安全地帯 “完全復活” コンサートツアー2010
Special at 日本武道館〜Starts & Hits〜「またね…。」

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
じれったい 松井五郎 玉置浩二 15thシングル
熱視線 松井五郎 玉置浩二 8thシングル
好きさ 松井五郎 玉置浩二 14thシングル
プルシアンブルーの肖像 松井五郎 玉置浩二 11thシングル
銀色のピストル 松井五郎 玉置浩二 5thアルバム『安全地帯X』収録曲
マスカレード 松井五郎 玉置浩二 6thシングル
真夜中すぎの恋 井上陽水 玉置浩二 5thシングル
月に濡れたふたり 松井五郎 玉置浩二 17thシングル
蒼いバラ 玉置浩二 玉置浩二 27thシングル
アコースティック・メドレー(10〜17)
10 ワインレッドの心 井上陽水 玉置浩二 4thシングル
11 恋の予感 井上陽水 玉置浩二 7thシングル
12 碧い瞳のエリス 松井五郎 玉置浩二 10thシングル
13 Friend 松井五郎 玉置浩二 13thシングル
14 夏の終りのハーモニー 井上陽水 玉置浩二 12thシングル
15 To me 松井五郎 玉置浩二 5thアルバム『安全地帯X』収録曲
16 ほゝえみ 松井五郎 玉置浩二 5thアルバム『安全地帯X』収録曲
17 かあさんの歌〜
あの頃へ
窪田聡
松井五郎
窪田聡
玉置浩二
カバー
22nシングル

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 備考
Lonely Far 松井五郎 玉置浩二 7thアルバム『安全地帯Z〜夢の都』収録曲
どーだい 松井五郎 玉置浩二 5thアルバム『安全地帯X』収録曲
We're alive 松尾由紀夫 玉置浩二 4thシングルC/W
夢になれ 松井五郎 玉置浩二 5thアルバム『安全地帯X』収録曲
玉置浩二 玉置浩二 11thアルバム『安全地帯]T☆Starts☆「またね…。」』収録曲
オレンジ 玉置浩二 玉置浩二 28thシングル
ひとりぼっちのエール 須藤晃 玉置浩二 23rdシングル
I Love Youからはじめよう 松井五郎 玉置浩二 18thシングル
悲しみにさようなら 松井五郎 玉置浩二 9thシングル

リリースデータ

2010年12月8日 初登場94位 売上0.2万枚 Producer:安全地帯/末崎正展 ユニバーサル

メンバー

Vocal 玉置浩二
Guitars 矢萩渉
Guitars 武沢侑昴
Bass 六土開正
Drums 田中裕二

安全地帯5thライブアルバム。590年代の最初の休止の時点でも特にラストライブと銘打ったライブはやらずに休止に突入しており、作品として残されていない。02,03年の復活時も映像でも残されていない。玉置浩二のソロ作品では05年、06年、07年のツアーをそれぞれCDとDVDでリリースしているが安全地帯としては05年発売の前ライブアルバムにおける88年のライブ以来の商品化7月から完全復活ツアーが全国各地で行われ、最終公演となった日本武道館10月5日、6日の様子を収録としている。2日間のうちどちらが収録されているのかは特に明かされていない。22日には同じ収録曲でDVDとしても発売されている。CDと同じ日のものなのかは不明だがDVDの方はCDでカットされているMCも収録されているようだ。スタッフクレジットには「Naijo no Co:玉置典子」という記載がある(ツアーに寄り添った玉置浩二の新たな妻となった青田典子のこと)。また公式サイトでは「Start」になっているが、本来の作品名は「Starts」であり、作品にもそう記載されているので公式サイトが誤植していると思われる。

構成は「Hits」でセルフカバーした全曲に加えて往年のヒットシングル中心で、アルバム曲は1曲以外5thアルバムからとなっている。新作としてリリースしたアルバム「Starts」からはシングル含めて3曲のみ。完全復活ということで往年のヒット曲が多くなるのは仕方ないにしても、タイトル曲である「またね…。」もやらないって…。これはあまりに昔の曲に偏り過ぎではないか。それでいて「ワインレッドの心」と「恋の予感」はアコースティックメドレーの組み込んでしまったりと、個人的には全盛期への思い入れが皆無なので選曲が残念である。継続的に活動していくことは決まっているのでとりあえず今回はこのような形で次回のツアーでは新作を増やしていく構想なのだろうか。当然02〜03年の曲もあるわけがない。少々ファンの間では喉の調子が良くないとされており、あまり評判は良くなかった公演で、ツアーの間も玉置と青田の2ショットや異様なテンションの玉置の姿、ライブの途中で玉置がトラブルを起こしてメンバーも演奏を止めてステージを降りてしまいライブが中止になるなどワイドショーレベルでも色々騒がれたツアーだった。そのためとりあえず無事に最終公演を迎えられたというだけでも感慨深いものはあったかもしれないが、今作での玉置浩二は終盤でメンバー、スタッフ、ファンへ絶叫しながら感謝を示すなどテンションは高い。冒頭からシャウト全開で随所で叫びまくり、終始力強く歌い上げている。近年の特徴だったささやき歌唱とはボーカルスタイルが正反対になっており、パワフルといえば聞こえはいいが、悪く言えばややガラガラで雑である。絶叫しまくるほど喉が調子いいというわけではないようで、ためにためてメロディーをわざと遅らせて歌っている箇所が非常に多く、メロディーが完全に崩れてしまっているような部分も多い。「Hits」で再録音した時点では普通に歌っていた曲及び2010年リリースとなる3曲でさえ、早くもそんな感じである。なので声がガラガラになっていて叫ぶことはできるが丁寧に歌うことが出来ない状態だったのだろうか?とにかくパワフルで勢いがあるのでその点では圧巻だし、特にロックな曲での盛り上がりは完全復活を印象付けるだけの勢いはある。往年のファンでも賛否両論あるのではないかと思うが、個人的にはもう少し落ち着いた玉置浩二の方が好きだ。作品として残されていないが公私共にもっとも落ち着いていたと思われる02年〜03年のツアーの様子を見たくなった。

安全地帯”完全復活”コンサートツアー2010 Special at 日本武道館~Starts &Hits~「またね・・・。」

印象度★★★☆☆

戻る