LIFE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Timing〜タイミング〜 森浩美&
ブラック・ビスケッツ
中西圭三&小西貴雄 小西貴雄 2ndシングル 最高2位 売上148.3万枚
Bye-Bye〜バイバイ〜
<ALBUM VERSION>
森浩美&
ブラック・ビスケッツ
川上明彦 大坪直樹[Selfish] 4thシングル(同発)
最高4位 売上42.9万枚
Romantic 森浩美
原案:ビビアン
羽田一郎 百石元 ビビアン ソロ
Keep 森浩美
原案:南々見狂也
大坪直樹[Selfish] 大坪直樹[Selfish] 南々見狂也 ソロ
Relax〜リラックス〜 森浩美&
ブラック・ビスケッツ
小森田実 小森田実 3rdシングル 最高3位 売上34.7万枚
STAMINA〜スタミナ〜 ビビアン&
ブラック・ビスケッツ&
森浩美
林田健司 大坪直樹[Selfish] 1stシングル 最高2位 売上76.3万枚
Choice 森浩美
原案:天山
野口健一 大坪直樹[Selfish] 天山 ソロ
BONUS TRACK
  中国語詞   Remixing  
闘志〜STAMINA〜<REMIX> 黄大軍&辰博   佐藤雅彦 中国語リミックスバージョン
時機〜Timing〜<REMIX> ビビアン&A TEAM   佐藤雅彦 中国語リミックスバージョン
10 輕鬆〜Relax〜<REMIX> ビビアン&黄大軍&
謝銘祐
  佐藤雅彦 中国語リミックスバージョン
11 再見〜Bye-Bye〜<REMIX> 黄大軍&謝銘祐   佐藤雅彦 中国語リミックスバージョン
12 The Three of Hearts
〜B.B.non-stop Remix〜
    HIROSHI WATANABE ノンストップリミックスメドレー
  Relax〜リラックス〜       ビビアンボーカルバージョン

リリースデータ

1999年5月26日 初登場6位 売上32.4万枚 PRODUCED BY KYOYA NANAMI BMGジャパン

メンバー

ビビアン(ビビアン・スー)
南々見狂也(南原清隆)
天山(天野ひろゆき)
ケディ(ティン・カイ・ティ)

ブラックビスケッツ1stアルバム。結果的にラストリリース。2と同時リリース。2は73万枚売らないと南々見とケディが脱退という条件だったが無残にも失敗。(番組としても初めての失敗?)救済もなく脱退となった2人は何処へと去った。しばらくは残された2人と辞めた2人のその後を放送していたがいつの間にかやめた2人を中心にインド映画に出演するとかいう方面に番組は進んでブラビはそのまま消滅してしまった。一応その後『南々見組』を結成したがビビアンは台湾へ帰って降板。その後『ブランニュー・ビスケッツ』を結成するもそこでケディが上海へ帰国して降板。既にもうどんな企画CDも売れなくなっていたので1発で消滅。その後も番組終了までいろいろ出たが全部1発で消滅している。初回特典として生写真が封入されている。

元々『ウリナリ』内でポケットビスケッツに対抗して誕生したのだがやたら哀れな展開に陥り(ブラビ人形とか)苦心の末に97年末デビュー。98年の1では番組史上最高売上を達成。5では南々見と天山メインを試し、紅白にポケビと出場。99年に新メンバーオーディションを開催しケディが加入。前述の通り、『Bye-Bye』が『STAMINA』の73万枚売上を突破しなければ南々見とケディが脱退という条件に敗れたため空中分解。ただ最初から73万枚売る気があったならばアルバムを発売しないか、収録しないと思うのだがどうなのだろうか?アルバムバージョンといえどこういう状況だとシングルで73万枚売るなんてほとんど不可能だ。まあこのアルバムも大して売れてないし単に企画自体が飽きられてきていたのもある(前年90万売ったポケビも40万行かなかったし)のでどの道無理ではあったかもしれない。

全シングルとソロ3曲にリミックスの中国語バージョン、やたら音数の少ない『STAMINA』『Timing』『Relax』のノンストップリミックス、シークレットトラックでビビアンがメインボーカルをとった『Relax』を収録している。一応バンド形式のポケビと違い、ダンスユニット(?)なので中期のSMAPのようなアイドルポップ的な曲がそろっている。メインはビビアンながら男2人もかなりボーカルには力が入っていてちゃんとパートもある。なお新メンバーのケディは結局『Bye-Bye』にしか参加しておらず何しに来たのかよく分からない。ケディにしても自分のせいで終わりになってしまったようなものでキツクないか?その後しばらく番組に参加していたケディは上海へ帰国しOLになったらしい。ウリナリ最終回時にはちゃんと出演してくれたらしい。

どれもいい曲ではあるがビビアンの片言な歌い方はイマイチ感情を感じられない。その点中国語のバージョンの方が生き生きしているような気がする。

LIFE

印象度★★★☆☆

戻る