Gift〜Bluem of Xtra〜

DISC.1(CD)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 シーラカンス 別所悠二 松ヶ下宏之 門倉聡&Bluem of Youth  
2 RUN 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
3 Crying again 別所悠二 松ヶ下宏之 門倉聡&Bluem of Youth  
4 別所悠二 別所悠二 門倉聡&Bluem of Youth  
5 同級生 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
6 夕立〜sound of the memory〜(style on piano) 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth 13thシングル『夕立〜sound of the memory〜』C/W
7 大至急 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
8 Nineteen Emotion 別所悠二 Bluem of Youth 松ヶ下宏之 3rdシングル『Truth』C/W
9 アニバーサリー 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
10 部屋の明かり(instrumental)   別所悠二 別所悠二 別所によるギターインスト

 

DISC.2(CD)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 No name world 別所悠二 松ヶ下宏之 門倉聡&Bluem of Youth  
2 ダメージ 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
3 sing for you 別所悠二 松ヶ下宏之 門倉聡&Bluem of Youth  
4 ラストシーン 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
5 菜の花の野原へ 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
6 Take it easy 別所悠二 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
7 ラストツアー〜約束の場所へ〜(ウラジオストック recording) Bluem of Youth Bluem of Youth Bluem of Youth 9thシングル 未発表Ver.
8 雪のないクリスマス 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 2ndシングル『10 Calls After』C/W
9 another man 松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 Bluem of Youth  
10 印象(instrumental)   松ヶ下宏之 松ヶ下宏之 松ヶ下によるピアノチェロインスト

 

DISC.3(DVD)
Love Flame Tour Final at SHIBUYA KOKAIDO
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 Opening SE      
2 Love Flame 別所悠二 松ヶ下宏之 未CD化曲
3 Lover's slit 別所悠二 松ヶ下宏之 11thシングル
4 Love Butterfly 別所悠二 松ヶ下宏之 8thシングル『声』C/W
5 RUN 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 DISC-1で初CD化
6 SHINE 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 後に4thアルバム『GROWIN' DAYS』に収録
7 If 別所悠二 松ヶ下宏之 12thシングル
8 線路沿いの恋 別所悠二 松ヶ下宏之 4thシングル
9 ラストシーン 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 DISC-2で初CD化
10 Stairway Bluem of Youth Bluem of Youth 10thシングル アコースティック
11 姉の手 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 後にミニアルバム『冬の雫』に収録
12 ラストツアー〜約束の場所へ〜 Bluem of Youth Bluem of Youth 9thシングル
13 Just go the dirtway Bluem of Youth Bluem of Youth 3rdアルバム『スパシーバ』収録曲
14 No name world 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 DISC-2で初CD化
15 Winnin' Tonight 別所悠二 松ヶ下宏之 1stアルバム『bloom of youth』収録曲
16 アニバーサリー 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 DISC-1で初CD化
17 大至急 別所悠二 松ヶ下宏之 ライブ当時未CD化曲 DISC-1で初CD化
18 天気雨 別所悠二 松ヶ下宏之 12thシングルC/W
19 ロシアンルーレット 別所悠二 松ヶ下宏之 7thシングル
  MC集      

リリースデータ

2002年3月27日 100位圏外 ソニーミュージック

メンバー

Vocal&Guitar 別所悠二
Guitar&Piano&Background Vocal 松ヶ下宏之

Bluem of Youth未発表曲集+ライブDVD。シリアルナンバー入り2面カラーデジパック仕様の完全限定盤。CDはアルバム未収録のC/W3曲とウラジオストックでレコーディングされ、原曲よりキーが高くすべての演奏を松ヶ下が担当した「ラストツアー〜約束の場所へ〜」、ライブでのみ披露されていた未CD化曲16曲を収録した2枚組。DISC-3は2001年4月8日に渋谷公会堂で行われたLove Flame Tour Finalの模様を収録したライブDVD。当時未CD化だった曲のうちツアータイトルとなった「Love Flame」だけはこの後もCD化されていない。またアルバム未収録のC/Wもまだ数曲が残されたままとなる。当時の定価(消費税5%)で12600円と高額アイテムだったためか、ソニー移籍以降では初の100位圏外となった。

