DETECTIVE BOYS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
クチビル・ディテクティヴ
KISSLIPMOUTHHEART
小出祐介+呂布 小出祐介 Base Ball Bear acco(チャットモンチー)、呂布とのコラボ曲
Transfer Girl
August,Midnight,Moonlit,Poolside,RENDEZVOUS
(What if you come...? What if you don't come...?
)
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear  
BOYFRIEN
Killer Encounter
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear  
LOVESICK
All I Wanna Do Is See You
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear 関根メインボーカル曲
WHITE ROOM
ふたり
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear  
星がほしい
Light Your Darkness-Must Be Strong-Make A World
You Can Disappear To-Must Be Strong
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear  
歌ってるんだBaby[1+1=new1 ver.]
What Is Fun? What Is Right?
小出祐介+呂布 小出祐介 Base Ball Bear 呂布とのコラボ曲
illのコラボアルバム『∀(Turn a)』収録曲のNew Version
東京
胸いっぱいの、愛を
小出祐介 小出祐介 Base Ball Bear  

リリースデータ

2010年9月29日 初登場11位 売上1.3万枚 EMIミュージック・ジャパン

メンバー

Vocal&Chorus 小出祐介
Bass&Chorus 関根史織
Guitar 湯浅将平
Drums 堀之内大介

Base Ball Bear3.5thアルバム。完全限定生産。同じく8曲構成で3.5thアルバムとされている『CYPRESS GIRLS』と同時発売。09年9月の3rdアルバム以降、3月のライブ盤を挟むもシングル一切なしのままリリースされた。iLLのコラボアルバムに参加した際の『歌ってるんだBaby』をニューバージョンで収録した以外は全曲新曲。3rdアルバムに続いて各楽曲に副題がついている。CD-EXTRA仕様で「クチビル・ディテクティヴ」のPVが収録されている。また2枚を足してもギリギリで1枚のCDに収録可能(ただしCD-EXTRA分の容量は無くなると思われる)。

『CYPRESS GIRLS』と同じくキャッチーな曲というかストレートな曲もほとんどない実験的な曲が並んでいる。こっちも1曲目から女性ボーカルとラップが絡んできてもはや誰のCDをかけたのか分からなくなるほど。しかもacco(チャットモンチー)って誰?状態(チャットモンチーは全員漢字表記だしボーカルは橋本絵莉子)。どうやらドラマーの福岡晃子が何故かボーカルで参加しているらしい。コーラス以上に随所でボーカル担当している関根のメインボーカル曲は初めて聞いたが(以前の作品でも数は多くないがメインボーカルはやっている模様)サザンみたいにアルバムで毎回1曲入れても面白いんじゃないかと思った。とはいえ『CYPRESS GIRLS』との明確なコンセプト上の違いはよく分からず、相変わらず実験的な曲ばかり並んでいて2作とも同じような印象である。イメージと違う曲ばかりで1stと3rd聞いて抱いたイメージが間違っていたのだろうか?という勢いでどうにもあまり良さを感じられなかった。

DETECTIVE BOYS <完全生産限定盤>

印象度★★★☆☆

戻る