バンドBのベスト

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 CRAZY FOR YOUの季節 小出祐介 小出祐介   イントロデューシングアルバム『バンドBについて』収録曲
2 GIRL FRIEND 小出祐介 小出祐介   1stミニアルバム『GIRL FRIEND』収録曲
3 ELECTRIC SUMMER 小出祐介 小出祐介   1stシングル 最高41位 売上0.8万枚
4 STAND BY ME 小出祐介 小出祐介   2ndシングル 最高26位 売上0.6万枚
5 祭りのあと 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 1stアルバム『C』収録曲
6 抱きしめたい 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 3rdシングル 最高26位 売上0.9万枚
7 ドラマチック 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 4thシングル 最高13位 売上3.5万枚
8 真夏の条件 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 5thシングル 最高26位 売上0.9万枚
9 愛してる 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 6thシングル 最高22位 売上0.9万枚
10 17才 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 2ndアルバム『十七歳』収録曲
11 changes 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 7thシングル 最高10位 売上2.2万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 LOVE MATHEMATICS 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 8thシングル 最高5位 売上1.2万枚
2 神々LOOKS YOU 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 9thシングル 最高10位 売上0.9万枚
3 BREEEEZE GIRL 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 10thシングル 最高7位 売上1.4万枚
4 Stairway Generation 小出祐介 小出祐介 小出祐介、玉井健二 11thシングル 最高9位 売上1.8万枚
5 kimino-me 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 3.5thアルバム『CYPRESS GIRLS』収録曲
6 クチビル・ディティクティブ 小出祐介、呂布 小出祐介 Base Ball Bear 3.5thアルバム『DETECTIVE BOYS』収録曲
7 yoakemae(hontou_no_yoakemae ver.) 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 4thアルバム『新呼吸』収録Ver.
12thシングル 最高17位 売上0.8万枚
8 short hair 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 13thシングル 最高17位 売上0.8万枚
9 Tabibito In The Dark 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 14thシングル 最高15位 売上0.6万枚
10 初恋 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear&玉井健二 2ndミニアルバム『初恋』収録曲
11 若者のゆくえ(original ver.) 小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 1stDVD『映像版「バンドBについて」第一巻』END ROLL曲 初CD化

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2013年2月13日
2016年9月28日(増補改訂完全版)
初登場6位
-
売上1.5万枚
-
EMI RECORDS

メンバー

Vocal&Guitar 小出祐介
Bass&Chorus,Piano(DISC2-11) 関根史織
Guitar,Bass(DISC2-11) 湯浅将平
Drums 堀之内大介

Base Ball Bear2ndベストアルバム。前ベスト『完全版「バンドBについて」』はインディーズ時代のベストで、今作はメジャー以降のベスト盤シングル14作とアルバムからの代表曲をリリース順に収録している。A面曲では14thシングルの両A面である「スローモーションをもう一度 part.2」のみ未収録。ラストに収録された「若者のゆくえ(original ver.)」は1stPV集DVDのエンドロールに使用されていた曲で、初CD化となる(別バージョンでは8thシングルC/W収録)。15thシングル「PERFECT BLUE」が同時発売されている。ベスト発売は会社主導ではなく、小出の提案とされている。

2016年には結成15周年&でメジャー10周年、そして湯浅が脱退してしまった事もあり、4人時代の総括としてこれ以降の曲を追加した『増補改訂完全版「バンドBのべスト』としてリニューアル発売される。「祭りのあと」のみ3人+サポートで新録音したため最後に回され、7曲が追加収録されるが「若者のゆくえ(original ver.)」のみ外された。

余計な装飾音を入れないバンドの音だけで一貫した楽曲は芯が通っていて、06年からの楽曲が収録されているものの大きな軸のブレが無い(ただ3.5thアルバムからの2曲だけはかなり実験的)。特に初期はリリースした季節に合わせたような曲が多く、その中でも夏の曲が多いので青春っぽいさわやかなイメージもあるんだけど、一筋縄ではいかないというか、正直そんなに明るくなく、瑞々しい青春といった雰囲気はあまりない。ヒットチャートミュージックとは微妙に距離を置いていて、サビでもそこまで派手に盛り上がるわけでもないので、一定以上はテンションが上がらない冷めた雰囲気も感じる。「愛してる」はタイトルはストレートだが、「愛してる」と告げたら嫌われた(超訳)というけっこうさわやかな曲調の割にはなんとも言えない歌詞の内容。確かに他の曲でも「君」に対しての描写や愛情表現がやや誉めすぎというかこだわりすぎというか自己陶酔気味に思える感じもあるし、そこのところが少々気持ち悪い感じがしなくもない。でもその辺りもこのバンドの魅力の1つなのかなと思う。ベスト盤としては初心者向けのヒストリー的な設計になっていて入りやすい。ブックレットには全ディスコグラフィーも掲載されていて、ここから聞き始める人をかなり意識しているのも好感触だ。

バンドBのベスト  

印象度★★★★☆

戻る