ウタノチカラ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ripple   浅岡雄也 浅岡雄也 インスト
Re:start 浅岡雄也 熊谷憲康 中尾昌文  
missing piece 浅岡雄也 浅岡雄也 安部潤  
風花 浅岡雄也+Karin 浅岡雄也 熊谷憲康  
はぐれたROMANCE 浅岡雄也+Karin 熊谷憲康 中尾昌文  
if 浅岡雄也+Karin 浅岡雄也 安部潤  
君を待ってる 君だけ待ってる 浅岡雄也 浅岡雄也 浅岡雄也  
夏の足跡 浅岡雄也 熊谷憲康&浅岡雄也 熊谷憲康  
蒼い孤独 浅岡雄也 熊谷憲康 安部潤  
10 Brand new day 浅岡雄也 熊谷憲康 熊谷憲康  
11 ウタノチカラ 浅岡雄也 浅岡雄也 浅岡雄也  

リリースデータ

2003年7月30日 初登場50位 売上0.5万枚 Produced by U-ya Asaoka トライエムmeldac

浅岡雄也1stアルバム。02年12月1日の赤坂BLITZでのライブを最後に解散したthe FIELD OF VIEWボーカルのソロデビュー作。シングルなしでのアルバムデビュー。解散からすぐの01年1月にソロ公式サイトが立ち上がり、およそ半年後にデビューとなった。事務所もレコード会社も変わったが、ソロデビューのニュースはtFOVの公式サイトでも告知された。山野楽器、新星堂、タワーレコードといった主要CDショップによってジャケットが異なる仕様で全部で4種類ジャケットがあるらしい。今作の制作陣の1人には初期のFOVメンバーだった安部潤が参加している。SPECIAL THANKSの欄には「MEMBER of the FIELD OF VIEW」と元メンバー3人の名前や、後に参加するLINDBERGドラマーの小柳“Cherry”昌法、織田哲郎やT-BOLANギタリスト五味孝の名前も掲載されている。

1曲の短いインストを経て、FOV時代後期には見られなかったストレートなさわやかアップテンポが連続で続く。6曲目以降はややテンポを落とした曲が続くが、「Brand new day」では力強いアップテンポ、「ウタノチカラ」では歌手としての決意をシンプルなサウンドに乗せて歌い上げる。最初に聞いた時はFOV時代のような応援歌&ラブソングという期待していた2本の軸によるさわやか路線への回帰に安心したものの、似たような曲が多くなかなか各楽曲が耳に残らなかった。なまじFOVとほとんど同じようなさわやかポップスをやっているだけに、打ち込みアレンジの弱さや曲の単調さが気になってしまう。ギター以外の大半が打ち込みのようでベースは4曲で使用されているが、ドラムは全部打ち込みだ。当時まず感じたのはFOVはなんだかんだ4人の総合力+ビーイングのプロデュース能力が確かなものだったんだな、ということとこの路線で行くならFOVを越えるのは至難だろうな…ということだった。アッパー連続、ミディアム連続という曲構成も少々バランスが悪いように思う。ただようやく曲が馴染んできた頃には2〜6、10、11辺りは甲乙つけがたい名曲に思えるようになり、アルバム全体の印象も上がった。

ウタノチカラ

印象度★★★★☆

戻る