僕の見ている風景

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
movin'on みうらともかず,
小川貴史
Dr Hardcastle,Dice Taylor,
youwhich
youwhich  
マダ上ヲ 小川貴史,HYDRANT Dapo Torimiro,
Drew Ryan Scott
吉岡たく,
佐々木博史
 
リフレイン R.P.P. R.P.P. R.P.P.  
Troublemaker H.Suzuki Masashi Ohtsuki ha-j 29thシングル 最高1位 売上70.0万枚
T.A.B.O.O 100db 100db 100db 櫻井ソロ
サーカス Soluna iiiSAK,HYDRANT youwich  
ギフト 作田雅弥 作田雅弥 ha-j  
Everything 100+ Shingo Asari ISB 27thシングル 最高1位 売上42.7万枚
Come back to me Shigeo Shigeo Shgeo,吉岡たく 松本ソロ
10 マイガール Wonderland 多田慎也 Naoki-T 28thシングル 最高1位 売上56.0万枚
11 Magical Song youth case Fredrik"Figge"Bostrom,
Martin Ankelius
佐々木博史,
Martin Ankelius
相葉ソロ
12 let me down 田中直 田中直 田中直  

Rap詞:櫻井翔(1,2,5,12)

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Monster UNITe,Sean-D CHI-MEY 吉岡たく,佐々木博史 30thシングル 最高1位 売上70.1万枚
Don't stop 伊那村さちこ 三留一純 佐々木博史  
静かな夜に R.P.P. Dr Hardcastle,
youth case
Dr Hardcastle 大野ソロ
むかえに行くよ マシコタツロウ マシコタツロウ マシコタツロウ  
1992*4##111 二宮和也 二宮和也 ha-j,二宮和也 二宮ソロ
空高く Sean-D Yuichi Yagi Hisashi Nawata  
kagerô Soluna 小林建樹 ha-j  
Summer Splash! The 仙台セピア The 仙台セピア The 仙台セピア  

Rap詞:櫻井翔(6,8)

リリースデータ

2010年8月4日 初登場1位 売上111.1万枚 Producer:Julie K. J Storm

メンバー

相葉雅紀
松本潤
二宮和也
大野智
櫻井翔

嵐9thアルバム。ベスト盤を経てオリジナルアルバムは2年4ヶ月ぶり。初回盤DVD付(5th,6th)やソロDISC付(7th,8th)での2枚組はあったが本格的な2枚組は初で、近年やっていた通常盤1曲多いなどのジャニーズ商法もやっていない初回盤は特殊パッケージ&豪華ブックレットが付属するのみで通常盤と収録曲に違いは無い。ベストに未収録だった「Everything」以降の4シングルを収録。1ヶ月前に発売されたばかりの「To be free」は未収録となった。

普通にいいアルバム。それなりにいい曲は並んでいて総じて普通以上で勢いは感じるが、最高の1曲というのはシングル含めても特に無く、適度にいいけど凄いいいわけではない。作家陣が他で見かけたことの無いどころか嵐のこれまでの作品でも見なかったようなコードネームみたいな人たちばかりだが、予算的にはそんなにかけていないのだろうか。海外での演奏録音なども無く、打ち込みポップ中心にたまにバンド編成という感じだし。アレンジやメロディーは特に実験的でも無く、今の嵐の王道でまとまっていて正直あまり面白みは無い。サクラップがいきなり聞けるのは嬉しいが、これもDISC-1中盤には全く聞くことが出来ず、やはり物足りなさが残る。唯一面白かったというか意外に歌詞、メロ、アレンジが全部良かったのは二宮の自作ソロ曲「1992*4##111」。かねてから趣味が作曲である事を語っていたが、(以前「ファイトソング」という曲を自作していてこれもけっこうキャッチーな曲だった)、けっこう商業ベースでもいけるんじゃないだろうか。正直他のソロ曲はどれもイマイチだったが、この曲だけポップで耳に残った。

「変化なき変化」というのがアルバムコンセプトとのことだが、アルバム全体を通しての明確なコンセプトのようなものは特に感じられず(ある意味この何でも無い王道ポップ連発が「変化なき変化」といえばそうかもしれないが)、何故こういう2枚組形態になったのかが謎だ。そもそも12曲+8曲という配分が良く分からない。当初はDISC-1が本編で、DISC-2はコンセプトに沿わなかったおまけDISCなのかと思っていたが別にそんなことはない。これなら10、10でいいと思うし、それ以前に前2作のように本編とソロ曲DISCに分けたほうがスッキリしていたと思う。通常の嵐のアルバムは14,5曲なので全く問題は無かったはずである(恐らく前2作の制作と同様の流れで20曲用意してるし)。正直なところ「勢い」以外に売れた理由が分からないというか、50万ヒットが限界点の状況の中で余裕で2倍以上売れてしまうほどの破格の風格はさすがに感じられなかった

僕の見ている風景 【初回仕様盤】    僕の見ている風景【通常盤】通常盤

印象度★★★★☆

戻る