Early Singles+

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 最後の願い 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 1stシングル 100位圏外
2 The river goes on... 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 1stシングルC/W
3 10 Calls After 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 2ndシングル 100位圏外
4 Truth 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 3rdシングル 100位圏外
5 Winnin' Tonight 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 1stアルバム『bloom of youth』収録曲
6 Close by your side 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 1stアルバム『bloom of youth』収録曲
7 Time goes by...君がいるだけで 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之・鳥山雄司 5thシングル 100位圏外
8 Garden 別所悠二 松ヶ下宏之 今井裕・松ヶ下宏之 6thシングル 100位圏外
9 ロシアンルーレット 別所悠二 松ヶ下宏之 森俊之 7thシングル 100位圏外
10 別所悠二 松ヶ下宏之 松本晃彦 8thシングル 100位圏外
11 Love Butterfly 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 8thシングルC/W
12 線路沿いの恋 別所悠二 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 4thシングル 100位圏外

リリースデータ

2000年4月19日 初登場60位 売上0.5万枚 エピックソニー

メンバー

Vocal 別所悠二
Guitar,Keyboard 松ヶ下宏之

Bluem of Youthベストアルバム。『雷波少年』の企画成功後にアルバム『スパシーバ』をリリースした1ヵ月後に前レコード会社エピックがリリース。エピック時代の全シングル8曲とC/W2曲、1stアルバムから2曲が選曲されている。「The river goes on...」「Truth」「声」「Love Butterfly」がアルバム初収録。特にリマスターと宣伝されなかったが、マスタリングエンジニアのクレジットがRemasteredと明記されている。エピック時代の作品としては唯一のランクインとなったが、ブレイク直後にしてはさほど売れなかった。ベストアルバムは今作のみでソニー移籍以降の楽曲を収録したベスト盤はリリースされていない。

当時『スパシーバ』がイマイチで早くも印象が薄れてきていたところで今作を聞いてブルームへの好印象が復活した。基本的には「ラストツアー」前のBluem of Youthを聞くのに最適な1作。1st、2ndを聞くのもいいが、シングルA面が2曲抜けてしまうので、シングルだけ聞いておきたい場合でも最終的には今作を聞く必要がある。ほぼ時系列での収録だが、「線路沿いの恋」のみはラストに置かれている。ストレートなロックナンバーが多い初期の方がインパクトが強く耳に残りやすい。対して後半はアレンジャーを色々起用してみるなどかなり試行錯誤している感じで凝ってはいるんだけど肝心のファーストインパクトが弱くなってしまったようにも思う。その一方でサウンド面では凝った感じになって聞き応えは出てくる。ラストに大名曲「線路沿いの恋」が来る構成もうまいと思う。「ラストツアー」前と先に書いたが、これ以降に入口になるような作品が無いので、Bluem of Youthの入口としても今作は最適だ。

Early Singles+

印象度★★★★☆

戻る