We are Buono! Buono! LIVE TOUR 2010

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 備考
Opening SE      
One Way=My Way 川上夏季 木之下慶行 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
Our Songs 三浦徳子 つんく 10thシングル
MC      
みんなだいすき C.Piece AKIRASTAR 3rdシングルC/W
Café Buono! 川上夏季 木之下慶行 1stアルバム『Café Buono!』収録曲
MC      
紅茶の美味しい店 橋本淳 筒美京平 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
うらはら 岩里祐穂 FLAT5th 岡本弥紀 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
10 Blue-Sky-Blue 川上夏季 ムラヤマテツヤ 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
11 MC      
12 ガチンコでいこう! 岩里祐穂 ムラヤマテツヤ 4thシングル
13 マイラブ 岩里祐穂 井上慎二郎 5thシングルC/W
14 VTR     DISC-2の「ソーメンパラダイスの巻」
15 We are Buono!〜Buono!のテーマ AKIRASTAR AKIRASTAR 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
16 ロッタラロッタラ 岩里祐穂 井上慎二郎 5thシングル
17 MC      
18 Independent Girl〜独立女子であるために 岩里祐穂 木之下慶行 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
19 カタオモイ。 川上夏季 AKIRASTAR 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
20 MC      
21 Bravo☆Bravo 三浦徳子 つんく 9thシングル
22 ロックの神様 岩里祐穂 AKIRASTAR 1stアルバム『Café Buono!』収録曲
23 泣き虫少年 岩里祐穂 AKIRASTAR 1stアルバム『Café Buono!』収録曲
24 MC      
25 れでぃぱんさー 川上夏季 杉浦“ラフィン”誠一郎 4thシングル『ガチンコでいこう!』C/W
26 恋愛ライダー 岩里祐穂 AKIRASTAR 2ndシングル
27 ワープ 川上夏季 木之下慶行 7thシングル『MY BOY』C/W
[ENCORE]
28 Kiss! Kiss! Kiss! 岩里祐穂 井上慎二郎 3rdシングル
29 MC      
30 タビダチの歌 岩里祐穂 Gajin 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲
Wアンコール
31 We are Buono!〜Buono!のテーマ AKIRASTAR AKIRASTAR 3rdアルバム『We are Buono!』収録曲

 

DISC-2:特典映像
No タイトル 備考
バビブベボのバ美の巻 途中で流れたVTR
ぶりっ子キャラの疑惑?の巻 途中で流れたVTR
オチまで考えよう!の巻 途中で流れたVTR
体で表現しようの巻 途中で流れたVTR
ハプニング発生の巻 途中で流れたVTR
ワカメ体操の巻 途中で流れたVTR
ソーメンパラダイスの巻 途中で流れたVTR 今作の本編ではこの映像を使用
ハプニング再びの巻 途中で流れたVTR
お蔵入りの巻 途中で流れたVTR
10 Document form Back Stage(on 21 Feb 2010) 当日のドキュメント映像

リリースデータ

2010年5月19日 音楽DVDチャート初登場3位 売上0.7万枚 ポニーキャニオン

メンバー

嗣永桃子
夏焼雅
鈴木愛理

Buono!2ndライブDVD。2010年2月21日にZepp Tokyoで行われたライブの模様を収録。当日は昼と夜の2回公演だったがどちらも撮影していたようで両方の映像を使用しているものと思われる(演奏を止めて今日は撮影が入っているからもっと声出して!と観客を煽るのはファンブログによると昼は愛理で夜は雅が担当したらしいが収録されているのは愛理なのでここは昼。ただしWアンコールがあったのは夜のみだったらしい)。実際のツアーはこの後に大阪がFINALである。また1stツアー(前作は同じ場所での4日間ライブなのでツアーではなかった)は映像化されていない。DISC-2には1回ごとに変更していたらしいVTRを全9種類(それぞれがメインパーソナリティ役×3)と当日のドキュメントを収録。それ以外に写真集ブックレットも付属し、基本的に前作と同じ形式になっているが、ポニーキャニオンからのDVDは今作が最後となった。

3rdアルバムを引っ提げてのアルバムツアーということもあり、3rdアルバムからシングル2曲以外を全曲やっている。最初はダンスを中心に魅せるスタイルで、VTRを挟んで4人組女性バンド「Dolce」が入っての生バンドライブに切り替わるというスタイルは前作同様でこれが定番スタイルになっている模様。ただ3rdアルバムの曲ではロックなものが増えているので前半でもけっこうロックな雰囲気が漂う。歌は相変わらず安定しているし、前作からちょうど1年で雅と桃子はそこまで変わっていないが最年少の愛理は一気に顔が大人っぽくなり、髪型などもロックっぽくカッコよくなった印象(これ以降のBuono!の活動では髪をロック仕様(?)にかきあげている事が多いようだ)。前作では明らかに暗唱しているだけっぽかったMCも決まっている中で割と自然さと自由さが増したような感じはある。演奏を止めて観客を煽るところは十分盛り上がっている中で単なるワガママに見えなくもないが、これも決まった段取りだったようだ。随所に観客に大声を出すように煽る場面があり、大盛り上がりしているが、個人的には熱すぎて現場には行けそうにない。が、見る分にはメチャクチャ熱くて最高である。

特典映像はBuono!がラジオ番組を持ったらという設定でメインMCを1人で担当して色々とトークをする内容。ここではわりかし自由なメンバーの姿を見ることが出来るが、特に鈴木愛理は終始寒いダジャレを言いまくり、特に「ワカメ体操の巻」では乾燥ワカメ好きをアピールしまくり、最強最大の1発ギャグ「ワカメ体操」を踊りだすという奇想天外なキャラクターを見ることができる。完全に2人が置いて行かれているほどの自由さで、今までメンバーにあまり関心が無かったがこれで一気に鈴木愛理のファンになった。この子は大物だ。

次回作以降では自社のZetimaに移動し、特典映像の大幅削減、そもそも映像や音質含めて全体の出来が格段にグレードダウンしてしまうので、ロックアイドルBuono!を知るには今作か前作を最初に見るのがいいと思う。

We are Buono! Buono! LIVE TOUR 2010 [DVD]

印象度★★★★★

戻る