10th Anniversary Best BLUE(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 千の夜をこえて 太志 太志 Aqua Timez 2ndシングル 最高12位 売上12.7万枚
2 ALONES 太志 太志 Aqua Timez 4thシングル 最高3位 売上10.5万枚
3 Velonica 太志 Aqua Timez Aqua Timez 8thシングル 最高2位 売上5.6万枚
4 STAY GOLD 太志 太志 Aqua Timez 9thシングル 最高11位 売上1.5万枚
5 GRAVITY Ø 太志 Aqua Timez Aqua Timez 12thシングル 最高5位 売上1.8万枚
6 真夜中のオーケストラ 太志 Aqua Timez Aqua Timez 13thシングル 最高12位 売上1.5万枚
7 MASK 太志 太志 Aqua Timez 14thシングル 最高10位 売上1.4万枚
8 エデン 太志 太志 Aqua Timez,末光篤 16thシングル 最高22位 売上1.2万枚
9 手紙返信 太志 太志 Aqua Timez,akkin 3rd配信シングル、6thアルバム『エルフの涙』収録曲
10 シンガロング 太志 太志 Aqua Timez,akkin 6th配信限定シングル 初CD化
11 最後までU 太志 太志 Aqua Timez,akkin 18thシングル 最高31位 売上0.5万枚
12 濃霧のち 太志 Aqua Timez Aqua Timez 新曲
13 メメント・モリ 太志 Aqua Timez Aqua Timez 4thアルバム『カルペ・ディエム』収録曲
14 LOST PARADE 太志 Aqua Timez Aqua Timez,akkin 5thアルバム『because you are you』収録曲
15 イヴの結論 太志 太志 Aqua Timez,akkin 6thアルバム『エルフの涙』収録曲

Strings Arrangement:弦一徹(1,6,8)、akkin(9)

初回盤DVD
Studio Live"Blue Jam"
No タイトル 備考
1 千の夜をこえて 2ndシングル
2 MASK 14thシングル
3 カルペ・ディエム 4thアルバム『カルペ・ディエム』収録曲
4 シンガロング 6th配信限定シングル

リリースデータ

2015年8月25日 初登場9位 売上1.0万枚 Produced by Aqua Timez Epic Records

メンバー

Vocal 太志
Bass OKP-STAR
Guitar 大介
Keyboards mayuko
Drums TASSHI

Aqua Timez10周年記念ベストアルバム。『RED』と同時発売で通算2,3作目のベスト盤。前ベストの続編では無く、改めてインディーズデビュー作以降の全曲からメンバーによるセレクトで選曲され、色のイメージによって2作に分割収録されている。シングルは18作全てが収録されているが、アルバム曲と配信シングルは前ベストリリース後の2010年以降の選曲となっている。2015年4〜6月に3ヵ月連続配信リリースとされた「シンガロング」は初CD化&アルバム初収録(今作のみのアルバム収録)。先行シングルとなった「最後までU」はアルバム初収録(次のオリジナルアルバム『アスナロウ』にも収録)。また「濃霧のち」は2作の中で唯一の新曲となる。初回盤はスタジオライブ4曲を収録したDVD付。またファンクラブ限定盤(team AQUA限定盤)はDISC-2がC/W集(+レア音源2曲収録)となっている。C/Wは2作で全曲が網羅されているが、リメイクやリミックスなどは未収録。加えて「Aqua Timez 2005-2015 蔵出し映像」を収録したDVD付。初回盤とteam AQUA限定盤の収録内容が異なるため3種2パターン複数商法となる。

今作は主にロック系の楽曲を中心に選曲した内容。というかいきなりアニメ「BLEACH」タイアップが3連発されるが、実は「STAY GOLD」以外のシングル8作が全部アニメタイアップ曲。シングル18作に関してはアニメタイアップかそうでないかで振り分けされていて、アニメ映画タイアップの「決意の朝に」とCMタイアップだった「STAY GOLD」を入れ替えただけだったりする。アニメタイアップの場合にロック系が多かったというのもあるようだけど、『RED』は全曲太志が作曲していた一方で、『BLUE』ではバンド名義で作曲した曲が6曲も収録されているのもポイントだ。今作ではバンド感を重視した楽曲が多く、ロックバンドとしてのAqua Timezの魅力を感じられる。一方で「エデン」「手紙返信」は一転して音数を抑えたバラード曲となっており、引きの美学というか曲に合わせた最善のアレンジを行うようになった感じで新たな局面に達した様子も伺える。「イヴの結論」も今作のロックというイメージとは違うが次に繋がるようなワクワクが感じられるし、ロック系中心かと思いきや後半以降では多彩さも感じられてなかなか面白い。『RED』寄りのイメージで止まっているリスナーほど聞くと驚きがある1作。

初回盤DVDは『RED』同様の形式でのスタジオライブ映像を4曲収録。こちらにはベスト盤に選曲されなかった「カルペ・ディエム」が収録されているのもポイントだけど…ロックな楽曲が多めの『BLUE』にしてはガツンとしたロックナンバーは「MASK」くらい。メロウな「千の夜をこえて」を選ぶよりも「ALONES」「Velonica」「GRAVITY Ø」辺りの激しめのナンバーで固めた方が『RED』との違いがもっと出せたし、ロックなAqua Timezをここでは見たかった。この選曲だと『RED』での印象とあまり変わらないのがちょっと残念。

10th Anniversary Best BLUE(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  10th Anniversary Best BLUE通常盤 

印象度★★★★★

戻る