THE BEATLES 1967-1970

DISC-1
No タイトル 作詞作曲 備考 本国イギリス基準(解散後のシングル化は除く)
Strawberry Fields Forever
ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
Lennon/McCartney 14thシングル、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
Penny Lane
ペニー・レーン
Lennon/McCartney 14thシングル両A面曲、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band
サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド
Lennon/McCartney 8thアルバム『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録曲
With A Little Help From My Friends
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
Lennon/McCartney 8thアルバム『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録曲
Lucy In The Sky With Diamonds
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
Lennon/McCartney 8thアルバム『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録曲
A Day In The Life
ア・デイ・イン・ザ・ライフ
Lennon/McCartney 8thアルバム『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』収録曲
All You Need Is Love
愛こそはすべて
Lennon/McCartney 15thシングル、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
10thアルバム『Yellow Submarine』収録曲
I Am The Walrus
アイ・アム・ザ・ウォルラス
Lennon/McCartney 16thシングルB面曲、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
Hello Goodbye
ハロー・グッドバイ
Lennon/McCartney 16thシングル、米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
10 The Fool On The Hill
フール・オン・ザ・ヒル
Lennon/McCartney 米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
11 Magical Mystery Tour
マジカル・ミステリー・ツアー
Lennon/McCartney 米編集盤『Magical Mystery Tour』収録曲
12 Lady Madonna
レディ・マドンナ
Lennon/McCartney 17thシングル
13 Hey Jude
ヘイ・ジュード
Lennon/McCartney 18thシングル
14 Revolution
レボリューション
Lennon/McCartney 18thシングルB面曲

※英国ではEP盤だった作品にシングル曲を加えてLP盤にした米編集盤『Magical Mystery Tour』は87年のCD化の際に英国オリジナルのラインナップに加えられ、時期は8thと9thの間に位置する。

DISC-2
No タイトル 作詞作曲 備考 本国イギリス基準(解散後のシングル化は除く)
Back In The U.S.S.R.
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
Lennon/McCartney 9thアルバム『The Beatles』収録曲
While My Guitar Gently Weeps
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
Harrison 9thアルバム『The Beatles』収録曲
Ob-La-Di,Ob-La-Da
オブ・ラ・ディ、オ・ブラ・ダ
Lennon/McCartney 9thアルバム『The Beatles』収録曲
Get Back
ゲット・バック
Lennon/McCartney 19thシングル、12thアルバム『Let It Be』収録曲
シングルバージョン
Don't Let Me Down
ドント・レット・ミー・ダウン
Lennon/McCartney 19thシングルB面曲
The Ballad Of John And Yoko
ジョンとヨーコのバラード
Lennon/McCartney 20thシングル
Old Brown Shoe
オールド・ブラウン・シュー
Harrison 20thシングルB面曲
Here Comes The Sun
ヒア・カムズ・ザ・サン
Harrison 11thアルバム『Abbey Road』収録曲
Come Together
カム・トゥゲザー
Lennon/McCartney 11thアルバム『Abbey Road』収録曲、21stシングル両A面曲(カット)
10 Something
サムシング
Harrison 11thアルバム『Abbey Road』収録曲、21stシングル(カット)
11 Octopus's Garden
オクトパス・ガーデン
Richard Starkey 11thアルバム『Abbey Road』収録曲
12 Let It Be
レット・イット・ビー
Lennon/McCartney 22ndシングル、12thアルバム『Let It Be』収録曲
シングルバージョン
13 Across The Universe
アクロス・ザ・ユニバース
Lennon/McCartney 12thアルバム『Let It Be』収録曲
14 The Long And Winding Road
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
Lennon/McCartney 12thアルバム『Let It Be』収録曲

リリースデータ

1973年5月20日(レコード)
1978年11月5日(レコード)
1993年9月20日(初CD化・リマスター)
1998年3月11日(93年盤再発)
2007年10月31日(93年盤限定再発)
2010年10月18日(09年リマスターで再発)
2011年1月12日(2010年盤通常盤)
2011年12月14日(2010年盤限定再発)
2013年11月6日(2010年盤再発)
2014年6月25日(2010年盤限定再発)
2014年12月17日(2010年盤紙ジャケSHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
最高2位
最高77位
初登場5位
初登場95位
初登場251位、最高198位
初登場3位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場64位
初登場209位
売上44.5万枚
売上0.3万枚
売上28.0万枚
売上0.3万枚
売上0.4万枚
売上7.6万枚
-
-
-
-
売上0.21万枚
売上0.04万枚
Produced by George Martin
DISC-2(13,14) Produced by Phil Spector
アップルレコード
東芝EMI
東芝EMI
東芝EMI
EMIミュージック
EMIミュージック
EMIミュージック
EMIミュージック
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

THE BEALTLES公式後期ベスト盤。通称「青盤」。ビートルズ解散後に海賊版ベストが市場を荒らしていたため、ジョージ・ハリスンによる選曲で公式ベストとして赤盤と共に2枚同時発売となった。ジョージ・ハリスンによる選曲で公式ベストとして赤盤と共に2枚同時発売となった。87年以降、ビートルズのオリジナルアルバムの統一(アメリカ編集版の存在などバラバラだった)とCD化が図られていたが、今作は遅れて93年に初CD化された。レコードとは一部の楽曲でテイク差し替えなどが行われている。98年には日本語版解説を一新して再発され、07年には廉価版として限定発売されている。しかし93年の初CD化の際にデジタル・リマスターが行われたが、98,07年の再発ではリマスターは行われず、全オリジナルアルバムが一斉リマスターされた09年から1年後の2010年にリマスター再発された。期間限定でジャケットがデジパック仕様になり、2600円の廉価となり、封入されている解説も一新された(1曲ごとの解説は09年のリマスター盤の解説からの抜粋)。限定期間を過ぎてからは3700円という当初の価格に戻っている。輸入盤限定で赤盤青盤をセットにした4枚組仕様も発売されている。その後も何度か品番を変えて再発されているが、2014年には09年リマスター盤をSHM-CD化してオリジナルアルバムと一緒に再発した。なお66年現役時代にリリースされた唯一のベスト盤『A Collection Of Beatles Oldies』は未だCD化されていない。

ライブ活動を停止して以降ということでストレートなバンドサウンドではなく、かなり凝った実験的な作風が多くなっている。サイケ色の強い曲も多く、キーボードやブラスなどバンド外の音も目立ってきている。末期になってくると再びシンプルなバンド編成へ回帰していくような印象もあるが、初期に比べるとかなり深化し、難解になった印象。やはりこの時代にこれだけ実験的な事をやっていたというのは凄いことなんだと思う。赤盤、青盤の2作で現役時代のシングルA面は全て収録されているし、その他の代表曲(アメリカや日本でシングル化された楽曲)もだいたい網羅できるので、どこかで聞いたことのあるような曲はほぼこの2作で揃えられるはずだ。『Let It Be』くらいしか知らないという人でも是非1度は聞いておくべきである。当然赤盤と合わせて順番に聞くのがいいと思う。駆け足でビートルズの残した軌跡をたどることができる。

2010年リマスター盤は新たに今作用に09年時のように気合入れてリマスターしているのか、そこまでマニアじゃないのでよく分からないが、音圧をさほど上げないなど印象としては09年のリマスター音源と同じ感じではあるけど…今回の方がより良くなったようにも思える。音数の増えてレコーディング技術が少しずつ進化していた後期なんかは特に。

1967~1970【期間限定価格】 2010リマスター期間限定盤

印象度★★★★★

戻る