ここがロドスだ、ここで跳べ!(Type-A,B)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 希望的リフレイン 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 38thシングル 最高1位 売上119.9万枚
2 ラブラドール・レトリバー 秋元康 丸谷マナブ 佐々木裕 36thシングル 最高1位 売上178.7万枚
3 Reborn/チームサプライズ 秋元康 俊龍 生田真心 38thシングル劇場盤のみC/W
4 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら
僕たちの関係はどう変わってしまうのか、
僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
秋元康 織田哲郎 野中“まさ”雄一 34thシングル 最高1位 売上108.6万枚
5 前しか向かねえ 秋元康 古城康行 板垣祐介 35thシングル 最高1位 売上115.4万枚
6 君の瞳はプラネタリウム/AKB48研究生 秋元康 Noda Akiko 野中“まさ”雄一 33rdシングル劇場盤のみC/W
7 2人はデキテル/小嶋陽菜&北川謙二 秋元康 和泉一弥 野中“まさ”雄一 36thシングル劇場盤のみC/W
8 ハート・エレキ 秋元康 丸谷マナブ 増田武史 33rdシングル 最高1位 売上129.4万枚
9 心のプラカード 秋元康 板垣祐介 武藤星児 37thシングル 最高1位 売上106.2万枚
10 47の素敵な街へ/Team 8 秋元康 Sungho 野中“まさ”雄一 37thシングル劇場盤のみC/W
11 選んでレインボー/てんとうむChu! 秋元康 井上トモノリ 増田武史 34thシングル劇場盤のみC/W
12 恋とか… 秋元康 若田部誠 若田部誠 35thシングル劇場盤のみC/W
13 愛の存在 秋元康 伊藤心太郎 若田部誠  

劇場版のみ14曲目「最初の愛の物語」収録(ドラマ『セーラーゾンビ』劇中歌で大和田南那・川栄李奈・高橋朱里が歌唱)

Type-AのみDISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Conveyor/横山Team K 秋元康 岩崎誠司 板垣祐介  
2 清純フィロソフィー/峯岸Team 4 秋元康 多田慎也 生田真心 33rdシングルType-4のみC/W
3 へなちょこサポート/Team 8 秋元康 伊藤心太郎 伊藤心太郎  
4 彼女/宮脇咲良 秋元康 伊藤心太郎 伊藤心太郎  
5 ダウンタウンホテル100号室 秋元康 NAMITO NAMITO  
6 セーラーゾンビ/ミルクプラネット 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 37thシングルType-DのみC/W
7 純情ソーダ水/渡辺麻友 秋元康 片桐周太郎 片桐周太郎  
8 愛と哀しみの時差/山本彩 秋元康 若田部誠 若田部誠  
9 Birth 秋元康 三浦誠司 三浦誠司  
10 7回目の「レミゼ」/小嶋陽菜 秋元康 E.L.F E.L.F  
11 Oh! Baby!/高橋Team A 秋元康 Ruby 佐々木裕  
12 ここがロドスだ、ここで跳べ! 秋元康 つじたかひろ 武藤星児  

 

Type-BのみDISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 僕たちのイデオロギー 秋元康 藤本貴則 藤本貴則  
2 To goで/倉持Team B 秋元康 田中俊亮 武藤星児  
3 教えてMommy 秋元康 井上トモノリ 井上トモノリ、久下真音 37thシングルType-DのみC/W
4 切ないリプライ/指原莉乃 秋元康 吉田敬子 佐々木裕  
5 パナマ銀河 秋元康 TORIUMI TAKESHI 野中“まさ”雄一  
6 赤いピンヒールとプロフェッサー/松井珠理奈 秋元康 フジノタカフミ 久下真音  
7 よわむしけむし/柏木由紀 秋元康 伊藤心太郎 伊藤心太郎  
8 涙は後回し/峯岸Team 4 秋元康 依光輝久 若田部誠  
9 All of you/高橋みなみ 秋元康 長谷川湊 Boyz Toyz  
10 友達でいられるなら 秋元康 井上トモノリ 板垣祐介  
11 今日までのメロディー 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 36thシングルC/W
12 生き続ける 秋元康 新屋豊 新屋豊  

