BAAD

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
君が好きだと叫びたい 山田恭二 多々納好夫 明石昌夫 3rdシングル 最高16位 売上37.6万枚
DO YOU WANNA HOLD ME? 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
MISTY LOVE 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
JUST TAKE MY HEART 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
WILD THING 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
傷付いても止まらないでいたい 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
愛したい愛せない 山田恭二 羽田一郎 葉山たけし 2ndシングル 最高23位 売上5.0万枚
街は優しく色づいてく 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
I WILL NEVER SAY GOOD-BYE 山田恭二 大田伸一郎 明石昌夫  
10 どんな時でもHold Me Tight 山田恭二 瀬木佑未子 明石昌夫 1stシングル 最高81位 売上1.8万枚

リリースデータ

1994年2月23日 初登場16位 売上3.8万枚 Produced by BMF ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 山田恭二
Guitar 大田伸一郎
Bass 小林正道
Drums 新井康徳

BAAD1stアルバム。93年2月デビュー。シングル3枚を収録。当時のビーイングはメンバーが固定しない状態でボーカリスト優先のユニット形式でデビューさせるケースが多かったが最初からバンド形式だった。アニメ「スラムダンク」OPだった「君が好きだと叫びたい」がトップ10入りできなかったもののロングヒットしていた中でのリリースだったが、1stシングルを越えたものの2ndシングルすら下回ってしまった。以降の2枚のアルバムは100位圏外だったため、これが唯一のチャートインアルバムとなる。当時のZAIN RECORSSの流れで楽曲解説を記載したライナーノーツが封入されている。

実は織田哲郎の提供が1曲も無いという当時のビーイングとしては異例のバンドで、シングル以外が早くも自作、作詞は最初から全てボーカル山田…と独立している感があるのだが、サウンド自体にはあまり特徴が無く、あまりBAADらしさ的なものが見えない。他のビーイングと比べてもバンド色が強く(ただし1stシングルだけドラムがやたら軽くて打ち込み臭が強い)、山田の高音ボーカルを生かした爽快なロックサウンドが展開している。ただこれも「君が好きだと叫びたい」が強すぎて他の曲はどれもそこそこ程度にしか思えなかった。残りのシングル2曲がかなりの勢いでイマイチな中でアルバム曲の方が圧倒的に勢いがあるというねじれた感じは逆に新鮮だった。特徴があまり無いものの、サウンド自体は統一感があるし、時間も短いのでわりかし聞きやすいアルバムではある。バンドサウンドだけに最初の頃の打ち込み全開だったT-BOLANやWANDSのような極端な軽さや古さは感じない。

BAADは何故かat the BEING studioでもスルーされ、ベスト盤がない。さらに中古でもほとんど見かけないし(REVやZYYGより無い)、ボーカルチェンジ後の3rdアルバムは希少すぎて中古価格が超高騰状態である。また生き残ったのがコーラスシンガーとして重宝された大田だけというのも一風変わっている。ボーカル山田は途中で脱退してしまうし、生き残ったとはいえ大田も現在在籍しているdoaでは作曲を一切やっていない、提供もほとんどしていない…などメインライターだったにも関わらず作曲から手を引いてしまっており謎も多い。

BAAD

印象度★★★☆☆

戻る