Only Lonely

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Only Lonely 浅岡雄也 浅岡雄也 浅岡雄也  
2 希望という名の空を見上げて 浅岡雄也 浅岡雄也 浅岡雄也  
3 サヨナラも言えずに 浅岡雄也 浅岡雄也 浅岡雄也  
4 Only Lonely(Remix) 浅岡雄也 浅岡雄也 Dj croCk リミックス
5 希望という名の空を見上げて(Remix) 浅岡雄也 浅岡雄也 uyax リミックス

Arrange Supported by 安部潤(3)

リリースデータ

2013年3月31日(発送は4/1より開始) 自社通販限定 Produced by 浅岡雄也
Sound Produced by 田辺トシノ
FLY BLUE

浅岡雄也4thミニアルバム。前3作同様に自称ミニアルバムで、表題曲を中心とした新曲3曲の実質シングル作品。今回ジャケットには「Only Lonely」の下に「希望という名の空を見上げて」も小さく表記されていて、プチ両A面のような扱いになっている。前作ではデモやカラオケの追加収録で水増ししていたが、今作では再び新曲3曲とリミックス2曲に戻っている。ギター、ベース、ドラムはミュージシャンを招いての生演奏。「サヨナラも言えずに」のチェロも打ち込みではなく生である。アレンジのサポートとして安部潤がクレジットされているが演奏には参加していない。メジャー時代からサポート参加している田辺トシノは演奏ではベースとエレピでの参加となっており、録音でも自宅スタジオを提供している(他には浅岡本人の自宅スタジオと別のスタジオ)。エンジニアの名義も浅岡本人(もう1人のエンジニアと共同名義だが「サヨナラも言えずに」のミックスは単独で担当)、写真も本人名義になっているなど自主制作色が今回も強い。ケースの簡素化も進んでいたが、前作に続いて帯なしの5mmサイズ(市販のCD-R用のもの)の薄型ケースとなっている。今回は裏面が曇り仕様になっているという変化が。品番に関しては統一する気が無いらしく、今回は「FBAL-20130331」と発売日になってしまった

自主レーベル以降になってドラムを生にすることにこだわるようになって、メジャー時代の打ち込みによる安っぽさが抜けて大きくサウンド面が飛躍していたが、それでもあくまでソロ名義だし、何より歌声こそが最大の武器だったので演奏はあくまでバックバンドという感じだった。「Only Lonely」はミディアムな曲調で決して激しい曲ではないのだが、かなりギターベースドラムが前にグッと出ていて、まるでその場でセッションしているかのようにバンドとボーカルが一体となっている印象。このアレンジ面での工夫で今回はかなり新鮮に聞こえた。最初と最後でバンドメンバーに合図をするかのような掛け声みたいなのがそのまま入っているラフな感じもまたいい。「希望という名の空を見上げて」は王道のミディアム系夢追いソングでFOV時代の「夢見続けて今も」から年月を経た深みも感じられるような1曲。「サヨナラも言えずに」はアコギとチェロだけのバラードナンバー。リミックスに関しては2曲とも曲自体は潰していないが、あまり音数の多くないシンプルな電子音主体で声を加工。相変わらずリミックスはイマイチ良さが分からない。リミックス入れるなら前作みたいなデモバージョンのほうがいいのに…。

というわけで今回もファンなら聞いて損は無い。自称ミニアルバムで帯も無い薄型CD-Rケースという自主制作感全開のCDで2000円+送料500円は割高とはいえ、この状況でしっかり生音サウンドを維持してくれているし、それ相応のクオリティを維持するためのお布施だと思おう。しかし…帯というか背文字が無いとラックに入れても何も無いのでこれが増え続けると分からなくなる…。

自社通販限定(視聴リンクもあり)

印象度★★★★☆

戻る