Brotherhood

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
F・E・A・R 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
ギリギリchop(Version51) 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志 26thシングル 最高1位 売上80.5万枚
Brotherhood 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
ながい愛 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
夢のような日々 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
銀の翼で翔べ 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
その手で触れてごらん 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
流れゆく日々 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
SKIN 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
10 イカせておくれ! 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  
11 SHINE 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志  

リリースデータ

1999年7月14日 初登場1位 初動101.9万枚、売上139.2万枚 Produced by TAK MATSUMOTO Room Records

メンバー

Guitar TAK MATSUMOTO
Vocal KOSHI INABA

B'z10thアルバム。ベストを挟んで97年11月以来のオリジナル。前年のシングル「HOME」は未収録。先行シングルの「ギリギリchop」のみ収録された。「ギリギリchop」はアメリカのハードロックバンドMR.BIGのリズム隊2名(ベースのビリー・シーンとドラムのパット・トーピー)を招いて再録音された。前作ではアレンジにもクレジットされた徳永暁人も明石昌夫も今作には参加しておらず、ベースはビリー(2,3,8,10,11)と満園庄太郎(1,4,5,6,7,9)が担当している。パットの参加は1曲のみで残りのドラムは黒瀬蛙一が担当。今作でも楽々ミリオンを突破したが500万、400万クラスのベスト盤のヒットからするとこれでもかなり落ち着いた枚数となった。また今までKOHSHIだった稲葉の名前のローマ字表記がKOSHIに変わった。前2作同様にスリーブケース入りだが初回限定ではなく通常盤である。

ここにきて一気にハードロック路線が本格化。これまでにない激しいバンドサウンドがしょっぱなから炸裂し、シングルの時点でもかなりロックだった「ギリギリchop」はさらに激しいサウンドへ生まれ変わっている。全体通してとにかくポップさが無くヘビーだが、かつての『The 7th Blues』に漂っていた重さとは違っており、もっと吹っ切れて好き放題やっている印象。そんな中で渾然と輝く「Brotherhood」は超名曲で後に『ULTRA Treasure』投票でも1位になったくらいなので説明不要だろう。正直この曲があまりに名曲過ぎることもあって、以降はどんな曲が出てきても地味な印象になってしまう。とはいえ冒頭3曲がおつりが来るくらい凄いだけで4曲目以降もそれなりに良い曲は並んでいる(それでも「SHINE」に至る前の数曲はやっぱり地味かな…)。変わったところではこの年のソロアルバムでもボーカルを披露していたTAK MATSUMOTOが『夢のような日々』でもサビラストで単独でボーカルを担当しているところ。かなりがなり立てて熱唱しているが、後にも先にもほとんど聞くことができないTAK MATSUMOTOのボーカルはかなり貴重である。それにしてもこの時期歌いたかったのだろうか?

Brotherhood

印象度★★★★☆

戻る