PLAYGIRL(初回限定盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
PLAYGIRL 愛内里菜 川島だりあ 尾城九龍  
START 愛内里菜 大野愛果 corin. 17thシングル 最高8位 売上4.1万枚
Boom-Boom-Boom 愛内里菜 大野愛果 corin. 18thシングル 最高11位 売上2.2万枚
STEP UP! 愛内里菜 大野愛果 小澤正澄  
CONTROL ME,RESCUE ME 愛内里菜 綿貫正顕 斉藤真也  
wonderful danger 愛内里菜 corin. AKIRA  
LOVE-FORMATION 愛内里菜 輝門 林良  
NEVERENDING WINTER 愛内里菜 川島だりあ MissTy  
Dream×Dream 愛内里菜 徳永暁人 corin. 16thシングル 最高3位 売上5.7万枚
10 MISS YOU 愛内里菜 輝門 古井弘人  
11 Seductive Medicine 愛内里菜 岩井勇一郎 munetoshi  
12 V.I.P 愛内里菜 綿貫正顕 綿貫正顕  
13 GIRLS PLAY 愛内里菜 輝門 小澤正澄  
BONUS TRACK(初回盤のみ)
14 Dream×Dream-Love&Wishes Version- 愛内里菜 徳永暁人   初回盤のみ収録 16thシングル別Ver.

リリースデータ

2004年12月17日 初登場7位 初動6.5万枚、売上10.3万枚 Total Sound&Visual Producer:Rina Aiuchi GIZA studio

愛内里菜4thアルバム。シングルで前半が埋め尽くされた前作と打って変わってシングル3曲のみ、C/W収録はなし。24歳を区切りの年としてLADYになるのではなくGIRLの最上級=PLAYGIRLになりたいという思いがこめられているとか。1曲ごとに違ったタイプの女の子が主人公になっており、最後の13曲目でそれをまとめる構成になっている。またビジュアル面でも今回はセルフプロデュースしていて1曲ごとに様々なカッコをした愛内里菜を披露している。裏ジャケでは1曲ごとに雑誌風に曲が記載されている。

前作で見せ始めたロック路線が本格化。ギターの鳴ってるロック系の曲が多くなっている。今までのようなダンス系路線の7やバラードの10なども存在するが全体的な印象はロック。といってもクレジットにもギターとコーラス以外はAll Instruments&Programingとしてアレンジャーが手がけている打ち込み系ロックなためベシベシいってるドラム音などやや物足りない面が無きにしも非ず。生バンドでのライブなんかでは格段に迫力が増すのではないだろうか?曲の方は平均的でわりとどれもいい感じ。全体的には前作よりはいいんじゃないだろうか。あとは好みの問題で路線がだいぶ変わってきたので受け入れられるかダメかで評価は大きく別れるだろう。個人的には前作よりは良いと思う。ただビジュアル面はハイセンスすぎてついていけない。なんなんだこれは?

PLAYGIRL(初回) 初回盤(ボーナス曲付、全14曲)    PLAYGIRL 通常盤(全13曲)

印象度★★★☆☆

戻る