LAST SCENE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Prologue 愛内里菜 大野愛果 石井健太郎  
GOOD DAYS 愛内里菜 後藤康二 石井健太郎 1st配信限定シングル
Sing a Song 愛内里菜 大野愛果 葉山たけし 2nd配信限定シングル
MERRY-GO-ROUND 愛内里菜 石井健太郎 葉山たけし  
Love me 愛内里菜 JOE MIN SUNG/
SHIN HWAN HEE
小林哲  
TIME 愛内里菜 石井健太郎 小澤正澄  
Priority 愛内里菜 石井健太郎 葉山たけし  
HANABI 愛内里菜 大野愛果 石井健太郎 32ndシングル 最高28位 売上0.6万枚
IN MY SHOES 愛内里菜 平賀貴大 長谷川哲史  
10 37℃ 愛内里菜 伊吹隆章 小林哲  
11 LAST SCENE 愛内里菜 SILVER STREAM 田尻尋一  
12 C・LOVE・R 愛内里菜 石井健太郎 石井健太郎 3rd配信限定シングル
13〜29 無音
30 Epilogue 愛内里菜 石井健太郎 石井健太郎 シークレットトラック

 

初回特典DVD
DOCUMENT OF THE LAST SCENE

リリースデータ

2010年9月15日 初登場8位 初動1.3万枚、売上1.9万枚 Producer:愛内里菜 GIZA studio

愛内里菜8thアルバム。ラストアルバム。09年から10年目で盛り上がっていたが、本当の10周年を迎えた2010年は『COLORS』を経て配信限定シングルをリリースしていた。だが7月、突如引退を発表。年内引退としていたが実質的には9月に今作、直後に埼玉と大阪でのラストライブを行ったのみで、引退発表からわずか2ヵ月で全ての活動を終了してしまい、10月以降は表舞台から姿を消した。2010年になって初めて配信限定で3連発していた3曲と引退発表とほぼ同時にリリースされたラストシングルを収録。13曲目以降長い無音が続き、30曲目にシークレットトラックで最後の1曲が収録されている。この曲の歌詞はCDトレイの下に印刷されている。初回盤DVDは、アルバムレコーディングを追ったドキュメント映像で引退に関してのインタビューも収録されているおよそ20分の内容。

1曲目がバラードなのは初めてだが、全体的にアッパーでロックな曲はほとんどない。しかしそこまでバラードは多くなく、ごく普通の明るいポップス路線の曲が多い。いろいろ迷走もしたけれど、ロックでもダンスでも無く、最もいいところに着地した感じ。アレンジの方向性からいっても正解だと思う。大野愛果もかなり復活してきた感があるが、今作で多用されている石井健太郎は派手さはないがどの曲もけっこう耳に残る曲を連発していて最後にしていい作家に出会えたなと思う。最後ということを意識しているせいもあるかもしれないけど、どの曲もじっくり作られている印象で最近調子が復調していた中でも、派手さはないけど確かな名盤といった雰囲気が漂う。正直もっと間延びしたバラード連発でいかにもな最後を演出しているのではないかと思っていたので思いのほか明るく、しかししっかりと最後を締めていたので期待以上だった。最後にして初めて購入に踏み切ったが大正解。引退が本当に惜しくなるなぁ…。

DVDの方ではアルバム制作の模様、「HANABI」PVメイキング、「Epilogue」収録模様などを追っているが、愛内さんが主役なため、楽曲レコーディングは歌入れ映像のみ。わずかに大賀好修がギターを弾いているシーン、岡崎雪がコーラス入れしている映像があるのみ。スタジオの全体像もあまり映らないのであまりはっきりは分からないが…バンド編成、特にドラム入れて録音できるほど広くはない…のかな…。引退に関してはあまり深くは語られていない。特に最初に理由に挙げられた病気に関しては本当にあまり関係ないかのようで、気持ち的な部分で決意したという印象になっている。なお「Epilogue」に関してはCDトレイ下の歌詞にはタイトルが記載されておらず、この映像にて歌詞が映った際に初めてタイトルが判明する。

LAST SCENE(初回限定盤DVD付) 初回盤DVD付  LAST SCENE 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る