azusa

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
明日晴れたら azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
i Love azusa azusa azusa,t.sato&r.wat 1stシングル 最高30位 売上0.7万枚
マングローブの森 azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
夢ノート azusa azusa azusa,t.sato&r.wat 3rdシングル 最高38位 売上0.6万枚
ふーる ふーる azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
真夏のフォトグラフ azusa azusa azusa,t.sato&r.wat 4thシングル 最高38位 売上0.3万枚
ナミダアメ azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
Two of us azusa azusa t.sato  
好きよ azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
10 君のままで azusa azusa azusa,t.sato&r.wat 2ndシングル 最高22位 売上0.7万枚
11 Just be a friend azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
12 夏祭り azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
13 フラワー azusa azusa azusa,t.sato&r.wat  
14 stories〜azusa self-cover ver.〜 azusa azusa azusa,t.sato&r.wat アルバム『TVアニメ「アマガミSSCharacter Image Songs「For You…」』提供曲 セルフカバー
配信限定シングル

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2011年8月31日 初登場37位 売上0.3万枚 Produced by George Ono ポニーキャニオン

azusa1stアルバム。結果的に唯一のアルバムスパークリング☆ポイントの元メンバーで、スパクリ時代末期のシングルで自作曲シングルをリリースしていたが07年凍結後は1人だけソロ活動を開始。ライブを中心に自作楽曲を発表し、09年の正式解散発表後もライブ活動のみ継続していた。最終的には事務所White Dreamには残りビーイングは離脱(他の2人のメンバーは明日香は事務所も移籍、亜衣里は音沙汰なし)。2010年にポニーキャニオンに移籍してシンガーソングライターとして再デビューした。83年から長年ビーイング在籍だった渡部良08年にビーイングを退社し設立したヴェインティイウノという会社が音楽制作を行っている。スパクリが活動していた時期は共にビーイング所属だったことからその関係で独立した渡部が当時から音楽制作を開始していた梓の才能を見て才能を発揮する新天地を与えたものと思われる。またヴェインティイウノの会社紹介に90年のビーイング時代に「アニメーションテーマ曲への積極的な参加を推進」とあるのでこれが本当なら「スラムダンク」から現在の「コナン」に通じるビーイングのアニメタイアップを推進していたのが渡部さんで、恐らくその関係から、知名度がほとんど無い状態のazusaの魅力を手っ取り早く確実に売っていくためにコネクションがあった(?)アニメ方面へ売り込んだものと思われる。またビーイング繋がりで4,6ではピアノを担当しているのはDIMENSIONの小野塚晃である。シングルは全てタイアップ先アニメのジャケットで本人が登場していなかったが、今作は初めて本人写真ジャケットとなっている。初回盤はシングルPV4曲を収録したDVD付。

宅録のようでクレジットにもギターやピアノなどが数曲でクレジットされているのみとなっており、ほとんどは打ち込みのようだが落ち着いたポップス路線のバンドサウンド風の音色になっている。軟水系シンガーとも紹介されているが、非常にスウィートながら甘すぎないひたすらに心地いいボーカルが最高の持ち味。スパクリ時代は大半の時期を素人ラップや無理に都会ぶったサウンド等に費やしており、そもそも終盤以外はセンターでも無かったのでまさかここまでいい声を持っているとは気付かなかった。まさにこれこそがazusaの声を生かした最良の路線だと思う。楽曲自体はバラード主体ではなくわりかしゆったりしたものは多いがアッパーな曲もあるし、意外と色々な曲調が入りつつもまとまっている印象。手作り感漂いつつもマイペースに好きな音楽を楽しんでいるリラックスした感じもある。再デビューは知っていたが視聴者向けのアニメ仕様のシングルしか出していなかったので興味がわかずシングルは聞いておらず、今回も何となく手に取っただけだったがすっかりはまってしまった。ソニー等のアニメタイアップではなく、シングルで本人を打ち出さないアニメに即した作りのCDしか出していなかったためか、今作もアニメ系にカテゴライズされ、CD屋やレンタルでの置き場も完全にアニメコーナーになっていたがあまりアニメソングという感じはしなかった(なおazusaは声優はやっていない)。心地いいポップスを聞きたい人にはお勧めの作品である。

今作以降も2012年にシングル3枚を発表しているがリリースはこれが最後となった。2013年1月にはワンマンライブも行ったが、活動は停滞し、11月のブログで「今のステージを一旦終了し、次のステージへ向かって歩き出そうと思っています」という曖昧な表現で事実上の引退を宣言。活動終了となった。このため、2012年のシングル3枚はアルバム未収録のままとなっている。

azusa 1st Album azusa(DVD付)初回生産限定盤初回盤DVD付   azusa 1st Album azusa[通常盤]通常盤

印象度★★★★☆

戻る