B-SOUL

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
TONIGHT 早川悠 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH  
エゴイスト BAAD 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH  
恋してはじめて知った君 BAAD 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH 10thシングル 100位圏外
百戦錬磨の恋の戦士になって 大田紳一郎 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH  
DON'T CRY NOW 新井康徳 大田紳一郎 BAAD  
FOLLOW ME 早川悠 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH 9thシングル 100位圏外
戻れない時間の中 BAAD 大田紳一郎 BAAD 6thシングル 100位圏外
胸に抱いて忘れない 早川悠 大田紳一郎 BAAD 7thシングル 100位圏外
BLUE MOON 早川悠 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH  
10 FOREVER 早川悠 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH  
11 Kiss Me 大田紳一郎 大田紳一郎 BAAD&T.SAITOH 8thシングル 100位圏外
12 I Wanna Hold Your Heart 大田紳一郎 大田紳一郎 BAAD 6thシングルC/W

リリースデータ

1998年9月23日 100位圏外 Produced by BMF 日本コロムビアBeat reC

メンバー

Vocal 秦秀樹
Guitar&Vocal 大田伸一郎
Bass 小林正道
Drums 新井康徳

BAAD3rdアルバム。95年はリリースが無かったが、96年に日本コロムビアへ移籍。この際にボーカル山田恭二が脱退し、新たに秦秀樹がボーカルとして加入した。秦加入後のBAADは96年8月かリリースを開始したが、シングル5作は全て100位圏外。アルバムでも2作連続の100位圏外となり、全作100位圏外となった。今作以降は音沙汰が無くなり、ZYYGのような公式での解散事後告知もなく、そのまま自然消滅となった。00年2月のFIELD OF VIEWのシングル「Beautiful day」に大田がコーラス参加した際は「from BAAD」という記述があったが、01年2月のZARDのアルバム『時間の翼』にコーラス参加した時点ではその表記は無くなっている。しかしその後も大田紳一郎はビーイングに残留し、コーラス要員として重宝され、04年にはdoaのメンバーとして再デビューを果たしている。ただdoaは全作編曲が徳永暁人になっており、大田は全く作曲しておらず、社内での曲提供も数える程しか無く、作曲活動からはほぼ引退状態となる。またBeat reCレーベルは所属していたPAMELAHも活動を停止し、唯一活動していたFIELD OF VIEWも01年春にZAINに戻ったことで消滅した。Beat reCレーベルのCD作品はBAADに限らず全てが廃盤、ビーイングの配信サイト「Musing」での取り扱いも無い。特にチャートイン記録のないBAADは市場にほとんど出回っていないので希少価値がつき、現在は中古市場で高値で取引されているレア盤と化している。

ボーカルチェンジが最大のトピックだが、編曲もバンド名義になっており、明石昌夫編曲だった山田ボーカル時代と比べると主にキーボード、打ち込みの音の雰囲気が大きく変わった。キーボードとプログラミングは「I Wanna Hold Your Heart」のみ池田大介で、残りは編曲に参加している曲にT.SAITOHとクレジットされている。今作のディレクターがTATSUO SAITOHとなっており、同一人物と思われる。秦の歌声は、この少し前に行われたWANDSと同様に、聞き込んだ人が聞けば明確に違うけど、ライトリスナー的にはわりと似通った声、といった感じ。高音さわやか系というのは共通しているが、秦の方が若干甘めで若々しく、ルックスにしても当時の髪を切って濃い化粧を辞めた元V系みたいな女性ウケしそうな雰囲気だ。サウンド面ではあくまでギターロックではあるが、山田時代に比べるとハードな要素が薄れている。ややポップな要素を盛り込んでいて、個人的にはこのくらいの方が聞きやすいし、キーボードの使い方もあくまでサポートメンバー的な立ち位置で、バンド演奏にいいスパイスを加えていていいと思う。ただメロディーの方は大田紳一郎で固定されており、これが全曲ハズレは無いんだけど、大きな当たりも無いといった感じ。もちろん全作品が100位圏外というのは不当すぎるんだけど、なんかこうパッと聞いて引き込まれるようなもう1つ突き抜けた曲が欲しい感じはする。アルバムとしては印象がいいし、何度か聞いていると良さは見えてくるのでなんだかんだ満足度は高いが、入手困難な作品だけに定価の3倍くらい払う価値があるかというと少し微妙ではあるかも。

B-Soul  

印象度★★★★☆

戻る