藍坊主

No タイトル 作詞 作曲
1 未知の道の道 藤森真一 藤森真一
2 プリティパンクミュージック 佐々木健太 佐々木健太
3 未成年 佐々木健太 佐々木健太
4 セミのぬけがら 佐々木健太 佐々木健太
5 僕には何もないけど... 藤森真一 藤森真一
6 武器よサラバ 佐々木健太 田中ユウイチ
7 ランランラン 藤森真一 藤森真一
8 セブンスター 佐々木健太 佐々木健太
9 しあわせのどんぐり 藤森真一 藤森真一
10 夏草 藤森真一 藤森真一
11 両手を広げて 藤森真一 藤森真一

リリースデータ

2003年2月12日 初登場125位 売上0.7万枚 BUDDY

メンバー

Vocal 佐々木健太
Bass 藤森真一
Guitar 田中ユウイチ
Drums 亀井栄(骨折により全面不参加)

藍坊主インディーズアルバム。99年結成、00年に現バンド名に改名。自主制作盤はリリースしておりこれが好評だったため本格的なアルバム制作をして1度は完成したところで、事務所GOOD-DAYに声をかけられ、事務所所属の元で改めてアルバムを制作し直して今作が完成したとされている。全国流通盤としては今作が最初で「ファーストアルバム」と帯に記載されている。インディーズではこの後シングル2作をリリースしている。ドラマーの亀井はレコーディング直前に骨折したためジャケットに写っているだけで今作の録音とツアーには全く参加していない。ドラムはメンバーの同級生で後のメンバーとなる渡辺拓郎(2〜9)、藤森の専門学校時代の同級生の滝澤博之(1,10,11)がサポート参加している。

ラブソングが一切なく、10代への応援歌、メッセージ、葛藤を歌った曲で締められている青春パンク路線。そこまでアップテンポで押しまくるわけではなく、意外と軽やかな曲やヘビーな曲もやっているが、全体的には若さ全開の青春パンクといった印象。バンドメンバーや観客含めて大合唱している絵が容易に浮かんでくるような曲が並んでいる。当時ヒットしていた青春パンク系のバンドと比べてもメロディー面でもひけを取らないと思うし、どの曲もなかなかいいのだが、最高に突き抜けた1曲というものが無いので(「大切なもの」「空に唄えば」に該当するような1発屋になりかねないほどの1曲)、当時の10代なら誰でも知っているレベルの熱狂にはなかなか届かなかったのかなとも思う。それにしてもこのバンドがここから別次元へと進化していくことなど誰が予想できただろうか。そういう意味で若さに溢れたこの1作もまた眩しい。

藍坊主  

印象度★★★☆☆

戻る