10th Anniversary Best RED(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 等身大のラブソング 太志 太志 Aqua Timez 1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』収録曲
2 決意の朝に 太志 太志 Aqua Timez 1stシングル 最高4位 売上20.8万枚
3 しおり 太志 太志 Aqua Timez 3rdシングル 最高5位 売上6.4万枚
4 小さな掌 太志 太志 Aqua Timez 5thシングル 最高4位 売上5.5万枚
5 太志 太志 Aqua Timez 6thシングル 最高2位 売上19.7万枚
6 夏のかけら 太志 太志 Aqua Timez 7thシングル 最高8位 売上2.6万枚
7 プルメリア〜花唄〜 太志 太志 Aqua Timez 10thシングル 最高7位 売上4.0万枚
8 絵はがきの春 太志 太志 Aqua Timez 11thシングル 最高8位 売上1.8万枚
9 つぼみ 太志 太志 Aqua Timez,Tomi Yo 15thシングル 最高14位 売上1.4万枚
10 ヒナユメ 太志 太志 Aqua Timez,akkin 6thアルバム『エルフの涙』収録曲
11 生きて 太志 太志 Aqua Timez,akkin 17thシングル 最高23位 売上0.6万枚
12 さくら道 太志 太志 Aqua Timez,akkin 4th配信限定シングル 初CD化
13 ねがお 太志 太志 Aqua Timez,akkin 5th配信限定シングル 初CD化
14 because you are you 太志 太志 Aqua Timez,akkin 5thアルバム『because you are you』収録曲
15 ゴールドメダル 太志 太志 Aqua Timez 6thアルバム『エルフの涙』収録曲

Additional Arrangement:Jeff Miyahara(6)
Strings Arrangement:山本拓夫(2)、弦一徹(4,5,7)、クラッシャー木村(8)、Tomi Yo(9)、akkin(11)
Horn Arrangement:akkin(13)

初回盤DVD
Studio Live"Red Jam"
No タイトル 備考
1 さくら道 4th配信限定シングル
2 6thシングル
3 生きて 17thシングル
4 ねがお 5th配信限定シングル

リリースデータ

2015年8月25日 初登場8位 売上1.1万枚 Produced by Aqua Timez Epic Records

メンバー

Vocal 太志
Bass OKP-STAR
Guitar 大介
Keyboards mayuko
Drums TASSHI

Aqua Timez10周年記念ベストアルバム。『BLUE』と同時発売で通算2,3作目のベスト盤。前ベストの続編では無く、改めてインディーズデビュー作以降の全曲からメンバーによるセレクトで選曲され、色のイメージによって2作に分割収録されている。「等身大のラブソング」と10thシングルまでは前ベストと重複しているが、「等身大のラブソング」以外のアルバム曲と配信シングルは2010年以降の選曲となっている。「生きて」はアルバム初収録(次のオリジナルアルバム『アスナロウ』にも収録)。2015年4〜6月に3ヵ月連続配信リリースされた「さくら道」「ねがお」は初CD化&アルバム初収録(こちらは今作のみの収録)。初回盤はスタジオライブ4曲を収録したDVD付。またファンクラブ限定盤(team AQUA限定盤)はDISC-2がC/W集(+レア音源1曲収録)となっている。C/Wは2作で全曲が網羅されているが、リメイクやリミックスなどは未収録。加えて2015年に新たに制作された「等身大のラブソング」のMV6パターンを収録したDVD付。初回盤とteam AQUA限定盤の収録内容が異なるため3種2パターン複数商法となる。

10周年ということでシングルも18作に達し、配信シングルやアルバム曲も加えれば本来この段階でようやく2枚組でしっかりしたベスト盤が完成する…はずだったがここにきてまさかのソニーお得意の2作分割ベスト商法が発動。例によって一応イメージで振り分けたような事にはなっているが、綺麗にシングルが半分ずつに振り分けられる辺りには大人の事情が…。2分割されてしまったのは残念だが、今作はベスト盤としてのバランスがかなり良く、Aaua Timezを聞くならまずこの2作を聞けばいいという決定版的内容になっていると思う。

この『RED』に関しては比較的メロディー重視、歌詞重視、聞かせる事重視の曲が中心。彼らは仲間由紀恵主演ドラマとのタイアップが多いが、今作には仲間由紀恵タイアップがこぞって選曲されている。CMやドラマでAqua Timezの曲を聞いたことがある人はまずは今作を手に取ればいい、という形でまとまっているのもポイントだ。最初のブレイクポイント(「等身大のラブソング」)、ドラマ、CM、紅白歌合戦などのお茶の間露出度も含めて今作の方が世間一般のAqua Timezのイメージど真ん中の曲が並んでいるのでどっちか1作といったらひとまず今作の方が入りやすいと思う。

初回盤DVDにはスタジオライブの模様を収録。サポートキーボードを1人入れる形で、スタジオで6人が円形になって生演奏している。太志のボーカルコンディションはややCDよりもハスキー気味ではあるけど、全盛期のTVや某サッカーの試合前の国歌斉唱で事故ってしまうなど生歌が厳しいイメージが強かったあの頃の印象からするとかなり安定してうまくなったと思う。

10th Anniversary Best RED(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  10th Anniversary Best RED通常盤 

印象度★★★★★

戻る