BEST OF THE BESTEST

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
チャクラ BENNIE K BENNIE K/SiZK SiZK 新曲
Joy Trip BENNIE K BENNIE K/HAMMER/
Mine-Chang
HAMMER/
Mine-Chang
11thシングル 最高5位 売上3.0万枚
Dreamland BENNIE K BENNIE K/Mine-Chang Mine-Chang 9thシングル 最高2位 売上34.9万枚
サンライズ BENNIE K BENNIE K/Mine-Chang Mine-Chang 8thシングル 最高10位 売上11.6万枚
UNITY BENNIE K BENNIE K/Mine-Chang Mine-Chang 9thシングルC/W
Sky BENNIE K BENNIE K/SiZK SiZK 10thシングル 最高9位 売上5.8万枚
弁慶&牛若丸 BENNIE K BENNIE K/HAMMER HAMMER 3rdアルバム『Syncronicity』収録曲
1001 Nights BENNIE K BENNIE K/Mine-Chang Mine-Chang 12thシングル 最高17位 売上1.4万枚
Passista de Samba BENNIE K BENNIE K/Mine-Chang Mine-Chang 5thアルバム『THE WORLD』収録曲
10 Okay BENNIE K BENNIE K/MUST Mine-Chang/MUST 3rdアルバム『Syncronicity』収録曲
11 なごり夏 BENNIE K Tsuyoshi"TAKA"Takayanagi/
BENNIE K
Mine-Chang 7thシングル『手紙/なごり夏』両A面曲 200位圏外
12 Better Days BENNIE K/
MUST
BENNIE K/MUST BENNIE K/MUST 6thシングル 200位圏外
13 MY WAY YUKI/CICO FIRSTKLAS/YUKI/CICO FIRSTKLAS 5thシングル 200位圏外
14 Melody〜night fly〜 Masaya Aoki/
YUKI/CICO
Masaya Aoki Ryosuke Imai 1stシングル 100位圏外
1stアルバム『CUBE』収録Ver.
15 SILENCE YUKI/CICO MUST Ryosuke Imai/MUST 1stアルバム『CUBE』収録曲
16 モノクローム BENNIE K BENNIE K/SiZK SiZK 13thシングル 最高9位 売上2.5万枚
17 Funky Freaks〜DJ HI-KICK's Play Ground〜   DJ HI-KICK&SiZK SiZK インスト
18 オアシス feat.Diggy-MO'(SOUL'd OUT) BENNIE K/
Diggy-MO'
BENNIE K/Diggy-MO'/
Mine-Chang
Mine-Chang 1stミニアルバム『ザ・ベニーケー・ショウ』収録曲

※03年以降シングル200位以内データ

リリースデータ

2008年4月23日 初登場2位 売上18.5万枚 フォーライフ

メンバー

Vocal YUKI
Rap CICO

BENNIE K初のベストアルバム。01年デビュー。シングル13作、アルバム5作、ミニアルバム2作からの選曲に新曲を加えた構成。順番はバラバラだが大まかには過去にさかのぼっていくような流れになっている。DVD付とCDのみで発売され(初回盤ではない模様)、DVD付には10曲のPVが収録されている。

今作の後にシングル1枚、ベスト第2弾としてミニアルバム2作+C/Wやアルバム曲からコラボ作品を集めたコラボベスト『THE"BESTEST"BENNIE K SHOW』をリリース。09年8月にYUKIが歌う事を封印し、プロデューサーに専念すると宣言。新たなプロジェクトを「BK Project」と称してアメリカからボーカリストBECCAを招いたBENNIE BECCAとしてリリースをするも09〜10年にシングル1枚、アルバム1枚をリリースしたのみ。なお2011年にBECCAが単独リリースした『BEST』にBENNIE BECCA名義の新曲が収録されている。現在も公式サイトはプロデュース情報を中心に更新は頻繁に行われているが、BENNIE Kとしてのリリースは08年で実質的に停止している。

この後にシングル1枚しか出していないので実質的なオールタイムベスト。100位どころか200位圏外からトップ10入りして、その次には30万越えのヒットを放つなどいきなりバカ売れした印象が強い。実際に売れた時期のシングルだけずば抜けてキャッチーである。基本構成は女性ボーカルと女性ラップで、DJサウンド的なHIP HOPが軸になっている。売れる前のシングル(今作後半に収録)でも、普通の歌メロ+ラップといった構成になっており、極端な非売れ線というわけではないが、この頃はかなり地味に感じる。ブレイクは意図して売れ線を狙っていった感じで、変わらずにやっていたら売れましたという感じではない。そして売れてからはそこにとどまらず自由にやっている印象で、アルバム曲になると民族路線まで取り入れたりとキャッチーさは薄れて実験的なトラックが展開する。この辺りはラップ系を中心にしてトラック重視で聞いているリスナーじゃないとこぼれると思う。また女性ラッパーというのはヒットシーンではかなり珍しいので、それだけでも真新しさはあった。ただ元々DJサウンド自体がそんなに好んで聞かないジャンルなので、キャッチーさが無いとなかなか良さは見出せず、結果、馴染みやすいのは売れたシングルだけ(冒頭4曲と「Sky」「モノクローム」)だった。これだけでもお釣りが来るくらい良い。

BEST OF THE BESTEST(DVD付) DVD付  BEST OF THE BESTEST CDのみ 

印象度★★★★☆

戻る