暁のラブレター

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
AIKO AIKO 島田昌典  
彼の落書き AIKO AIKO 島田昌典  
アンドロメダ AIKO AIKO 島田昌典 13thシングル 最高3位 売上13.6万枚
ふれていたい AIKO AIKO 吉俣良  
夢のダンス AIKO AIKO 島田昌典  
蝶々結び AIKO AIKO 島田昌典 12thシングル 最高4位 売上12.0万枚
ライン AIKO AIKO 島田昌典  
帽子と水着と水平線 AIKO AIKO 島田昌典 12thシングルC/W
すべての夜 AIKO AIKO 島田昌典  
10 えりあし AIKO AIKO 島田昌典 14thシングル 最高5位 売上9.1万枚
11 白い服黒い服 AIKO AIKO 島田昌典  
12 風招き AIKO AIKO 島田昌典  
13 天の川 AIKO AIKO 島田昌典  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2003年11月27日(CCCD)
2005年6月29日(SACDハイブリッド盤)
2008年3月12日(初回盤復刻)
初登場1位 初動23.2万枚、売上52.2万枚 Produced by aiko,Yukio Hiasa ポニーキャニオン

aiko5thアルバム。CCCD(コピーコントロールCD)で発売された。ポニーキャニオンもCCCD推進派だったが、aikoの場合はずっと回避していたのでファンも安心していた中で『えりあし』から突如導入され、今作もあえなくCCCDとされてしまった。以降04年の2作のシングルもCCCDで発売されているが、その後は撤退しているのでaiko唯一のCCCDアルバムとなった。05年には1st〜今作までが一斉にSACDハイブリット盤でリリースされ、08年には一斉初回盤復刻でも再発されている。そのため現在では通常CDで入手可能である。初回盤と通常盤では例によってジャケットが違う。

それまでに比べて『蝶々結び』『アンドロメダ』の2シングルが連続で過去最高に気に入ったので、アルバム買おうと当時思っていたのだが、先行の『えりあし』が個人的にパッとしなかったのと何よりCCCDにしやがったので購入を見送り、そのまま結局レンタルもしなかった。ということで発売当時はニアミスに終わっていた(?)今作を改めて聞いてみた。冒頭3曲の流れが特にいいんだけど、基本的にバラード続きにはならないようになってて聞きやすい。アレンジャーもずっと一緒だし、もうここまで来ると常にいつものaikoという感じ。当時はイマイチに思えた『えりあし』もこの流れで聞くとけっこういい曲だったんだと気づいた。高い安定感のある1作である。中古やレンタルだと未だにCCCDで転がっているので入手の際は気をつけたいところ。

暁のラブレター この画像は初回盤ジャケット  暁のラブレター(SACDハイブリット盤) 通常盤ジャケット(SACDハイブリット盤) 

印象度★★★★☆

戻る