サーフ ブンガク カマクラ

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 藤沢ルーザー 後藤正文 後藤正文 12thシングル 最高6位 売上2.6万枚
2 鵠沼サーフ 後藤正文 後藤正文 9thシングル『或る街の群青』C/W
3 江ノ島エスカー 後藤正文 後藤正文 11thシングル『転がる岩、君に朝が降る』C/W
4 腰越クライベイビー 後藤正文 後藤正文  
5 七里ヶ浜スカイウォーク 後藤正文 後藤正文  
6 稲村ヶ崎ジェーン 後藤正文 後藤正文  
7 極楽寺ハートブレイク 後藤正文 後藤正文  
8 長谷サンズ 後藤正文 後藤正文  
9 由比ヶ浜カイト 後藤正文 後藤正文 10thシングル『アフターダーク』C/W
10 鎌倉グッドバイ 後藤正文 後藤正文  

リリースデータ

2008年11月5日 初登場2位 売上9.1万枚 Produced by ASIAN KUNG-FU GENERATION Ki/oon Records

メンバー

Vocals,Guitar 後藤正文
Guitar,Vocals 喜多建介
Bass,Vocals 山田貴洋
Drums 伊地知潔

ASIAN KUNG-FU GENERATION5thアルバム。08年3作目のアルバムで、ミニアルバム『未だ見ぬ明日に』から5ヵ月、前フルアルバム『ワールド ワールド ワールド』からも8ヵ月でのリリース。先行シングル「藤沢ルーザー」と、『ワールド ワールド ワールド』に収録されていた3シングルのC/Wを収録。全曲が江ノ島電鉄の駅名+カタカナというタイトル表記で統一されている。C/W3曲はイントロを短くしたり、カウントや笑い声を削除するなどの編集が施され、それぞれ数秒〜数十秒短くなっている。『未だ見ぬ明日に』を多少上回ったものの10万割れとなり、フルアルバムとしては初となった。初回盤はスリーブケース仕様。また英訳歌詞カードが別途封入されている。

06年のシングルからC/Wで「江ノ電駅名+カタカナ」タイトルの曲がシリーズのように続いていたがそれら3曲に新曲を加えてアルバムとして一挙完成させた企画色の強いアルバム。ローカル色が極めて強く、江ノ電に馴染みが無いと面白味もほとんどないというかなんだか良く分からないというのが正直なところ。湘南とか江ノ電というとサザンやTUBEなどの夏バンドのイメージが強くアジカンのイメージとはなんか違う感じがあり、アジカンのアルバムの中ではかなり異色な作品だ。

ざっくり言ってしまえばいつものギターロックサウンドではあるけど全体にリラックスした佇まい。通常でも3,4分程度と曲がコンパクトなアジカンだが、今作はさらに短めで2,3分台の曲が多いので10曲入って30分程度。いつも以上のコンパクトさもあってさらっと聞けるのも今作の特徴だ。とはいえ江ノ電がご当地なリスナー以外がいきなり入口にするような立ち位置のアルバムではなく、他の作品よりもファン向けな部分も強いと思う。

サーフ ブンガク カマクラ  

印象度★★★☆☆

2016.8.1更新

戻る