R

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
この海の遥か向こうには 中沢晶 今村啓一 BAJI-R&長田直也  
paradise 中沢晶 織田哲郎 BAJI-R&織田哲郎 6thシングル 100位圏外
友だち 中沢晶 梶原崇史 BAJI-R&長田直也  
明日の地図 中沢晶 長田直也 BAJI-R&長田直也 4thシングル 100位圏外
ラクダに乗って 中沢晶 中沢晶 BAJI-R&長田直也  
テクノポリスの太陽 中沢晶 今村啓一 BAJI-R,織田哲郎&長田直也  
ドライブ 中沢晶 田村滋 BAJI-R  
意味不明 中沢晶 中沢晶 BAJI-R&長田直也  
「愛してる」 中沢晶 中沢晶 BAJI-R&長田直也 5thシングル 100位圏外
10 幸せになろう 中沢晶 田村滋 BAJI-R&長田直也 3rdシングル 100位圏外
11 rhythm 中沢晶 今村啓一 BAJI-R&長田直也  

リリースデータ

1999年5月21日 初登場77位 売上0.3万枚 Produced by 織田哲郎 ソニー

メンバー

Vocals,Percussion 中沢晶
Bass,B.Vocal,Percussion,Keyboards 田村滋
Drums,B.Vocal,Percussion,Keyboards 梶原崇史
Guitars,E.Sitar,B.Vocal,Percussion,Keyboards 今村啓一

BAJI-R2ndアルバム。BA-JIとしてビーイングで活動していたが1stアルバムの後の2ndシングル『青い風』を最後にわずかデビュー1年で活動が停止2年の沈黙を経て98年にBAJI-Rに改名、移籍して活動を再開した。背景にはプロデューサーの織田哲郎が96年にビーイングではなくエイベックスと手を組んで相川七瀬をプロデュースしたことでビーイング側が激怒、織田はビーイングを離脱、ZARDへの提供も98年でストップして以降ビーイングと一切関わらなくなった。織田がプロデュースしていたBA-JIもおそらくこのあおりを喰ってしまう形で移籍と活動休止を余儀なくされたものと思われる。今作も織田哲郎プロデュースだが、1曲提供、1曲アレンジに参加した程度で、実際にはディレクターとしてクレジットされている長田直也がメインで協力している。移籍したはいいが、シングルはチャートインできず、アルバムでかろうじての初チャートインとなった。しかし結局00年にリリースした5曲入りマキシシングル『白い月のタンバリン』もチャートインせず、これを最後に契約が終了したようでそのまま解散してしまった。

移籍しても彼らの自由さは変わっていない。ポップなメロディーに自由なサウンドが展開。ただ前作同様に自由すぎてほとんどバンドは放棄。演奏陣のメインの担当楽器よりもシンセやキーボードサウンドが完全に中心になっているので、特にドラムとかあんまり叩いてないんじゃないかという勢い。また前作同様に最も彼らの自由さが活きそうな明るくて元気いっぱいの曲が少ないため、全体的にかなりメロディーは耳に残るものの、イマヒトツ突き抜けきれていないような感じもする。個人的には飽きないポップサウンドとメロディーはかなりいいんだけど少し惜しいグループだったなという印象。色々な可能性と才能はかなり秘めていたと思うし、まだまだ次の作品を聞いてみたいと思えるグループだっただけに移籍までしたのに逆にますます芽が出ずに終わってしまったのは本当に残念だ。

またBA-JI時代の作品は今もネット上では新品が余裕で売られているが、BAJI-Rの作品はすべて廃盤になっている。

R

印象度★★★★☆

戻る