『スパシーバ』以降オリジナルアルバムがずっと出ない、シングルも飛び飛びになっていた中でも実はライブではかなり新曲が披露され続けていたようで、基本的にはそれらを一挙まとめた内容。ライブを盛り上げるのを念頭に置いていたのかロック色が強く、ブレイク以降のバラードイメージを払拭するような楽曲がDISC-1とDISC-2序盤までに多い(DISC-2半ば以降はバラードが多めになる)。門倉聡を招いた楽曲もあるが、門倉聡の参加は今作だけ。せっかく招いていたならこの体制でオリジナルアルバムを制作すれば良かったのに何でこんな分かりにくい作品形態になってしまったのか…。これまでの殻を破ろうとして色々やっている感じは2ndアルバムの時に近いものがあるけど、あの頃と違ってほとんどの曲でリズム隊以外の音はOther Instrumentsとして松ヶ下が担当。2ndの時ほどアレンジャーに委ねず、1stの頃の自作体制に近い状態で試行錯誤している感じ。多数楽曲は溜まったもののシングル化できるほどだったり、核になるような曲はあまりないような気もするし、そういうことからオリジナルアルバムとしてまとめるのではなく、未発表曲集としてまとめたのだろうか。松ヶ下は少し前から2枚組のアルバムを出したいとコメントしていたように記憶しているが、実現しなかったそうで違った形で実現したのが今作ということではあるのかもしれない。一応ラストをそれぞれが書いてそれぞれが単独で演奏したインストで締めくくったりはしていて単に未発表曲を寄せ集めた感じにはならないようにしているし、オリジナルアルバムだと言われればそれはそれで納得できたようにも思う。ブレイク以降の『スパシーバ』『冬の雫』、この後の『GROWIN' DAYS』はもちろん1st、2ndの頃とも少しイメージが違うBluem of Youthを聞けるのでもう少し入手しやすい形で世に出せばよかったのに…。

ライブの方は発売時点で1年前のもの(別所の髪型がジャケットと大きく異なる)でこちらも映像収録したはいいけど出すタイミングを失っていたのをこの機会にまとめた感が漂う。セットリストは当時未発売の曲が8曲も含まれておりツアータイトル曲に至ってはそのまま正式にCD化しないという随分攻めた内容。この頃からすでにCDリリースは滞り気味だったが、新曲自体はたくさんあったわけで、CDリスナーを置いてけぼりにしていたような状況だったんだなぁ…。この未CD化になった「Love Flame」は激しいギターナンバー+ラップというミクスチャーロックじみた曲になっていて特に異色の楽曲だ。正式にCD化しなかったのは時流に合わせすぎてあまり向いてないという判断にでもなったのだろうか。また序盤と後半はアッパー、かつロックな攻めた楽曲が目立つ。中盤はバラードナンバーが続くのである程度イメージ通りだけど「ラストツアー」以降は特にバラードユニットのイメージが強かったので、正直メインのイメージがけっこう異なっていて驚いた。というか当時のリリース飛び飛びになっていた作品群とライブの方向性が違いすぎ。この方向性がある程度反映されているのが今作のCD2枚であり、改めてそれをオリジナルアルバムとしてまとめられなかったのが悔やまれる。

ただ注意書きで「映像と音声の一部にノイズが入る箇所があります」と書かれているくらいなので全体に録音状態が良くなく、ファンが客席から録音したブートレグみたいなこもった音になっている。またサポートメンバーがベースとドラム2名しかいない。松ヶ下がギターかピアノかを曲によって使い分けして、別所は時々アコースティックギターを弾きながら歌うという編成になっていて、足りない音を同期で足している様子も無い。CDでは大概ギターとキーボード/ピアノを両方使っていたが、この構成だと大半のロックな楽曲でキーボードが、バラード曲ではエレキギターが抜けた状態になっているので少し物足りない部分がある。普通にサポートキーボード入れて松ヶ下はギター専念するか両方弾けるサポートを入れて松ヶ下と2人で適宜使い分けするか、サポート入れられないなら同期で流せばいいのにしないということは同期は入れないというこだわりがあったのだろうか。まあ音が足りない部分を補うだけの盛り上がりとライブの熱さは感じられるけど、もう少し映像と音のクオリティが高ければ…。

Gift 〜Bluem Of Xtra〜  

印象度★★★☆☆

戻る