Team 4 1st Stage 僕の太陽〜studio recordingsコレクション〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 overture   尾澤拓実 尾澤拓実 メンバー不参加 煽りインスト
「エイ!ケイ!ビイ!フォーリィエーイッ!」のやつ
2 Dreamin' girls 秋元康 近藤薫 近藤薫  
3 RUN RUN RUN 秋元康 前澤寛之 関淳二郎  
4 未来の果実 秋元康 岡田実音 高島智明 5thシングルC/W
5 ビバ!ハリケーン 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 6thシングルC/W
6 アイドルなんて呼ばないで 秋元康 宮島律子 高島智明 歌唱メンバーは市川・島崎・加藤・高橋
7 僕とジュリエットとジェットコースター 秋元康 上杉洋史 景家淳 歌唱メンバーは阿部・島田・川栄
8 ヒグラシノコイ 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 歌唱メンバーは大場・竹内
9 愛しさのdefence 秋元康 BOUNCEBACK 田口智則・稲留春雄 歌唱メンバーは永尾・山内・田野
10 向日葵 秋元康 多胡邦夫 近田潔人 歌唱メンバーは入山・仲俣・中村・岩田
11 竹内先輩 秋元康 後藤次利 後藤次利  
12 そんなこんなわけで 秋元康 上田晃司 田口智則・稲留春雄  
13 デジャビュ 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
14 夕陽を見ているか? 秋元康 岡田実音 高島智明 6thシングル
15 Lay down 秋元康 上杉洋史 近田潔人  
16 BINGO! 秋元康 成瀬英樹 大内哲也 4thシングル
17 僕の太陽 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 5thシングル

DISC-2
カラオケバージョン

リリースデータ

2013年1月22日 初登場22位 売上0.6万枚 Total Producer:秋元康 KING RECORDS

メンバー

阿部マリア・市川美織・入山杏奈・岩田華怜・大場美奈・加藤玲奈・川栄李奈・島崎遥香・島田晴香
高橋朱里・竹内美宥・田野優花・仲俣汐里・中村麻里子・永尾まりや・山内鈴蘭

AKB48 team4 1st劇場公演アルバム。1stとされているが2ndは存在せず、初代チーム4が2011年10月10日から2012年10月25日まで行っていた唯一の劇場公演をスタジオ録音したもの。今作の収録は2012年5月7日に行われたとされている。元々は07年7月〜10月に行われていた当時のチームAとKをシャッフルした「ひまわり組」が行っていた公演であり、セットリストをそのまま使用しているため07年当時の楽曲のみで構成されている。今作は2013年1月1日に過去の劇場公演アルバム20作を一斉発売した中の1枚。1度発売されていた作品はリマスターやりトラックダウンなどを施されているが今作は初CD化作品だった。また20作のうち今作のみ発売が延期され、1月22日に単独発売されている。また前述の理由から「ひまわり組」のCDとは歌っているメンバーが違うだけで曲目は全て同じとなる。チーム4は2011年にスタートしたが2012年に廃止が発表され解散消滅。メンバーはA,K,Bいずれかのチームへ散り散りとなった。2013年夏には全員別のメンバーで再びチーム4が結成されている。また2013年4月6日にはこの公演の模様を収録したDVDも発売されている。

劇場公演というのは基本的に一定期間全く同じ曲目の公演をやり続けるというスタイルらしく、秋元康が新公演をなかなか書き上げなくなった影響で同じ公演を延々やり続けたり、昔の公演を新人にリバイバルさせる事が増え、姉妹ユニットまで含めると新しく作られたチームほどオリジナル公演をやった事が無いという状況が進んでいるようだ。このため曲目が全く同じで歌っているメンバーが違うだけというCDがいくつかあり、とてもじゃないが20作すべてを聞く気にはなれなかった。それどころか48関連のオリジナルアルバムもそんなに印象深くなかったので、公演アルバムまでは1作も聞く気がしなかったんだけど、個人的にこのチーム4はAKB48の番組を見始めた頃に、比較的プッシュされて関連番組等に出ていた(「マジすか学園3」とか「私立バカレア高校」とか)のでけっこうメンバーも知っていて他のチームよりも圧倒的に思い入れがあったのでこれだけは聞いてみようと思った次第。

チーム4には「走れ!ペンギン」という2013年年明けのリクエストアワー1位を獲得した代表曲を始め、いくつかチーム4名義や前身の研究生時代のオリジナル曲を持っているもののこの公演は07年当時のものなので当然含まれていない。デフスター時代の古い曲を当時加入すらしていなかった若いメンバーが歌うという構造なわけで、キング以降とは何となく楽曲の雰囲気が違う気がする。作家も井上ヨシマサくらいしか続投してないし。バリバリのアイドルナンバーが並ぶけど思っていたよりは飽きずに聞けた。たださすがに曲数が多くて後半になってくると区別がつかなくなってきた上に、最後の方に固まったシングル3曲を聞くとやっぱりシングル曲は格が違うなとも感じた。あちこちでソロパートが聞けるのはポイントだが、いかんせん誰がどの声だかさっぱり分からない。これなら今作の後、4月になってから発売されたDVD版を見た方が良かったかもしれない。ヘロヘロなソロパートや歌唱パートは御愛嬌だけど、終始厚いユニゾンよりは確かにこのメンバーが歌っているというのが感じられて良かった。ブレイク以降のA面曲には無い勢いや若さがバシバシ感じられるし、オリジナルを知っているシングル3曲に関してはオリジナルよりもうまさとかじゃなくて勢いがあるなと思った。あと「アイドルなんて呼ばないで」でわりとアイドルの恋愛を真っ向から肯定しているのが面白かった。

ユニット曲の記載すらブックレットには無かった始末だが、そのくらいは記載しておいてほしかった。あと2012年5月7日に収録したとだけ書いてあるんだけど、1日で16人16曲歌入れしたってさすがに雑すぎないか?そんなガッカリするような記述だけキッチリしなくても…。せめて5月に収録しましたくらいで良かったじゃないか。

1作でも途中からちょっと区別つかなくなったくらいなのでよっぽどのアイドルソング好きか、歌っているメンバーが好きだ、という人以外には劇場公演アルバムの制覇は連続では確実にできそうにない。基本的にどの曲もいいことはいいので、48系列のシングル楽曲が好きな人なら外すことはほぼ無いと思うし、たぶん全作を★4とすることにもなると予想できる。今作もAKB48本体のオリジナルアルバムの時点でもうあんまり区別つかなくて食傷気味だったのでそこから思っていたよりは良かった。ただこれ以外の19作を聞く予定は現時点では無く、確実に消化不良を起こすことが目に見えているのでそれは作品にも申し訳がない。この公演アルバムもいいから是非聞いて!というリクエストには即座に応えることはできません。ご了承ください。

※あとカラオケバージョンの方は聞いてないっす。

team 4 1st stage 僕の太陽 ~studio recordings コレクション~

印象度★★★★☆

戻る