ウタウタイ 其の一

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ヒカリ 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  
ウタノチカラ〜Arrange 2006〜 浅岡雄也 浅岡雄也 安部潤 1stアルバム『ウタノチカラ』収録曲 リメイク
モドレナイダケナンダ 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  
アリガトウ 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  
コトノハ〜Arrange 2006〜 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ 2ndアルバム『コトノハ』収録曲 リメイク
ココロ 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  
キボウノネイロ〜Arrange 2006〜 浅岡雄也 浅岡雄也 末松一人 3rdアルバム『キボウノネイロ』収録曲 リメイク
サヨナライツカ 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  
トキノシズク〜Arrange 2006〜 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ 4thアルバム『トキノシズク』収録曲 リメイク
10 アイシテル 浅岡雄也 浅岡雄也 田辺トシノ  

リリースデータ

2006年4月26日 初登場130位 売上0.2万枚(300位集計) Produced by 浅岡雄也
Sound Produced by 田辺トシノ
徳間JAPAN トライエム

浅岡雄也5thアルバム。通常のオリジナルアルバムとは異なり、アコースティックにこだわったコンセプトアルバム第一弾。新曲6曲とこれまでの4枚のアルバム表題曲をアコースティックにリアレンジして収録。基本的にGuitar:末松一人、Bass&Piano:田辺トシノ、Drums:小柳チェリー昌法(元LINDBERG)による楽曲が多い。他に3,4のドラムなしの曲でPercussion:はたけやま裕、8でVl:中垣真衣子、2でPiano:安部潤が参加している。何故か通常サンクスとは別に1行あけてVery Special Thanks to 織田哲郎という記述もある。其の一となっているものの其の二は発表されていない

シンプルな編成の曲が並んでいるがソロになって初の生ドラム使用による生のバンドサウンドが実現というのが最大のポイント。まさかここで生バンド編成になるとは思わなかった。基本はアコースティック路線で2のピアノオンリーと9のギターオンリー、7,8もほぼ弾き語りだが他はシンプルな生音中心のバンドサウンドとなっている。冒頭の『ヒカリ』は夢を信じようよというタイプの応援歌タイプの曲ではあるがこれまでと違い非常にくじけるギリギリのところででもヒカリは在ると信じるというような展開になっている。ここまで切迫したところからの希望を描いた曲は過去になかったので新鮮だし今までよりも強く響く。その他、ピアノ1本の『ウタノチカラ』や生音編成による『コトノハ』のリアレンジは改めて原曲以上に歌へのこだわりと力が感じられる。ただこのシンプルな作風だと10曲でもちょっと多く感じてしまうところもある。其の二は結局出なかったけど、5曲入りミニアルバムにして其の一、其の二に分けてしまっても良かったかも。

ウタウタイ 其の一

印象度★★★☆☆

戻る