小さな丸い好日

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
オレンジな満月 AIKO AIKO 島田昌典  
ジェット AIKO AIKO 島田昌典  
私生活 AIKO AIKO 島田昌典  
歌姫 AIKO AIKO 島田昌典  
赤い靴 AIKO AIKO 島田昌典 2ndシングルC/W
イジワルな天使よ 世界を笑え! AIKO AIKO 島田昌典 インディーズ2ndアルバム『GIRLIE』収録曲
恋堕ちる時 AIKO AIKO 島田昌典  
夏にマフラー AIKO AIKO 島田昌典  
ボブ AIKO AIKO 島田昌典  
10 ナキ・ムシ AIKO AIKO 島田昌典 2ndシングル 最高29位 売上5.7万枚
11 あした AIKO 小森田実 小森田実 1stシングル 最高16位 売上3.0万枚

リリースデータ

1999年4月21日
2000年12月15日(初回盤・通常盤再発)
2001年9月20日(初回盤再発)
2005年6月29日(SACDハイブリッド盤)
2008年3月12日(初回盤復刻)
初登場35位、最高24位 売上13.9万枚 Produced by aiko,日朝幸雄、島田昌典
Except Track 11.Produced by 小森田実
ポニーキャニオン

aiko1stアルバム。2nd以降のアルバムは初回と通常でジャケ写が違うが今作のみ初回盤はデジパック仕様。ジャケ写は同じとなる。00年12月に初回盤、通常盤共に再発。01年にも初回盤が再発され、05年にはSACDハイブリット盤が発売された。また08年3月の全アルバム初回盤復刻発売の際にも再発されているため合計7種類存在する。これらはタイトルの文字色や背表紙のタイトル位置などに違いがある。1stシングルのみaikoが作曲していない曲で小森田実プロデュース。唯一の8センチシングルだったが07年にマキシ化再発され最高位を大幅に更新している。また2ndシングルもブレイク後の00年に再発され最高位を更新している。

デビュー当初から世界観に変化は無く唯一大きく違うのは当時のaikoの髪型が爆発しているところくらい。ガールポップ王道の雰囲気をまといつつも独特のメロディー展開や、適度にロック具合を織り交ぜている。そんな個性も既に全開である。『ナキ・ムシ』も名曲『カブトムシ』と並べても遜色ない名バラード。唯一最後の『あした』だけが異常に浮いている。元々当時1ショット契約で映画タイアップ先行の話があってボーカリストとしての参加という形に近かったのでこうなったらしいが、全く方向性が違うのでこの方向で契約が続かなくて本当に良かったと思う。これはこれでけっこういい曲なんだけどあまりにaikoの個性とは違いすぎた。

小さな丸い好日          小さな丸い好日(SACDハイブリット盤) SACDハイブリット盤

印象度★★★☆☆

戻る