ID:2

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 COSMIC LOVE 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 12thシングル 最高6位 売上13.0万枚
2 Heat of the night 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 13thシングル両A面曲
3 世界はこの手の中に 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 13thシングル 最高7位 売上11.7万枚
4 Jealousy 相川七瀬 織田哲郎 織田哲郎 14thシングル 最高8位 売上5.5万枚
5 Crying 相川七瀬 上邑博 織田哲郎 12thシングルC/W、4thアルバム『FOXTROT』収録曲
6 花火が終わる頃 相川七瀬 織田哲郎 織田哲郎 4thアルバム『FOXTROT』収録曲
7 China Rose 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 15thシングル 最高13位 売上6.8万枚
8 midnight blue 相川七瀬・布袋寅泰 布袋寅泰 布袋寅泰 16thシングル 最高10位 売上8.4万枚
9 SEVEN SEAS 相川七瀬・布袋寅泰 布袋寅泰 布袋寅泰 17thシングル 最高10位 売上6.8万枚
10 NO FUTURE 相川七瀬・布袋寅泰 布袋寅泰 KANAME 18thシングル(19th同発) 最高15位 売上4.6万枚
11 サクラサク 相川七瀬 西賢二 野田雪文・長田直也 5thアルバム『Purana』収録曲
12 〜dandelion〜 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 19thシングル(18th同発) 最高17位 売上4.0万枚
13 終わりない夢 相川七瀬 柴崎浩 KANAME 20thシングル 最高14位 売上2.2万枚
14 六本木心中 湯川れい子 NOBODY 織田哲郎 21stシングル 最高10位 売上2.6万枚 アン・ルイスのカバー

Additional Arrangement:DJ TAKE(1)

BONUS CD(初回盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 夢見る少女じゃいられない 織田哲郎 織田哲郎 POLYSICS 1stシングル リアレンジ
2 LIKE A HARD RAIN 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 JOHN TAYLOR with DAN CHASE 3rdシングル リアレンジ
3 COSMIC LOVE 相川七瀬・織田哲郎 織田哲郎 DANCE☆MAN 12thシングル リアレンジ

リリースデータ

2003年3月26日 初登場29位 売上3.5万枚 Produced by 織田哲郎 motorod(avex trax)

相川七瀬2ndベストアルバム。CCCD99年の『ID』の続編。『ID』の赤に対して今作は同デザインの青となっている。『ID』以降のシングルA面、アルバムから3曲がほぼ時系列に収録されている。『The Last Quarter』からは1曲も選曲されていない。A面曲は当時最新の「Shock of Love」が未収録だが、それ以外は全曲収録されている。産休明けにリリースされていた「終わりない夢」「六本木心中」がアルバム初収録初回盤は3曲をリアレンジしたボーナスCDが付属する。『The Last Quarter』の売上は上回るも、初のトップ20落ちとなるなど売上は不振だった。今作の続編ベストは無く、2010年のベスト盤『NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE"』はオールタイム選曲となった。

一気にヒットしなくなってしまったので、序盤はなんとなく覚えているが後半はほとんど知らない…、後追いだと最早全く知らないというリスナーが大半になっていたと思われるがそもそもリリース時点で今作の発売すらほとんど話題にならなかった。

この時期は一時は布袋寅泰へプロデュースを委託するなど新たな方向性も見せている。「midnight blue」「NO FUTURE」はなかなか攻めた感じだが、「SEVEN SEAS」はさわやかさもあって今作の中では際立って印象に残る曲の1つだ。重めの曲が多いのも前作との違いだが、前作の時期ほど圧倒的ではなくとも十分にヒットチューンたる風格のある曲は並んでいるように感じられる。産休明けシングルでは元WANDSの柴崎浩が曲提供したり、歌謡ロックの大先輩であるアン・ルイスのカバーをしたりしているが、産休直前に『The Last Quarter』でポップス路線をやっていたのでロックへ戻ったという以外にこれといった新たな方向性は特に見えないし、あまり次に繋がらないというかこれでもういいかなぁ…という気にもなってしまうところがあって、個人的にもリアルタイムで聞いていたのは今作と「Shock of love」までで以降は聞かなくなってしまった。ほぼ織田哲郎時代の区切りのようなベストアルバムでもあるけど、「Shock of love」を最後に織田哲郎から離れたので、これを未収録にしてしまったのもやや区切りが悪かった。それでも『ID』を聞いたなら今作もセットで聞いて損は無いと思う。初期がインパクトありすぎただけでこの時期も十分に良いのは確かだ。

BONUS CDは濃い面々にリアレンジを依頼、演奏面もそれぞれに任せているのでヒット曲がかなり自由かつ大胆に改変されている。3曲とも実に個性的ではあるが正直ナンダコレ…ドウシテコウナッタ…良く分からねぇ…としか。

ID2 (初回限定盤) (CCCD) 初回盤(BONUS DISC付)        ID:2 (通常盤)(CCCD) 通常盤

印象度★★★★☆

2003年当時執筆、2016.5.22全面修正

戻る