partenza

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
partenza〜レッツゴー!!!〜 NaNa★MUSiC NaNa★MUSiC Sunny Boy  
雑草のうた 岩里祐穂 井上慎二郎 井上慎二郎 11thシングル 最高9位 売上1.5万枚
フランキンセンスΨ BOUNCEBACK BOUNCEBACK BOUNCEBACK 夏焼メイン SI☆NAの未CD化曲のカバー
My alright sky 林よしみ 林よしみ 安岡洋一郎 鈴木メイン
夏ダカラ! 三浦徳子 今井千尋 石崎光 12thシングル 最高13位 売上1.2万枚
キアオラ・グラシャス・ありがと 三浦徳子 八木雄一 八木雄一 嗣永メイン
JUICY HE@RT おのりく HA 土肥真生 11thシングルC/W
1/3の純情な感情 SIAM SHADE SIAM SHADE 土肥真生 SIAM SHADEのカバー

リリースデータ

2011年8月10日 初登場21位 売上0.5万枚 Zetima

メンバー

嗣永桃子
夏焼雅
鈴木愛理

Buono!1stミニアルバム。2010年を持って主題歌を歌うために結成したアニメ「しゅごキャラ」シリーズが終了し、ポニーキャニオンとの契約も終了。しばしの沈黙の後にハロプロのお膝元であるZetimaへ移籍した。ポニーキャニオン時代後期はシングルA面のみつんくが作曲にだけ関与する状態が続いていたが移籍後につんくは一切関与していない。先行のシングル2曲とC/W1曲を収録。それぞれのメイン曲も収録している。「フランキンセンスΨ」はCDをリリースすることなく解散したハロプロ関西から発掘されたSI☆NAの未CD化オリジナル楽曲の使いまわしとなっている。今回は初めて初回盤が存在しない。

今回は新たな可能性を提示するみたいなコンセプトがあるようでロックアイドルBuono!を根底から覆す迷走作となっている。ロック路線は「雑草のうた」とそのC/W「JUICY HE@RT」と原曲に忠実にカバーした「1/3の純情な感情」がとってつけたように収録されたのみ。あとは別にBuono!でやらなくてもいいんじゃない?と言いたくなるようなポップ路線。しかも1曲目はK-POPもビックリのバキバキのエレクトロ路線でボーカルも加工されている。各楽曲はどれもそこそこいいものの、ロックアイドルとして支持されていたはずのBuono!でこの内容は迷走どころではない気がするが…。逆に考えると、Berryz工房、℃-uteではそれぞれ「つんくの曲しか歌えない」という大前提にして最大の足かせがある。それを考えるとそれぞれのメイン曲も実はやれそうでやれなかった曲ということになるし、ましてやアレンジャーまで固定メンバーで回しているベリキューではエレクトロ路線などはひっくり返っても出てくることは無いだろう。「つんくがやらないような」3人の可能性を引き出したという意味では非常に意味があるアルバムだといえる。特に鈴木愛理はマジでこのままつんくの曲しか歌えない制約はもったいないくらいの表現力があるように思う。またライブでは前半オケ、後半バンドという流れが定着しているようなので、前半用にメリハリをつける曲を補充するという意味でもまあBuono!としても全く意味が無かったとも言い切れないところはあると思う。それでもミニアルバムという中途半端さは物足りないし、やはりつんく非関与の利点を生かしたロック路線が聞きたい。とりあえずつんくは前みたいに無理に関与しないでの活動継続を望む。

partenza

印象度★★★☆☆

戻る