THE BEATLES 1

No タイトル 作詞作曲 備考 本国イギリス基準(解散後のシングル化は除く)
1 Love me do Lennon/McCartney 1stシングル、1stアルバム『Please Please Me』収録曲 モノラル
ドラムはアンディ・ホワイト担当バージョン
2 From me to you Lennon/McCartney 3rdシングル モノラル
3 She loves you Lennon/McCartney 4thシングル モノラル
4 I want to hold your hand Lennon/McCartney 5thシングル
5 Can't buy me love Lennon/McCartney 6thシングル、3rdアルバム『A Hard Day's Night』収録曲
6 A hard day's night Lennon/McCartney 7thシングル、3rdアルバム『A Hard Day's Night』収録曲
7 I feel fine Lennon/McCartney 8thシングル
8 Eight days a week Lennon/McCartney 4thアルバム『Beatles For Sale』収録曲 アメリカでシングル化
9 Ticket to ride
涙の乗車券
Lennon/McCartney 9thシングル、5thアルバム『Help!』収録曲
10 Help! Lennon/McCartney 10thシングル、5thアルバム『Help!』収録曲
11 Yesterday Lennon/McCartney 5thアルバム『Help!』収録曲 アメリカでシングル化
12 Day tripper Lennon/McCartney 11thシングル両A面曲
13 We can work it out
恋を抱きしめよう
Lennon/McCartney 11thシングル
14 Paperback writer Lennon/McCartney 12thシングル
15 Yellow Submarine Lennon/McCartney 13thシングル両A面曲、7thアルバム『Revolver』収録曲
10thアルバム『Yellow Submarine』収録曲
16 Eleanor Rigby Lennon/McCartney 13thシングル
17 Penny lane Lennon/McCartney 14thシングル両A面曲、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
18 All you need is love
愛こそはすべて
Lennon/McCartney 15thシングル、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
10thアルバム『Yellow Submarine』収録曲
19 Hello,goodbye Lennon/McCartney 16thシングル、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
20 Lady Madonna Lennon/McCartney 17thシングル
21 Hey Jude Lennon/McCartney 18thシングル
22 Get back Lennon/McCartney 19thシングル、12thアルバム『Let It Be』収録曲
シングルバージョン
23 The ballad of John and Yoko
ジョンとヨーコのバラード
Lennon/McCartney 20thシングル
24 Something Harrison 11thアルバム『Abbey Road』収録曲、21stシングル(カット)
25 Come together Lennon/McCartney 11thアルバム『Abbey Road』収録曲、21stシングル両A面曲(カット)
26 Let it be Lennon/McCartney 22ndシングル、12thアルバム『Let It Be』収録曲
シングルバージョン
27 The long and winding road Lennon/McCartney 12thアルバム『Let It Be』収録曲 アメリカでシングル化

リリースデータ

2000年11月13日
2011年9月2日(09年リマスターで再発)
2013年6月9日(2011年盤限定再発)
2013年11月6日(2011年盤再発)
2014年6月25日(2011年盤限定再発)
2015年11月6日(New Mix盤)
初登場2位、最高1位
初登場25位、最高22位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場1位
売上196.4万枚
売上3.6万枚
-
-
-
売上18.3万枚
東芝EMI
EMIミュージック
EMIミュージック
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

THE BEALTLES、No.1ヒットコレクション。イギリスかアメリカでシングル化されチャート1位を獲得した曲をCDの限界までフル収録したシングルコレクション。全世界同時発売だったため、日本では集計上不利になりそれでも初動22万をたたき出したものの浜田省吾のベスト盤に破れ初登場2位。2週目には売上を倍に伸ばして1位を獲得し、4週で日本では初のミリオンを突破。その後も売れ続け、日本でのビートルズ作品としては唯一のミリオンセラーにしてダントツの売上を記録した。全世界では3000万枚を突破しているとも言われている。全曲24ビット・デジタルリマスターが施されている。2011年9月2日には2009年のリマスター音源を使用した再発盤がリリースされている。2013年6月19日〜7月5日には『ヘルプ』Blu-ray盤発売に合わせて旧作がプライスダウンで出荷された。この際に品番が改められている。さらに10月に『ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』リリース時にはさらに品番が改められ、価格が元に戻された。このページでは00年盤、11年盤を扱う。

ヒットシングルが網羅されており1枚で行きたいならビートルズ入門に最適の1枚。93年リマスターの赤盤、青盤と比べても00年当時のリマスターは圧倒的に良くなっているという点も当時は見逃せないポイントだった。また現役時代にリリースされたイギリスにおける22作のシングルA面の中では結局のところ2ndシングルの『Please Please Me』と14thシングルの『Strawberry Fields Forever』以外は全部収録されていたりもするのでNo.1ヒットコレクションというかほとんど普通のシングルコレクションに近い。それだけビートルズがヒットを連発していたということでもある。赤盤、青盤がビートルズの歴史を2作で一気に振り返るヒストリー的なアルバムだったとすれば、今作は解散から30年が経過してもなお語り継がれるビートルズの1番有名なところを抑えた入門用ベストとしてこれからビートルズを聴く若い世代に向けての1枚ともいえる。もちろん昔からのファンも00年のリマスターというのは当時としては大いなる魅力ではあったが、基本的に赤盤青盤に比べてもリリース順にヒット曲が並んでいるだけなので思い入れのあるファンは少ないようだ。

2011年には赤盤青盤に続いて09年のリマスター音源で再発されているが…09年リマスター音源はその後もアメリカBOX、日本BOXでも使用されているのでぶっちゃけどこでも聞ける音源になってしまった。09年リマスター音源を使用した2011年盤を聞くよりはむしろ他の作品で使用されていない00年リマスター音源、もしくは新たなミックスを施した2015年盤の方が価値がある状態になってしまっている。

2015年に最新の技術で再編集したMVをメインにする企画では今作を基とし、今作の最新エディションという形態で販売された。この際には00年盤、09年リマスター以降使いまわされてきた09年音源ではなく、新たなミックスが施され、DVD/Blu-ray付属盤、DVD/Blu-ray単独盤だけでなく、CD単独盤も発売された。このためこの『THE BEATLES 1』という作品には00年のリマスター音源09年リマスター音源を使用した2011年盤新たなミックスを施した2015年盤の3つの音源が使用された盤が存在する。

THE BEATLES 1       THE BEATLES 1 2011リマスター盤   ザ・ビートルズ 1 (期間限定価格盤)2013年期間限定廉価盤

印象度★★★★★

戻る