと考えてやっていたらしい。そのため最近はシングルの時点でもかなり地味な曲が多く、アルバムもポップな曲もあるがこれまでに比べるとかなり落ち着いているバラードは正直もうマンネリ気味で、落ち着いた曲ばかりになると一気に退屈に感じてきてしまうが、適度に違うアレンジャーを招いたりしているので、バラード続きで退屈にはならないようにはなっている。シングルが個人的に微妙だったけど、変にハイテンションな曲が連発されるよりはアルバムとしては今作のような路線が今後のスタンダードになってきそう。あまり落ち着きすぎてバラード連発になってしまうとちょっと辛いけど。

LOVE LETTER(DVD付) CD+DVD    LOVE LETTER CDのみ

印象度★★★☆☆

戻る