未だ見ぬ明日に

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 脈打つ生命 後藤正文 後藤正文  
2 サイエンスフィクション 後藤正文 後藤正文,山田貴洋  
3 ムスタング 後藤正文 後藤正文,山田貴洋 14thシングル『ソラニン』C/W(カット)
「ムスタング(mix for 芽衣子)」としてリミックス
4 深呼吸 後藤正文 後藤正文  
5 融雪 後藤正文 喜多建介,後藤正文  
6 未だ見ぬ明日に 後藤正文 後藤正文  

リリースデータ

2008年6月11日 初登場2位 売上8.1万枚 Produced by ASIAN KUNG-FU GENERATION Ki/oon Records

メンバー

Vocals,Guitar 後藤正文
Guitar,Vocals 喜多建介
Bass,Vocals 山田貴洋
Drums 伊地知潔

ASIAN KUNG-FU GENERATION2ndミニアルバム。前作『ワールド ワールド ワールド』からわずか3ヶ月で発売された。シングルリリースは無く、全曲が新曲。『ワールド ワールド ワールド』とほぼ同時期に制作され、コンセプトに沿わないために外された曲で当初は『ワールド ワールド ワールド』を2枚組にする計画もあったとされている。『ワールド ワールド ワールド』封入のチラシには既に今作の発売が告知されていた。「ムスタング」は漫画『ソラニン』インスパイアされて作られた曲で2010年に『ソラニン』が実写映画化された際にはED曲として起用され、主題歌となった14thシングル「ソラニン」C/Wにミックスを変更した「ムスタング(mix for 芽衣子)」として収録された。売上は前作の半分程度となり初の10万割れとなった。初回盤はデジパック仕様。前作同様に英訳された歌詞カードが別途封入されている。

『ワールド ワールド ワールド』に外された曲で構成されたミニアルバムということで軽視されがちなところはあるが、コンセプトに合わなかっただけで劣っているわけではないし、実験に走ったわけでもない。むしろ1曲単位での強さは今作の方が強く、これだと『ワールド ワールド ワールド』に入れたら良くも悪くも目立ってしまいアルバム全体の統一感が崩れるかなといったところ。この時期かなりノリにノっていたようで高値安定の実にアジカンらしさを凝縮したような良盤に仕上がっていると思う。

未だ見ぬ明日に     

印象度★★★★☆

2016.7.26更新

戻る