ワールド ワールド ワールド

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 ワールド ワールド ワールド   後藤正文,喜多建介,
山田貴洋,伊地知潔
 
2 アフターダーク 後藤正文 後藤正文,山田貴洋 10thシングル 最高6位 売上6.0万枚
3 旅立つ君へ 後藤正文 後藤正文  
4 ネオテニー 後藤正文 後藤正文,喜多建介  
5 トラベログ 後藤正文 後藤正文  
6 No.9 後藤正文 後藤正文  
7 ナイトダイビング 後藤正文 後藤正文 一部に喜多のボーカルパートあり
8 ライカ 後藤正文 後藤正文  
9 惑星 後藤正文 後藤正文  
10 転がる岩、君に朝が降る 後藤正文 後藤正文 11thシングル 最高6位 売上4.4万枚
11 ワールド ワールド 後藤正文 後藤正文  
12 或る街の群青 後藤正文 後藤正文 9thシングル 最高4位 売上6.4万枚
13 新しい世界 後藤正文 後藤正文  

リリースデータ

2008年3月5日 初登場1位 売上16.3万枚 Produced by ASIAN KUNG-FU GENERATION Ki/oon Records

メンバー

Vocals,Guitar,Piano 後藤正文
Guitar,Vocals 喜多建介
Bass,Vocals 山田貴洋
Drums 伊地知潔

ASIAN KUNG-FU GENERATION4thアルバム。編集盤『フィードバックファイル』を経て2年ぶりのオリジナルアルバム。前作以降の3シングルを収録。表題曲「ワールド ワールド ワールド」は歌詞は無いがインストではなく、コーラスは入っている。『フィードバックファイル』をわずかに上回る程度でそれ以前の4作を下回る売上ではあったが、『ソルファ』以来2度目となる1位を獲得した。初回盤はスリーブケース仕様。また今作より全曲を英訳した歌詞カードが別途封入されるようになった。

さらっと聞いているとシングル曲にしてもブレイクした頃のような強いインパクトも無く、全体に平坦に過ぎていくようなアルバムで悪くは無いがなんとも言えないといった感じだが、もう少しちゃんと聞いてみるとかなり良く思えてくるし、進化を感じられる不思議な魅力があるアルバム。改めて前作『ファンクラブ』は内省的だったなと思うくらい、今作は意識が外に向かっていて開放感があるんだけど、それ以上にスッキリ聞こえるのは単純に収録時間が短くなり、よりコンパクトさが増しているというのもある。代表的な1曲というのは無いけどアルバムトータルではこれまで以上の完成度はあると思う。

ワールド ワールド ワールド   

印象度★★★★☆

2016.7.24更新

戻る