B'z

No タイトル 作詞 作曲 備考
だからその手を離して 稲葉浩志 松本孝弘 1stシングル(同時発売) 100位圏外
Half Tone Lady 稲葉浩志 松本孝弘  
ハートも濡れるナンバー〜Stay tonight〜 稲葉浩志 松本孝弘 1stシングルC/W(同時発売)
ゆうべのCrying〜This is my truth〜 稲葉浩志 松本孝弘  
Nothing To Change 亜蘭知子 松本孝弘  
孤独にDance in vain 稲葉浩志 大槻啓之  
It's not a dream 稲葉浩志 松本孝弘  
君を今抱きたい 稲葉浩志 松本孝弘  
Fake Lips 稲葉浩志 松本孝弘  

リリースデータ

1988年9月21日 初登場48位、最高47位 売上33.8万枚 Sound-Produce:松本孝弘
Sound-Adviser:明石昌夫
Producer:中島正雄
BMGビクター

メンバー

Vocal 稲葉浩志
Guitar 松本孝弘

B'zデビューアルバム。デビューシングルと同時発売で2曲ともそのまま収録されている。それぞれが作詞と作曲を外部に任せた曲が1曲ずつ収録されている。シングルは100位圏外だったが、アルバムは4週チャートイン。その後90年のブレイク後に延々とランクインし続け91年1月に2週連続で最高位となる47位を記録。92年9月まで100位ギリギリのところにランクインし続けた。当時は100位以内までしか集計していなかったので300位まで集計していた場合、累計は爆発的に跳ね上がっていたと思われる。当時のキャッチコピーは「最先端から加速する。」

一般的なB'zのロックなイメージで聞くと最早誰だか分からないような1作。打ち込み中心のサウンドはロックというよりかはTM NETWORK辺りと比較した方が良さそうな路線であり、ギターはバックで鳴っている程度でキーボードやシンセが曲をリードしている。稲葉のボーカルも非常に若いので、とてもロックユニットには思えない。歌詞もまだ慣れていなかったようで、やたらと英語が多用されている。特にサビでは必ず英語詞が入っており、「だからその手を離して」以外はサビの半分以上が英語という勢いである。そんな中でラストの「Fake Lips」では英語の歌詞に挟まれて「一度でいいから」「僕のname」「チャートにいれて」と歌っており、早くもヒットチャートを意識しているのが面白い。なお稲葉と松本が出会ったのは88年5月とされているので、かなりハイペースで作られた作品だと思われる。それぞれが作詞と作曲を1曲ずつ外部に任せたり、料金的にはフルアルバム同等なのに9曲しか無かったりするのは本当に余裕が無かったからなのかもしれない。40分に満たないのであっさり聞けるものの、後追いでB'zを聞く多くの人はあまりの違いに何とも言えないというかなかなかなじめないんじゃないかと思う。正直なところ時代を感じるし、妙に肩幅が広いジャケットからしてもかなりダサいという印象が強い。この中ではやはりデビュー曲に選ばれた「だからその手を離して」が1番いいんじゃないかと思うけど、これにしたってデビュー曲から「get out of my way」って…。

B’z  

印象度★★☆☆☆

戻る