The BEST of Aqua Timez

Disc1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 千の夜をこえて 太志 太志 2ndシングル 最高12位 売上12.7万枚
2 太志 太志 6thシングル 最高2位 売上19.7万枚
3 ハチミツ〜Daddy,Daddy〜 太志 大介、太志 1stアルバム『風をあつめて』収録曲
4 STAY GOLD 太志 太志 9thシングル 最高11位 売上1.5万枚
5 小さな掌 太志 太志 5thシングル 最高4位 売上5.5万枚 再録音
6 ALONES 太志 太志 4thシングル 最高3位 売上10.5万枚 再録音
7 Velonica 太志 Aqua Timez 8thシングル 最高2位 売上5.6万枚
8 歩み 太志 太志 1stシングルC/W、1stアルバム『風をあつめて』収録曲
9 ひとつだけ 太志 太志 2ndミニアルバム『「七色の落書き」』収録曲
10 ほんとはね 太志 太志 2nd配信シングル、6thシングルC/W、3rdアルバム『うたい去りし花』収録曲
11 秋の下で 太志 太志 2ndアルバム『ダレカの地上絵』収録曲
12 青い空 太志 太志 1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』収録曲 再録音
13 最後まで 太志 Aqua Timez 新曲

Strings Arrangement:弦一徹(1,2,5,12)

Disc2
No タイトル 作詞 作詞 備考
1 等身大のラブソング 太志 太志 1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』収録曲
2 シャボン玉Days 太志 太志、大介 2ndミニアルバム『「七色の落書き」』収録曲
3 世界で一番小さな海よ 太志 太志 2ndアルバム『ダレカの地上絵』収録曲
4 決意の朝に 太志 太志 1stシングル 最高4位 売上20.8万枚
5 しおり 太志 太志 3rdシングル 最高5位 売上6.4万枚
6 希望の咲く丘から 太志 太志 1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』収録曲
7 一瞬の塵 太志 太志、大介、
OKP-STAR
2ndアルバム『ダレカの地上絵』収録曲
8 夏のかけら 太志 太志 7thシングル 最高8位 売上2.6万枚
9 いつもいっしょ 太志 太志 1st配信シングル、1stアルバム『風をあつめて』収録曲
10 星の見えない夜 太志 OKP-STAR、
大介、太志
1stアルバム『風をあつめて』収録曲
11 プルメリア〜花唄〜 太志 太志 10thシングル 最高7位 売上4.0万枚
12 向日葵 太志 太志 1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』収録曲 再録音
13 白い森 太志 太志 1stアルバム『風をあつめて』収録曲

Strings Arrangement:弦一徹(7,9,13)、山本拓夫(4)
Additional Arrangement:Jeff Miyahara(6)

リリースデータ

2009年10月14日 初登場1位 売上17.3万枚 Produced by Aqua Timez Epic Records

メンバー

Vocal 太志
Bass OKP-STAR
Guitar 大介
Keyboard mayuko
Drums TASSHI

Aqua Timez1stベストアルバム。インディーズでのデビューから5年目を記念してのもので、公式でも5年目と表記されていた。自主制作盤リリースからは5周年だが、インディーズデビューから数えると09年は4周年(5年目)である。またメジャーデビューだと3周年(4年目)となる。ここまでのシングル10曲+配信2曲+3作のアルバムと2作のミニアルバムからメンバーがセレクトした13曲+新曲1曲の全26曲。4曲が再録音されている。「プルメリア〜花唄〜」はアルバム初収録だったが、「プルメリア〜花唄〜」と新曲の「最後まで」は次のオリジナルアルバム『カルペ・ディエム』にも収録された。初回盤はこれまでに存在する全PV21作を網羅したDVD付。なお2ndミニアルバムまでは前ドラマーのアビコがドラムを担当しているはずだが(再録音した2曲は除く)、クレジットでは特に触れられていない。『空いっぱいに奏でる祈り』以来にして、メジャーでは初にして唯一の1位を獲得し、前2作のオリジナルアルバム売上を上回った。アルバムでは3番目のヒット作となる。

Disc1でシングル6曲、Disc2でシングル4曲と分散しているので2枚ともちょっとシングル多めのオリジナルアルバムのような構成になっている。ずっとシングルだけ聞いていてアルバムで最初に手に取ったのは今作だったが、今作を聞いて個人的にはシングルアーティストという印象でしばらく固まってしまった。シングル以外も悪くは無いんだけど、いくらなんでも選びすぎ。彼らの曲は暗闇から希望を見出していく非常に暖かい曲が多いこの暖かさがこのバンドの最大の魅力である。しかしこの頃は言葉数がかなり多く、ラップ調の平メロにキャッチーなサビメロというパターンも多いので、かなりお腹一杯になってしまう。このため、オリジナルアルバムは今後も聞かなくていいやとなってしまい、引き続きシングルだけ聞き続ける事にして、アルバムも聞いてみたいと改めて思ったのはこの次の次のオリジナルアルバムが出る頃まで先延ばしになってしまった。

選曲に関しても2ndアルバムのリリース時の売り文句は「最高傑作」だったはずで2ndや3rdはメンバーも当時自信作だと語っていたはずなのに何故か1stミニと1stアルバムからが各4曲と最も多い。2ndアルバム曲はそれでもまだ3曲選ばれているからいいけど、3rdは同年に出たばかりだったせいか1曲も選ばれていない(「ほんとはね」は「いつもいっしょ」同様に配信シングルという扱いが優先されていると思われる)。オリジナルアルバムを順番に聞くと彼らはアルバム出すたびに成長してブラッシュアップしてきたバンドだという事が分かるが、今作の初期寄りのアルバム曲の選曲ではそれがイマイチ分からない(「青い空」と「向日葵」は再録音されているので当時のバージョンと聞き比べると粗さが消えているのが分かるけど)。これなら今作時点では「等身大のラブソング」+シングル10曲+アルバムから厳選した数曲+新曲の1枚編成で十分だったと思う。

Best of Aqua Timez(初回盤)(DVD付) 初回盤DVD付  The BEST of Aqua Timez 通常盤 

印象度★★★☆☆

2015.9.13改訂

戻る