まとめT

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
milk AIKO AIKO 島田昌典 25thシングル 最高1位 売上10.2万枚
花火 AIKO AIKO 島田昌典 3rdシングル 最高10位 売上21.3万枚
赤いランプ AIKO AIKO 島田昌典 4thアルバム『秋 そばにいるよ』収録曲 再録音
カブトムシ AIKO AIKO 島田昌典 4thシングル 最高8位 売上24.1万枚
夢のダンス AIKO AIKO 島田昌典 5thアルバム『暁のラブレター』収録曲
二時頃 AIKO AIKO 島田昌典 2ndシングル『ナキ・ムシ』C/W
シャッター AIKO AIKO 島田昌典 7thアルバム『彼女』収録曲
AIKO AIKO 島田昌典 7thアルバム『彼女』収録曲
蝶々結び AIKO AIKO 島田昌典 12thシングル 最高4位 売上12.0万枚
10 be master of life AIKO AIKO 島田昌典 3rdアルバム『夏服』収録曲
11 飛行機 AIKO AIKO 島田昌典 3rdアルバム『夏服』収録曲
12 気付かれないように AIKO AIKO 吉俣良 7thアルバム『彼女』収録曲
13 横顔 AIKO AIKO 島田昌典 22ndシングル両A面曲 最高2位 売上11.1万枚
14 れんげ畑 AIKO AIKO 吉俣良 2ndインディーズミニアルバム『GIRLIE』シークレットトラックにピアノ弾き語り1番のみ収録
フルサイズのアレンジバージョンでは初CD化 新録音
15 桜の時 AIKO AIKO 島田昌典 5thシングル(限定盤) 最高12位 売上13.3万枚
16 えりあし AIKO AIKO 島田昌典 14thシングル 最高5位 売上9.1万枚

※シングル03年以降(12thシングル以降)200位以内データ

初回盤のみ
aikoのオールナイトニッポン ぬるコムVol.1
No 曲名 備考
花火(jazz version) 3rdシングル 別バージョン 初CD化音源・Vol.2にも収録
大部分がトークで、この曲のみ頭出しできない
横顔(ballade version) 22ndシングル両A面曲 別バージョン 初CD化音源 今作のみ収録
  ラジオのエンディングトーク部分
ラジオ 新曲・Vol.2にも収録

リリースデータ

2011年2月23日 初登場2位 初動22.6万枚、売上36.5万枚 Produced by aiko,Atsushi Chiba ポニーキャニオン

aiko1stベストアルバム。初のベスト盤。『まとめU』と同時発売。本人のこの時点での最新作までは入れないという意向で09年までのシングル/アルバムから選曲されている。そのため2010年に発売されたシングル及び当時最新だった9thアルバム『BABY』のアルバム曲からは選曲されておらず、1番新しいものでも09年の「milk」と2年前の作品までとなっている。「赤いランプ」が再録音されているほか、「シャッター」の冒頭部分や「be master of life』の歓声がカットされている。C/Wにしか収録されていなかった「二時頃」はアルバム初収録。「れんげ畑」はインディーズ時代からあった曲で、ライブではこのアレンジで披露されていたためDVD作品では聞くことはできたが今回が初CD化2ndPV集『ウタウイヌ2』のEDクレジット部分では既にこのアレンジで収録されていたが今回新たに録音しなおしている。初回盤はBOX入り仕様、恒例のカラートレイ仕様になっているほか、ラジオCDが付属されている。これは99年〜03年までニッポン放送で毎週深夜1時に放送されていた「オールナイトニッポン」の特別版となっている。スペシャルでは04年、07年、08年に1度ずつ復活しており、今回は3年ぶり4度目の復活となる。当時のままのスタッフで実際に深夜に録音したらしい。途中で3曲がかかり、2曲が初CD化の別アレンジバージョン、最後にかかるのは新曲である。「横顔(ballade version)」のみVol.1にしか収録されていないが、残り2曲はVol.2にも収録されている。

シングルが半分以下の7曲で『まとめU』含めても収録されていないシングルが多い。本人選曲でライブで今も披露されるような曲が中心という事で、収録されなかったシングルが好きな人は残念でした…というほかないが、これからaikoを聞く人には全体像がつかめるので最適な内容にはなっていると思う。アルバム曲とC/Wが半分以上というのは初心者には知らない曲の方が多くて少々長いけど、今作には「花火」「カブトムシ」「桜の時」といった初期の名曲にして現在も人気の高い代表曲が入っているのでやはり欠かせない(まあこの3曲なら2ndアルバム聞けばいいんだけど)。個人的には「飛行機」「be master of life」と紅白でも歌われた「瞳」以外はそこまで印象が無かったのでこういう曲が選ばれるんだ〜という感じはあったけど(ライトリスナー)全体通して聞くとバランスは良い。なお1番2番ヒットの「ボーイフレンド」「初恋」や「キラキラ」などは『まとめU』の方に入っており、ぬかりがない。どっちか1枚ではなく有名な曲を聞いておきたいならとりあえず2枚セットで聞くべきである。かなりうねりまくる変なメロディーラインながら圧倒的に耳に残るポップソングを連発しており、やはりこのポップ性が最大の強みだと思う。ハマる人はとことんハマるだろうし、基本的に安定感があるのでどの曲も好きになれると思う。そこまではいかない人でも何かしら耳に残る好きな曲があると思う。

ラジオの方は当時よく聞いていたので懐かしかった。やはり当時聞いていた人が35歳になってもあの頃のままのハイテンションなaikoのトークを聞けて懐かしく楽しむという趣が強いが、もちろん当時を知らない人でも何で「ぬるコム」なのかとか基本的な事はちゃんと説明されるので置いて行かれることはないと思う。ちなみに個人的に「えりあし」や「三国駅」などしっとりしたバラードが発売当時イマイチ好きになれなかったのはずっとこのラジオのような元気なイメージが強かったのが理由だったりする。

2枚に収録されなかったシングル一覧
1st「あした」、8th「ロージー」、9th「おやすみなさい、10th「あなたと握手」、11th「今度までには」、16th「花風」、19th「スター」、20th「雲は白 リンゴは赤」、22nd「星のない世界」、25th「嘆きのキス」、26th「戻れない明日」、27th「向かいあわせ」
09年までの選曲なので「戻れない明日」と「向かいあわせ」は選曲対象外。「向かいあわせ」はアルバム未収録のままだがこの次のアルバムに入ると思われる。

まとめT(初回限定仕様盤) 初回盤  まとめT(通常盤) 通常盤 

印象度★★★★★

戻る