GET BACK TOGETHER

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
抱きしめたいもう一度 山田恭二 川島だりあ 明石昌夫 4thシングル 最高50位 売上2.0万枚
夢から醒めないで〜Keep It Comin'〜 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
STRANGE WOMAN 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
LOST IN TWILIGHT 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
孤独なHungry Soul 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
SADISTIC LOVE 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
GET BACK TOGETHER 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
はやく捨てちまえ 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
FREE 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫  
10 君はマニュアル通りには動かない 山田恭二 大田紳一郎 明石昌夫 5thシングル 最高83位 売上0.4万枚

リリースデータ

1994年11月21日 100位圏外 Produced by EXIM ZAIN RECORDS

メンバー

Lead Vocal 山田恭二
Guitar&Vocal 大田伸一郎
Bass 小林正道
Drums 新井康徳

BAAD2ndアルバム。前作から9ヶ月でのリリース。間に発売した2作のシングルを収録。ZAIN恒例の楽曲解説が書かれたレコーディング・ノーツ封入。人気が定着せずにシングルを出すたび売上が下がっていったが、「君はマニュアル通りには動かない」がBAAD史上最後の100位以内チャートイン作となってしまい、今作は一気に100位圏外となった。ここまでハイペースだったが今作以降リリースが停止。95年はアニメ「スラムダンク」の劇中歌として使用された1コーラスのみの未完成曲「ENDLESS CHAIN」がアニメサントラに収録されたのみ。96年にコロムビアに移籍して再始動となるが、その際には山田が脱退し、ボーカルが交代した。このため今作が山田ボーカル時代最後の作品となった。

制作陣も変わっておらず基本的には1stアルバムの延長戦にある作風だが、前作よりもバンドサウンドが前に出ており、ハードさが強調されている印象。といっても明石昌夫の編曲なのであくまでビーイング的な作風の中でのハードさであり、2期WANDS末期やZYYGの3rdのような独自路線を切り開いてのハードさとは異なる。またメロディーはあくまでさわやかでキャッチー。「君が好きだと叫びたい」のインパクトを越えるような特出した曲は無いが、どの曲も一定以上のクオリティなので逆にアルバムとしては飽きずに聞けて前作より完成度が上がったと思う。1stがイマイチだったし、入手も面倒だったのでしばらくスルーしていたのだが、やはりいくらヒットシングル収録といってもビーイングのバンドは1stアルバムだけで判断してはいけない。次回作でのボーカルチェンジでまた少し色が変わってしまうが、出来れば山田ボーカル時代の更なる発展も聞いてみたかった。

GET BACK TOGETHER  

印象度★★★★☆

戻る