ARASHI NO.1〜嵐は嵐を呼ぶ〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Introduction〜STORM〜   鈴木雅也 鈴木雅也 インスト曲
A・RA・SHI J&T 馬飼野康二 馬飼野康二 1stシングル 最高1位 売上97.3万枚
DANGAN-LINER TAKESHI 谷本新 CHOKKAKU  
SUNRISE日本 F&T 馬飼野康二 CHOKKAKU 2ndシングル 最高1位 売上40.6万枚
サワレナイ 戸沢暢美 庄野賢一 庄野賢一  
感謝カンゲキ雨嵐 戸沢暢美 馬飼野康二 CHOKKAKU 4thシングル 最高2位 売上36.2万枚
愛と勇気とチェリーパイ 戸沢暢美 岩田雅之 岩田雅之  
Deepな冒険 戸沢暢美 飯田建彦 CHOKKAKU  
helpless 椎名祐生 ZAKI 岩田雅之  
10 On Sunday 戸沢暢美 守山茂樹 宗像仁志  
11 野生を知りたい 久保田洋司 ZAKI ZAKI  
12 アレルギー TAKESHI 岩田雅之 岩田雅之  
13 ココロチラリ TAKESHI 原一博 原一博  
14 台風ジェネレーション
-Typhoon Generation-
久保田洋司 馬飼野康二 大坪直樹 3rdシングル 最高3位 売上36.1万枚

リリースデータ

2001年1月24日 初登場1位 売上32.3万枚 ポニーキャニオン

メンバー

大野智
櫻井翔
相葉雅紀
二宮和也
松本潤

嵐1stアルバム。99年11月のデビューから1年以上たってようやくのアルバム発売だった。初回盤は特殊パッケージ仕様。通常盤はブックレットのページ数が多い。結局ポニーキャニオンからリリースしたアルバムはこれ1枚きりで、この後シングル2枚リリースした後は自らのレーベルJ-Stromを設立して移籍することとなる。その際にポニーキャニオン時代の作品は全て廃盤になった。シングルは全て次の『Single Collection』に収録されているが、今作も現在廃盤となっているため貴重な1作となっている。

基本的には90年代中盤、『夜空ノムコウ』以前のSMAP路線とほとんど同じ。まず思うのは一昔前のSMAPのようだという事である。実際作家陣もあの頃のSMAPを手がけていた人たちが多いのだけどそのSMAP路線にシングル曲や一部のアルバム曲に少々ラップの要素を入れた感じ。ラップにしても櫻井のラップはまだまだ普通の声でアイドルラップしてる感じで後に出てくるような完全にあっちサイドのラッパー翔といった雰囲気は欠片もない。以降のアルバムでは路線変更が図られてより嵐らしさを確立していくのでこのアイドル全開の嵐は今作でしか聞けない。嵐らしさという点ではどうかとも思うが肝心の曲の方はデビューから1年も待たせただけあってシングルはもちろんのことアルバム曲のレベルも非常に高く一気に聞くことが出来る。6までの前半戦のテンションの高い流れなど最強すぎる。中盤以降はアルバム曲続きだがここもダレず気合の入った曲が並んでいる。当時のシングルの印象としては『A・RA・SHI』の強烈なインパクトや続くシングルタイトルの妙なインパクトもあってどこか飛び道具的な印象があり、まともに曲を聴くのもなんだかなという感じもあったのだが…ちゃんと聞いてみないと分からないもんだね

ARASHI NO.1-嵐は嵐を呼ぶ-

印象度★★★★☆

戻る