リリースデータ

2015年1月21日 初登場1位 売上78.1万枚 Total Producer:秋元康 KING RECORDS

メンバー表記なし
全体メンバー表記が2作連続無し
シングルでも「ラブラドール・レトリバー」以降、歌唱メンバーの所属グループ表記が廃止された
各楽曲ごとの選抜メンバー表記はあるが、ユニット、チーム曲は歌唱メンバー表記なし(ユニット名、チーム名の表記のみ)
井上ヨシマサが作編曲を担当している楽曲のみ個別に演奏クレジットが付記されている。

AKB48、6thアルバム。オリジナルとしては4作目。前作に未収録だった「ハート・エレキ」「鈴懸(略)以降、この時点での最新シングルである「希望的リフレイン」まで全て収録。DISC-1はシングル表題曲6曲と劇場盤のみC/W6曲を全て網羅。14年7月公開のドキュメント映画「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」主題歌だった「愛の存在」が初CD化となった。劇場盤のみさらにもう1曲未発売になっていた「最初の愛の物語」を初CD化している。Type-A、BにはDISC-2が付属し、全曲が異なる。構成は新曲及び初CD化曲10曲とC/Wから2曲の12曲Type-Aのみ初回盤が存在し、シングル「希望的リフレイン」C/WのTeam A,K,B,4それぞれの楽曲、劇場盤のみC/Wだった「Reborn」、「47の素敵な街へ」といったMVが制作されていなかった楽曲6曲のMVを収録したDVD付。O社では2作続いていたミリオンが途切れ、劇場盤対象外のサウンドスキャンでは3種合計初動10.0万枚だった。

DISC-1にシングルと劇場版C/Wを漏れなく投入し、DISC-2は全曲異なる2種で、その構成は既発2曲と新曲/初CD化曲という基本フォーマットは前作を踏襲。ここまで聞いてきたリスナーは今更何か新しい曲調とか作風とか期待してないと思うけど、前作まででもういいやと思ってしまったならまあ無理して聞かなくてもいいんじゃないかというくらい全体の印象もほぼそのままいつものAKBナンバーが延々並んでいるといった感じ。このひたすら数で勝負みたいな曲数は食傷気味もいいところで、もっと然るべき状況で聞けばもしかしたらかなり印象が変わる曲もあるんじゃないかと思うんだけど、48グループの楽曲への飽き自体も相当早めてしまっていると思う。タイトル曲がType-Aでしか聞けないというのも斬新な仕様だ。これなんか特に然るべき状況で聞けばもっといい曲だと感じられただろうに惜しい(ただ歌唱メンバーはほとんどAKB48ではない…)。

今作唯一の特徴として超選抜メンバーのソロ曲を大量投入しているというのがある。基本口パク大人数ユニゾンで、ソロパート自体が珍しいAKB48でこれだけソロ曲が並んだのは史上初となるが、ソロ曲歌唱メンバーが最早AKB48でもなんでもないJPN48選抜であり、姉妹グループのエースメンバーのソロばかり並んでいるような感じに…。各メンバーのファンならその声を1曲丸々堪能できるのでそこは聞きどころかもしれないが、正直これもそんなに面白くは無い。渡辺麻友、高橋みなみ、柏木由紀、指原莉乃はソロデビューしているし、小嶋陽菜、山本彩、松井珠理奈もそれぞれのメイン所属グループ(小嶋はノースリーブスも)で、ソロ曲があるか、比較的ソロパートを与えられる機会が多い。結局ソロが貴重なのって宮脇咲良だけなんじゃないだろうか…。

なおいつも通り中古屋に大量放出された劇場盤は最速で1コインコーナー送りになっているようで安価に入手できるので、シングルA面だけ一気に聞きたい場合はコスパは良い。

ここがロドスだ、ここで跳べ! (Type A)【初回限定盤】(多売特典なし)Type-A初回盤DVD付  ここがロドスだ、ここで跳べ! (Type A)【通常盤】(多売特典なし)Type-A  ここがロドスだ、ここで跳べ! (Type B)(多売特典なし)Type-B  ここがロドスだ、ここで跳べ!(劇場盤)劇場盤 

印象度★★★☆☆

戻る