桜の木の下

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
愛の病 AIKO AIKO 島田昌典  
花火 AIKO AIKO 島田昌典 3rdシングル 最高10位 売上21.3万枚
桜の時 AIKO AIKO 島田昌典 5thシングル(限定) 最高12位 売上13.3万枚
お薬 AIKO AIKO 島田昌典  
二人の形 AIKO AIKO 島田昌典  
桃色 AIKO AIKO 島田昌典 4thシングルC/W
悪口 AIKO AIKO 島田昌典  
傷跡 AIKO AIKO 島田昌典  
Power of Love AIKO AIKO 島田昌典 インディーズ1stアルバム『astral box』収録曲
10 カブトムシ AIKO AIKO 島田昌典 4thシングル 最高8位 売上24.1万枚
えせボーナストラックちっく
  恋愛ジャンキー AIKO AIKO 島田昌典 「カブトムシ」終了後、しばらく待っていると聞ける

リリースデータ

2000年3月1日
2001年9月20日(初回盤再発)
2005年6月29日(SACDハイブリッド盤)
2008年3月12日(初回盤復刻)
初登場2位、最高1位 売上142.1万枚 Produced by aiko、日朝幸雄、島田昌典 ポニーキャニオン

aiko2ndアルバム。今作以降すべてのアルバムで初回盤と通常盤でジャケ写が違う。01年に初回盤が再発され、05年にはSACDハイブリッド化されて再発。08年にはデビュー10周年を記念して7thアルバムまでが全て初回盤ジャケットで再発されている。『花火』でブレイクし、その後の2シングルも連続でヒット。アルバムで一気に大爆発となり、初動33万をたたき出したものの、hideのベスト盤に阻まれ2位に。2週目に逆転して1位を獲得し、その後も4週目まで週間10万越えのロングヒットを記録。最終的にミリオンを越える大ヒットとなった。現在でも最大のヒット作にして唯一のミリオン作品となっている。

発売当時はレンタルしてテープ録音している最後の頃だったのであまり聞いた回数は多くなかったが、一応当時借りて聞いている。当時はまあ普通にいいな程度だったことと、この後のシングル『ボーイフレンド』以降、全部レンタルしつつもアルバムは借りなくなってしまった。C/W曲がいつもシングルに比べると印象が薄く、C/Wも多く収録されていたアルバム単位では微妙かなと思い、シングルだけで十分だと思っていた。ただ、今になって改めて聞くとこれがけっこういい。この後も、シングルやいくつかのアルバムを聞く限りは基本線はずっと変わっていないものの、もう少しおとなしい曲が増えている印象がある。今作はバラードがあまり無く、勢いのある曲が多いので一気に聞けるというのもあるが、やはりブレイク時期だけにそういう勢いもあったのだと思う。聞いてて楽しいポップロックアルバムだ。初心者はどのアルバムから聞けばいいか困るが、やはり今作が1番いいのではないかと思う。

桜の木の下          桜の木の下(SACDハイブリット盤) SACDハイブリッド盤

印象度★★★★★

戻る