Ami Selection

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
love is the island 小室哲哉&Marc 小室哲哉 小室哲哉 1stシングル 最高5位 売上28.8万枚 リテイク
alone in my room TK&Marc 小室哲哉 小室哲哉 2ndシングル 最高3位 売上35.3万枚 リテイク
all night long 小室哲哉&Marc 小室哲哉 小室哲哉 3rdシングル 最高2位 売上39.6万枚 リテイク
white key Marc&TK 久保こーじ&TK 久保こーじ&TK 4thシングル 最高2位 売上50.3万枚 リテイク
Don't leave me behind Marc&Ami 小室哲哉 久保こーじ&TK 6thシングル 最高3位 売上27.3万枚 リテイク
BE TOGETHER 小室みつ子 小室哲哉 小室哲哉 7thシングル 最高1位 売上87.0万枚 リテイク
OUR DAYS 小室哲哉 with
小室みつ子
小室哲哉 小室哲哉 8thシングル 最高1位 売上46.7万枚 リテイク
Don't need to say good bye 鈴木あみ,
小室哲哉,
小室みつ子
小室哲哉 小室哲哉 10thシングル 最高5位 売上34.6万枚 リテイク
強いキズナ 鈴木亜美 横山輝一   インディーズ1stシングル
ミニ写真集とセット扱いにより音楽チャート対象外
10 Delightful 鈴木亜美 渡辺徹 Axel Konrad 13thシングル 最高3位 売上9.7万枚
11 ねがいごと 鈴木亜美 鈴木大輔 中村康就 15thシングル 最高13位 売上2.2万枚
12 Alright! 鈴木亜美 渡辺和紀 HAL 19thシングル 最高17位 売上1.6万枚
13 FREE FREE 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ 中田ヤスタカ 24thシングル 最高32位 売上0.9万枚
14 Reincarnation 日之内エミ 日之内エミ&
☆Taku Takahashi
☆Taku Takahashi&
縄田寿志
28thシングル 最高42位 売上0.4万枚
15 KISS KISS KISS 鈴木亜美(日本語詞)
bram/camp/johnson
bram/camp/johnson   29thシングル 最高28位 売上0.3万枚

※03年以降シングル200位以内データ

リリースデータ

2011年12月8日 初登場43位 売上0.3万枚 Produced by 松浦MAX勝人 エイベックス

鈴木亜美2ndベストアルバム。エイベックス移籍以降初で、鈴木あみ時代の『FUN for FAN』以来10年ぶりのベスト盤となる。29thシングル『KISS KISS KISS』を09年10月にリリースしてからはリリース停止しており、2年ぶりのCDリリースとなる。前ベストから10年という以外に特に節目の時期であったわけではなく、自身が30歳を迎えるのも翌年2月であった。あみ時代の1〜8曲目までは全てリテイクされている。クレジットでは何も触れられておらず、全て当時のままのクレジットになっているがインタビューによればリアレンジは久保こーじが担当したと語られている。DVD付にはPV6曲、ライブ5曲、焼肉屋での人生初アルバイト映像が収録されている。

1曲目を再生して歌いだしが「低ッ!!」と驚いたが、歌い直したあみ時代に関してはキー下げを敢行している。当時は明らかにオーバーキーだったので無理なく歌える範囲で加工なしで歌いこなしている。当時よりは当然歌えている。個人的には「love is the island」「white key」辺りは落ち着いてしまうとちょっと違うかなという感じ。対して「OUR DAYS」なんかはより深みが出ていて好印象。この辺りは曲によりけりといったところか。リアレンジに関してはそこまで大胆には変わっていないが、何故か「BE TOGETHER」のみリミックスみたいなアレンジになっているのが謎である。鈴木亜美と名義を本名に戻して本格復帰前に書籍扱いでリリースした「強いキズナ」は他では聞けないようなのでここでしっかり収録しているのが嬉しい。エイベックス移籍以降は1つにとどまらずに絶えず色々な音楽に手を出していたようなので、めまぐるしく曲調が変わっていく。復帰作となった「Delightful」はあまりに古臭いエイベクシーナンバーで当時も驚いたがやはり古い…。「Alright!」辺りはあみ時代に出していたら代表曲の1つになっていたんじゃないかというくらい明るい爽快ポップだが、ラスト3曲では突如エレクトロ路線へ転向実験しまくり加工しまくりのサウンドが炸裂する。その中でも「Reincarnation」は色々いじりすぎてかなり意味不明な事になっている。新たな怪曲の誕生かと思っあみ時代の曲を選びすぎたせいで、エイベックス移籍以降の初ベスト化の部分が明らかに選曲不足で、正直忙しなさすぎてイマイチ伝わりにくい。単にあれもこれもと節操なく飛びついていたとも思われかねないような飛びっぷりである。まあ気になるならオリジナルを聞いてくれって事なんだろうけど、そもそもこのタイミングでのこのベストっていうのがイマイチよく分からない。この後はちゃんとあるんだろうか…。亜美になってからは良く知らないというリスナーが大半で基本的にそういう人向けの入り口が他に無いので、久々に聞いてみようという人には最適な1作ではあると思う。最近は厚みがありすぎて逆にヘビーなベスト盤が増えているとはいえ、シングル29枚+インディーズ2枚も出しているんだから2枚組でも良かったのではないだろうか。

Ami Selection(DVD付) DVD付  Ami Selection CDのみ 

印象度★★★★☆

戻る