彼女

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
シャッター AIKO AIKO 島田昌典  
気付かれないように AIKO AIKO 吉俣良  
キラキラ AIKO AIKO 島田昌典 18thシングル 最高2位 売上21.0万枚
キスする前に AIKO AIKO 根岸孝旨  
深海冷蔵庫 AIKO AIKO 島田昌典  
17の月 AIKO AIKO 島田昌典  
その目に映して AIKO AIKO 島田昌典  
ひとりよがり AIKO AIKO 根岸孝旨  
あられ AIKO AIKO 島田昌典  
10 スター AIKO AIKO 島田昌典 19thシングル 最高4位 売上11.1万枚
11 恋ひ明かす AIKO AIKO 根岸孝旨  
12 雲は白リンゴは赤 AIKO AIKO 島田昌典 20thシングル 最高3位 売上8.9万枚
13 ある日のひまわり AIKO AIKO 島田昌典 18thシングルC/W
14 AIKO AIKO 島田昌典  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2006年8月23日
2008年3月12日(初回盤復刻)
2008年7月23日(SACDハイブリッド盤)
初登場1位 初動25.0万枚、売上46.0万枚 Produced by aiko,Atushi Chiba ポニーキャニオン

aiko7thアルバム。シングルA面3曲とC/Wを1曲収録。「瞳」は1年以上前からCMでかかっており、待望の収録となった。この年の紅白では久々に固定ファン以外にも売れたヒットシングル「キラキラ」ではなく、「瞳」が歌われている。08年3月に初回盤一斉復刻発売されたが、当時1番新しかったせいか復刻盤が一斉に再チャートインした中では最も低かった。発売からおよそ1年後の08年7月にはこれまでの作品同様にSACDとのハイブリットでも発売されている。初回盤と通常盤でジャケ写が違う。

アップテンポで爽快な「キラキラ」のヒットがあったからなのか、久々の夏発売だったからなのかは不明だが、かなりしっとりしていた前作から一転して明るくポップな曲が多い。前作もだが次回作もバラードばかりな印象があるので飛び抜けて明るいアルバムに感じる。それでいて最後を締める「瞳」はシンプルながらこの時期のシングル以上の代表曲でもあり、確かな名曲。基本的に世界観が同じでサウンドもずっと同じような感じなので、最初に聞くオリジナルアルバム1枚はどれがいいか、というのは各自の好みで恐らくファンの間でも意見が分かれそうだが、個人的には最大のヒット作にしてブレイクの勢いが詰まった2nd「桜の木の下」か今作がいいんじゃないかと思う。

彼女 この画像は初回ジャケット   彼女(SACD/ハイブリッド盤) SACDハイブリット盤 

印象度★★★★☆

戻る