BE

No タイトル 作詞作曲 備考
1 Flick of The Finger Gallagher,Archer,Bell.  
2 Soul Love Gallagher,Archer,Bell.  
3 Face The Crowd Gallagher,Archer,Bell.  
4 Second Bite of The Apple Gallagher,Archer,Bell.  
5 Soon Come Tomorrow Gallagher,Archer,Bell.  
6 Iz Rite Gallagher,Archer,Bell.  
7 I'm Just Saying Gallagher,Archer,Bell.  
8 Don't Brother Me Gallagher,Archer,Bell.  
9 Shine A Light Gallagher,Archer,Bell.  
10 Ballroom Figured Gallagher,Archer,Bell.  
11 Start Anew Gallagher,Archer,Bell. アルバム本編ここまで
12 Dreaming of Some Space Gallagher,Archer,Bell. 海外デラックス限定盤ボーナス・トラック
13 The World's Not Set in Stone Gallagher,Archer,Bell. 海外デラックス限定盤ボーナス・トラック
14 Back After The Break Gallagher,Archer,Bell. 海外デラックス限定盤ボーナス・トラック
15 Off At The Next Exit Gallagher,Archer,Bell. 海外デラックス限定盤ボーナス・トラック
16 Girls in Uniform Gallagher,Archer,Bell. 日本盤のみのボーナス・トラック
17 Evil Eye Gallagher,Archer,Bell. 日本盤のみのボーナス・トラック

Strings Arrnanged by Todd Simon and Beady Eye
Brass arranged by Andy Bell&Todd Simon

リリースデータ

2013年6月5日 初登場10位 売上2.7万枚 Produced by Dave Sitek and Beady Eye ソニー

メンバー

Vocal Liam Gallagher
Guitar Gem Archer
Guitar Andy Bell
Drums Chris Sharrock

Beady Eye2ndアルバム。2年4ヵ月ぶりの新作にして結果的に最終作品。アルバム本編は11曲だが、海外デラックス限定盤にはボーナストラックが4曲収録されている。日本盤ではその4曲に加えて日本独自のボーナストラックがさらに2曲追加されている。初回盤は紙ジャケット、ステッカー封入のみでDVD付での発売はされていない。正式なメンバーは結成時と同様の4人と表記されているが、帯の裏のアーティスト写真や雑誌インタビューは5人になっている。5人目のメンバーはツアーにベースのサポートで参加する予定のJay Mehler。かつて所属していたカサビアンではギタリストだったためか、日本語解説における妹沢奈美のライナーではギタリストとして加入したと誤表記されている。日本語ブックレットのメンバー表記ではツアー時のベースのサポートメンバーである事が明記されている。実際今作のレコーディングでのベースはライブ時の前任サポートベーシストだったJeff Woottonが担当していて、Jay Mehlerは音源には一切参加していない。今作のレコーディング終了後にサポートベーシストがチェンジしたということになる。作詞作曲は3人の一括表記になっているが、インタビューなどで誰がどの曲をメインで作ったかなどは明かされており、共作も多いものの全曲で常に3人が関与しているわけでは無いようだ。また正規メンバーで1人だけクレジットから外されているものの、クリスも作詞作曲に参加している曲がある模様。

前作はオアシスっぽさも残っていたけど今作ではプロデューサーが変わったからなのか、バンドのモード自体が自然に変化していったのか、オアシスっぽさがほぼ無くなった。そこで新たな魅力が感じられれば良かったんだけど…。前作では使っていなかったブラスを導入した実質的なリード曲「Flick of The Finger」なんかはそんなに派手にブラスを使っているわけでも無くスパイスとして非常に良い仕上がり。ここからもう少し多彩な感じになるかと思ったんだけど全体的には実に地味なアルバムでこれといった印象に残る曲も無く、あまり良さを感じることができなかった。リアムのボーカルを無加工にしているらしく、生々しさはあるんだけど、アコースティックでミディアム主体の曲ばかりがかなり多数収録されている上に、ボーナストラックが多すぎて収録時間がほぼフルというのもしんどかった。このボーナストラックが案外アルバム本編よりはシャッキリしていて良かったりもするので、最もダレるのは中盤から本編終盤にかけてだったりはするんだけど。まあ今更「Moring Glory」に匹敵するような名盤が誕生する事はさすがに期待していなかったけど、ガツンとしたロックチューンがほとんど無いっていうところがどうにもなぁ…。オアシスから聞き続けているリスナーにとっては本当の意味でBeady Eyeが好きなのかどうか問われる踏み絵のような1作になっているんじゃないだろうか。リアムの声が乗ればそれだけでも魅力はあるし、良く聞けばバンドサウンドもそこそこなんだけど、弱いのはやはりメロディーか…。

今作リリース後、2014年春には来日公演も開催されたが、14年10月突如としてリアムがTwitterにて「Beady Eye are no longer. Thanks for all your support.」とツイート。アンディもそれに追従し「Thanks to all the Beady Eye fans. I had a blast. See you on the other side. Big Love Andy B X」とツイート。ひっそりと解散が表明されたが公式発表はされていない。この直後にアンディがかつて所属していたRideの再結成が発表され、アンディも再結成メンバーの中に入っている。

ビー日本盤   

印象度★★★☆☆

戻る